へ〜、そうなんだNews

日々の新発見を深堀り検索!

*

『甲鉄城のカバネリ』の第二話感想&ネタバレ・見所報告!

      2016/12/21


第一話放送前から話題だった『甲鉄城のカバネリ』の第二話が放送されました!

一話終盤でカバネに噛まれた主人公は無事だったのか? 可憐な少女無名はいったい何者なのか? カバネから駅の人々は無事逃げ出せるのか? 緊迫する展開に、ドキドキしながら視聴してみました。

Sponsored Links


■第二話「明けぬ夜」ストーリー&感想

カバネに噛まれた生駒は自分の首を絞めてウイルスが脳に届かないよう対処しました。そのため気を失っていましたが、目が覚めて自分がカバネになっていないことを確認し大喜びします。だけど、自分の髪の色変わっているのには気付かない。そこへ、逞生が生駒を心配して駆けつけます。倒れているカバネを見て驚愕しますが、生駒の「俺がやった!」の言葉に二人で叫んで大興奮。何この二人可愛い・・・ってなりますね。そして、生駒の無事を確認したら平然と「噛まれた」と言っちゃう生駒くん。「でも、全然平気!首のところでウイルス止めたから!これからは噛まれた人も救えるぜ!」と目をキラキラさせている生駒くんに、逞生くんドン引きです。

場面は変わって人々がカバネから逃れている高台へ。そこに、菖蒲や来栖がいるのですが、一刻も早く甲鉄城に逃げ込みたいお偉い方と自分の父親が甲鉄城についたら「合図を出す」と言っていたからそれを待ちたい菖蒲で揉め始めます。菖蒲が若くてか弱い女なので、お偉いさん方から舐められまくっています。そこへやってきた武装した無名。すっごく可愛い。そんな激カワな無名に「子供の出る幕じゃないわ!」と掴みかかってきた失礼極まりない大男を無名はあっけなくぶっ倒しちゃいます。そして、「私が道を開くからついてきて」と言ってカバネの群がる所へ飛び降りてしまいます。

「100秒目標で、六根清浄!」と言い放ち、カバネと戦闘を開始。ここの戦闘シーンは素晴らしすぎましたね! 無名がかっこよすぎでした。ちなみに、六根清浄とは人間にある六根(五感と第六感)を清らかにするという意味らしいです。へ~。

バッタバタとカバネを倒していく無名が切り開いた道で人々は甲鉄城に逃げ込みます。

無名の戦闘は目標10秒超えの110秒で終わり、ちょっと落ち込んでいました。ちなみに②、この戦闘シーンは本当に110秒というタイムでした。凄いよスタッフ!!



またまた場面は変わり甲鉄城へ向かう生駒と逞生。ボロボロの姿の生駒に逞生が「カバネと勘違いされる」とマントを巻きつけます。しかし、甲鉄城に乗る前に検問に引っかかります。どうするか考えていたときにカバネが現れそれを退治しようと生駒が動きましたが、あっという間に無名が倒してしまいます。そこで生駒と無名が再会し、無名が普通でなくなった生駒に気付くのですが、邪魔者が入ります。そう、来栖です。「お前どうやって牢屋からでた?カバネになったから出られたんだろ?」とよく分からない難癖をつけて生駒に銃を向ける来栖。「俺はカバネじゃない」と生駒は否定しますがなかなか信じてもらえません。しかし、無名の「こいつはカバネじゃない」という言葉で、甲鉄城に乗り込むことができました。

その後、混乱する人々を全員乗せ終わると甲鉄城は動き出します。

そして、眠た気にしている無名に来栖が「お前は後ろの方の護衛をしろ!」と上から目線で命令。まだ働かせるんかいこのタコ! と来栖へのイライラが止まらない私←

しかし、無名は電池切れと言ってマントを頭から被り座り込みます。マントの下の無名は息を荒くし顔には赤く脈打つ線が浮かび上がっていました。来栖の「のんきな者だな」の言葉にイライラが止まらない!!

そして、ゆっくりと動いている甲鉄城に襲い掛かる無数のカバネ達。武士が応戦するもいつ甲鉄城に侵入してくるか分からない状況です。そんなとき、生駒が自分も戦おうとします。隙間から入り込もうとしているカバネを見事ツラヌキ筒で撃退し、人々にアピールするもマントの下から赤く光る心臓が見えてしまいました。脅える人々に動揺する生駒。縋るように逞生に問いかけるも、後ずさりされてしまう。そこにやってきたのが、はい、来栖です。

困惑している生駒を容赦なく撃ち、甲鉄城の外に投げ出します。まさに鬼畜の所業。

そして、菖蒲の父がカバネになっているのを菖蒲と来栖が発見して、甲鉄城でぐしゃっと潰したら、その父の手が挟まって切り替えができなくなり跳ね橋が降りなくなって外に出られない><といういろんな意味で大惨事な出来事が起こります。跳ね橋を降ろすレバーを引きに来栖が外に出ようとしたら、生駒がカバネと戦いながらレバーのところに向かっていました。

『俺を見ろ、俺がお前らを助けてやる…見捨てたやつに助けられた記憶をずっと抱えて生きてゆけ!』

『それを…俺はあの世から笑ってやる』

『ざまあ見ろってなぁ!』

この独白がかっこよすぎましたね。性格超歪んでいますけど、そりゃ歪むわっていう状況なのでセーフ。

生駒がレバーを引いたので、跳ね橋が下りて甲鉄城が駅を出発します。その進んでいく甲鉄城の横で蹲って泣く生駒が可哀想過ぎて私も泣く。あの狂気染みた独白からこの泣きのシーンが生駒の人間臭さを表現していてホント好きだと思いました。

