へ〜、そうなんだNews

日々の新発見を深堀り検索!

*

クロングレイシーの筋肉がケトルベルトレーニングで父親並みに凄い!

      2016/12/31



まもなくはじまる
「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016」

心の準備はいかがでしょうか。

中でも注目なのは
日本のリングに久々に復帰する

川尻達也選手と、

「400戦無敗」の男
ヒクソン・グレイシーを父に持つ、
グレイシー伝説の正統継承者・

クロン・グレイシー選手のカードです。

各国の柔術大会で輝かしい戦績を重ねるクロン選手。

卓越した柔術テクニックのほかにも、
しなやかな筋肉の持ち主で、
雑誌のモデルも務めたことがあるほど。

クロン選手が取り入れている
「ケトルベルトレーニング」にも
関心が集まっています。

強さを支えるこれらの
トレーニングについて、
深掘りしてみました!

Sponsored Links


クロングレイシーのwiki風プロフィール


本名 クロン・グレイシー
(Kron Gracie)
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 1988年7月11日(28歳)
出身地 リオデジャネイロ州リオデジャネイロ
所属 ヒクソン・グレイシー柔術
→クロン・グレイシー柔術
身長 174cm
体重 73kg
階級 フェザー級
バックボーン ブラジリアン柔術


父や兄も凄い?


クロン選手のバックボーンは
ブラジリアン柔術。

そのすごさはどのようなものなのでしょうか。

柔術の起源は、ブラジルに渡った
日本人柔道家・前田光世が
自らの技をグレイシー家に伝承した
ことから始まります。

現在も技術は受け継がれ、
世界中の試合で強さを証明しています。

また、セミナーや道場を主宰して、
選手育成や一般の人たちに教えています。

ブラジリアン柔術が脚光を浴びる
きっかけになったのは1993年。

ヒクソン・グレイシーの弟、
ホイス・グレイシーがUFCで
優勝したことがきっかけです。

父のすごさ、さらに、
クロン選手の御父上であるヒクソン・クレイシー。

「400戦無敗の男」と言われ、
日本では船木誠勝・高田延彦(統括本部長!)
中井祐樹、西良典らと闘って勝利を収めています。



ちなみに「400戦無敗~」とは通称で、
マスコミが誇張したもの。

一説には公式試合より、ストリート
ファイトの経験のほうが多いとも言われています。

1994年12月にはロサンゼルスの
ヒクソン道場へ道場破りに来た
安生洋二(プロレスラー)が、
その場で返り討ちにされた出来事がありました。

証拠として道場生にビデオ録画も
させたといいます。


「ホンマでっか!」


と突っ込みたくなるくらい
現実離れしたエピソードですよね。

強さも逸話も、別格です。




そして、クロン選手のお兄さんである
ハクソン・グレイシーは2000年に
不慮の事故で残念ながらお亡くなりになられています。


「将来自分を倒すのは息子だろう」


一族の中でも一番の評価をしていた
存在を亡くしたヒクソンは
ショックでしばらくトレーニングすら
出来ない状態になったと言われています。

この年以降、リングに上がる事はありませんでした。

その後、2010年に引退してしまいます。



ハクソンが生きていたら、
もっと父の伝説は続いていたはずですし、
兄弟で格闘技界を席巻していたかもしれません。


筋肉が凄い!


試合用・試合中の写真からも、
しなやかな筋肉の持ち主のクロン選手。

174センチ・73キロというと、
格闘家の体格で言うと、
そう大柄ではありませんし、
いかにもムキっとした印象でもありません。

身体の仕上がりを見ていると、
上腕三頭筋や広背筋が発達しています。

柔術は胴着を掴んだり、
引っ張る動きがあるので、
引きにこだわった種目を
積極的に取り入れているのがわかります。

実はグレイシー柔術は
ウエイトトレーニングをあまりやらないそうで、
クロン選手は主に懸垂×ディップス
(腕の裏側のトレーニング)各100回・
腕立てという自分の体重を使ってやる
トレーニングを重視しています。

ご自身も
「ウエイトは人が思っているよりはやらない」
と語っています。


他の格闘家のトレーニングよりは
かなり少ないんでしょうね。

自然の中で体を動かす事に
主眼を置いている向きがあり、
外で1時間走ったり、
2時間自転車に乗ったり、
海で40分泳ぐといった運動を
週に2~3回組み入れています。

確かに、柔術の動きを見ていると
余分な筋肉があると組んだときに
技がかかりにくかったり、
身体の重さで急にスタミナ切れを起こしたり、
鋭敏に動けなくなる節があります。

効率的に鍛えて、疲れにくい体を意識しているんだと思います。


ケトルベルトレーニングとは?


