へ〜、そうなんだNews

日々の新発見を深堀り検索!

*

寒暖差アレルギーは冷え性が原因?症状と対策を紹介!

      2016/09/03


気温差で起きる寒暖差アレルギーとは?

冷え性の原因や対策を知ろう!

 

季節の変わり目で気温の変化が落ち着かず、春のような気温になったかと思えばまた冬に逆戻りという日々が続き体調を崩す人が続出のようです。

また、この時期気温の変化によって鼻水や鼻づまりが酷くなるという方も多いのではないでしょうか。その原因はもしかしたら寒暖差アレルギーというものかもしれません。

放っておくと精神にも影響するという事ですが、そもそも寒暖差でアレルギーを引き起こすなんてどういう事でしょうか?

ここでは寒暖差アレルギーと冷え性の原因や対策についてご紹介していきます。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5184479498249860"
data-ad-slot="4744645835"
data-ad-format="auto">


寒暖差アレルギーって何?

image1風邪?
 

寒暖差アレルギーとは文字通り気温差でアレルギーのような体調不良になることを言います。

 

<主な症状>
  • くしゃみ
  • 鼻水
  • 鼻づまり
  • 頭痛
  • 倦怠感
  • 蕁麻疹
  • せき
  • 食欲不振
  • 不眠
  • イライラしやすい
  • 疲れやすい
などがあるそうです。

 

他のアレルギーと違い、目の充血炎症がないのも寒暖差アレルギーの特徴です。

 

また、風邪のような症状もありますが鼻水が透明だったり、発熱がなければ寒暖差アレルギーを疑った方がいいかもしれません。

寒暖差で鼻水やくしゃみが出るなんて思いもしませんでした。わたしの周りにもお店に入った途端鼻水が止まらないという人が何人かいますが、あれは寒暖差アレルギーだったのですね。

この寒暖差アレルギーは冷え性とも関係しているという事なのですがどういうことでしょうか。

 

 

冷え性との関連は?

image2冷え性
 

 

【寒暖差アレルギーの原因】

寒暖差アレルギーは医学的に「血管運動性鼻炎」と呼ばれ、気温差により血管が動くことによってアレルギー症状がでます。

体温を調節する自律神経が対応できる気温差の範囲が7℃の為、それを超えると寒暖差アレルギーを引き起こすそうです。

冷え性の人は自律神経が乱れている可能性があり、寒暖差アレルギーになりやすいとも言えます。

 

 

【寒暖差アレルギー対策】

1、寒暖差が大きくならないよう調節できる服装にする

冬なら一枚着る服を少なくするなどあまり着込み過ぎないよう気を付けましょう。外気との寒暖差を少なくするためにマスクの着用も効果的です。

 

2、ストレッチやヨガ、ウォーキングなどの運動で筋肉を付ける

筋肉がつくと血行が良くなり、体温が高くなるので寒暖差が縮まります。特にインナーマッスルを付けるようお風呂上りにストレッチをするのがおすすめです。

 

3、体を冷やさないよう靴下を重ね履きする

靴下を重ね履きするとお風呂に入っているのと同じくらい体を温める効果があるそうです。素足は冷えの原因になりますので、できるだけ靴下を着用しましょう。

 

4、根菜などを中心とした食生活を心がける

人参や大根、ゴボウなどの根菜には体をぽかぽかにしてくれる効果があります。根菜スープにしょうがをプラスするとより効果が高まるそうです。

 

5、40℃前後のお風呂につかり、ゆっくり体を温める

冷えを改善するには15分ほどゆっくりお風呂に入ることが効果的です。お風呂の温度が高いと血管が収縮してしまい逆効果になるので、ちょっとぬるいなと思うくらいがちょうどいいと言われています。

 

冷えは女性の天敵ですが、寒暖差アレルギーにも影響するなんて思ってもいませんでした。

気温の差によって鼻水やくしゃみが出ることはわかりましたが、そもそも寒暖差アレルギーって他のアレルギーと何が違うのでしょうか?

 

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-5184479498249860"
data-ad-slot="2663869837"
data-ad-format="auto">

 

生活習慣にも注意!

image3生活習慣
 

寒暖差アレルギーはアレルゲンなどの外的要因ではなく、自律神経による内的要因が原因の為、生活習慣も大きく影響するようです。

ですのでジャンクフードばかり食べていたり、過度に暖めたり冷やした部屋でゴロゴロしていると自律神経を乱す原因になります。

 

特に運動をしていない女性は自律神経を乱しやすいそうです。

まさに自分だ!と思った方もいるのではないでしょうか。

安心してください、わたしも同じですよ。

またストレスの溜めすぎも自律神経に影響しますので、音楽を聴いたり体を動かすなど気分転換できる時間をつくってみて下さいね。

 

 

寒暖差アレルギーは自分で改善できる!

上でも書いた通り寒暖差アレルギーは体の内側からの要因になるため、食生活や睡眠、外出時の服装などに気を付ければ改善することができます。

それに不規則な生活やエアコンの使い過ぎは体にも家計にも悪影響ですからね。

エアコンの適度な温度設定や暴飲暴食を避け十分な睡眠をとることが寒暖差アレルギーを回避する近道になります。

もし季節の変わり目や気温差で体調が悪くなる方がいたら今一度生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Links

♪こちらの記事も読まれています♪

 - 生活・雑学 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

地震や災害時に役立つ防災グッズや携帯品のオススめ紹介!
【PM2.5】福岡・東京・北海道2016年の飛散ピークはいつ?
花粉症に効く空気清浄機の正しい使い方とオススメ機種
花粉症に効くヨーグルトの種類や食べるタイミングは?