あ、んで、そんな生駒に甲鉄城から逞生がロープを投げ出します。それを止める男たちを振り切って「あそこにいるのは俺の友達だ!」と叫び、生駒にロープを掴むよう言います。逞生超いい奴。だが、生駒は泣き崩れてそれを無視。このまま終わりかと思いきや、無名が甲鉄城から飛び降りて登場。「あんた泣いてんの?馬鹿みたい」と某エヴァンゲリオンのアスカ様を思わせる辛辣な言葉を言い放ちロープを生駒に繋げて甲鉄城に引き上げました。

「余計なことするな!」と憤る生駒にスッとメガネを掛けてあげる逞生くん、なぜこのタイミングでメガネ掛けてあげたし。優しすぎィ!! しかし、相変わらずやってくる皆様お馴染みの来栖さん。生駒に自決袋を投げて「貴様に救われたこと恥とは思わんぞ。少しでも人の心が残っているなら自決しろ」と怒鳴ります。なんだその言い草。私のイライラが止(以下略)。すると、またしても無名が「そいつはカバネじゃないよ。人でもないけどね」と庇います。そして、自分の服を脱ぐとそこにあったのは生駒と同じ赤く光る心臓。「私たちはカバネリ、人とカバネの狭間にあるもの」

無名のかっこいいセリフで次回へ続くとなりました。

無名の常人離れした強さと、生駒のどこか狂ったような精神の中に存在する人間臭い心情。そして、来栖への怒りが蓄積していった第二話でした。来栖、お前は絶対に許さない。

Sponsored Links

■『進撃の巨人』との対比

第一話の際に、進撃の巨人との対比をしましたが、そんなことを忘れて見入ってしまった第二話でした。

しかし、対比させて考えると主人公が嫌悪する敵の力を身につけてしまったところは、進撃の巨人と同じでしたね。進撃の巨人のエレンは自傷行為をすることで巨人になります。カバネリではずっとカバネになった状態のようですが、無名が戦うときに首に巻いた紐(リボン?)を解いて戦っているので、それが何かの力を解放することに繋がっているのかなと予想します。また、進撃の巨人のエレンはどんなに酷い怪我を負っていても巨人化することで全て回復する能力がありました。そして、カバネリ第二話では生駒がカバネに噛み付かれてダメージを負っていましたが、それをあまり感じさせませんでした。また、ストーリーでは割愛しましたが、生駒が甲鉄城内で倒れてくる大きな管から子供たちを守るシーンがありました。生駒は平然とそれを受け止めて元の場所に戻していましたが、その後逞生が管に触ると「熱いっ」と言ってすぐ手を離してしまいました。もしかしたら、エレンと同じように傷を回復する・・・もしくは痛みを感じないような身体になったのかもしれません。

また、カバネとなった生駒は人々から恐れられ、また来栖からは酷く高圧的な態度をとられます。エレンも初めて巨人化したときは、周りの者から恐れられて捕らえられそうになりました。それを救ったのは友人のアルミンだったわけですが、カバネでは今後どのような形で生駒が人々に受け入れられていくのか気になるところです。

 

 

甲鉄城のカバネリ:ネットの評価

ネット上の感想を見てみると、第一話に引き続き第二話でも素晴らしい作画、そして戦闘シーンのBGM、またキャラデザイン等、今期のアニメとしてはかなり高い評価がされています。その中の『作画が映画並み!!』という声には激しく同意します。無料で見ちゃってすみませんレベルです。ただ『進撃の巨人のパクリじゃん!』という声も少なからずあります。それに対しては『何でも進撃進撃って、見聞が狭すぎ!』『進撃と言うか、ゾンビものだからパクリじゃないだろ』という反論が多く見受けられます。パクリだと言っている人も第二話までちゃんと見ているという・・・。そういう意味ではアンチな人も惹き付けるアニメになっていますね。

 

 

■まとめ

カバネに駅を潰されてこれから甲鉄城はどこへ向かうのか。そして、生駒や無名のカバネリが人々に受け入れられるのかが気になります。また無名はいったい何者なのかも明かされていませんし、他にもカバネリがいるのかどうか・・・等、考えていくとワクワクしてきます。

今後は生駒たちカバネリがカバネを駆逐していくかたちになるのでしょうか? ただし、すごい数がいそうですけど・・・。ゾンビもののストーリーでは、なぜウイルスが出来たのか調べて諸悪の根源を倒してもゾンビから逃げる日々は終わらないENDが多いと思うのですが、カバネリもそのような展開になっていくような気がします。そんな私の予想を覆すようなストーリーを期待しようと思います!!

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

 - アニメ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

櫻子さんの足下には死体が埋まっている放送日や漫画にイベント情報
「甲鉄城のカバネリ」最終回大予想!2016春アニメ人気トップで終われるか?
声優の斉藤壮馬が料理男子で美人すぎる?ハイキューなど多数出演!
PSO2がアニメ化!放送日や担当声優、主題歌情報をまとめました!
無際限のファントムワールドの放送日程や声優、OPEDは?2016冬アニメ
小林裕介(声優)のプロフィールや出演作は?癒し系王子なのに肉体派?
2015冬コミの日程とエリアジャンル情報に初心者注意点まとめ
ワンパンマン最新刊10巻にガロウ登場!続きが気になる11巻発売日は?
ワンパンマン原作ONEと作画村田雄介とのマル秘エピソード
ワンパンマンがWeb漫画から単行本&アニメ化された理由がすごい!