グレイシーではウエイトトレーニングを
さほどしないと前出で紹介したのですが、
クロン選手が積極的に取り入れている
ウエイトトレーニングがあります。

それが、ケトルベルを使った筋トレです。

ケトルベルとは、ロシア伝統の球体に
取っ手がついた筋トレ器具。


見た目がやかんのような形なので、
そのような名前がついたそうです。

歴史は古く、1704 年にロシア語の
辞書に”girya(ギリャ=ロシア語でケトルベルの意味)”が掲載されたことが見つかっており、
どうやらそれがダンベルやバーベルの
原型になったのでは?とも言われています。

近年では、競技や瞬発力、
パワーUPだけではなく、
ダイエット、健康増進、
ボディメイキング、リハビリといった
目的でケトルベルが定番化しています。

ケトルベルトレーニングの特徴は、
有酸素運動と筋力トレーニングが同時に行える点。



上半身、下半身、体幹(コア)を中心とした
全身の筋力の強化が行えると共に、
持久力強化が大きく期待できます。

特に、体幹を強化するトレーニングが多く、
体のバランスや全身の筋力向上に
大きな効果をもたらします。

また、ケガの予防・筋肉や関節の疲労を
軽減する目的としても有効です。

さらに集中力を上げ、イライラ改善もなど、
メンタル面の効果も絶大だそう。

まさにグレイシーの自然派トレーニング(筆者の造語)に適しているなぁ、と調べて納得。

”力み過ぎずに自分の体力や
眠っている能力を引き出して技に繋げていく”

彼らのトレーニングの考え方の本質は
そうなのではないかと長年感じていましたが、
これで確信することが出来ました(笑)

クロン選手の強さを支えるのは、
シンプルさを追求した結果なんですね。
Sponsored Links


RIZIN2016では?



2014年の総合デビュー戦以来、
戦績は3戦3勝。

まだまだ少ないですが、実績を重ねています。


今回の対戦相手は「クラッシャー」の
異名を持つ川尻達也選手。

UFCを離脱して、久しぶりに日本のリングへ
戻ってきます。

さらに、川尻選手自らがこのカードを熱望し、
グレイシー狩りに意欲を見せています。

クロン選手の総合の戦歴は3試合中、
2試合がRIZIN。

いずれも1Rで相手を極めるという内容で勝利!

一番記憶に新しい試合は、9月の所戦。


174センチながら、長い手足を生かした
ディフェンス、1R終了間際、

相手のスタミナが落ちたところで
チョークで仕留めて勝利する落ち着いた試合運び。

いい意味で「グレイシーらしい」内容でした。

時間ギリってすごくないですか!?

前回はグレイシー柔術家でもありUFCでも
活躍するディアス兄弟(ニック・ディアス、
ネイト・ディアス)に打撃コーチとして
一緒にトレーニングしていたとのことですが、
今回はその辺りの情報が見えず、
逆に怖いです。

川尻選手が強力なフィジカルで培った
パウンドとテイクダウンで制するのか、
「静かな闘志の黒船」

が日本人ファイターを脅かすのか、
期待したいところです。


【クロングレイシー】まとめ


400戦無敗の男・ヒクソンの血を受け継ぎ、
MMA経験は3戦と少ないながらも
少しずつその力を発揮しつつあるクロン選手。

世界中の柔術家から勝利を掴んでいる
トレーニングは、驚くほどシンプルでしたね。

ナチュラルな筋肉で、
運動したくなったという方も
いるのではないでしょうか。

対する川尻選手は鋼のような肉体の持ち主。

こちらはベンチプレスやスクワットなど、
ガッチリしっかりトレーニングをすることで
知られています。

大晦日は日本人ファイターの意地が勝つか、
グレイシー一族の誇りが勝つか。

筋肉対決という意味でも注目です!

Sponsored Links

♪こちらの記事も読まれています♪

 - スポーツ

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

箱根駅伝2017優勝予想と注目選手!監督の采配や各区の競り合いも!
小野田勇次(青学)の出身中学や高校は?イケメンの彼女は誰か調査!
緊急アメトーーーーク高校野球大大大大好き芸人7/18放送のネタは?
冬季アジア札幌大会2017の日程や競技種目は?注目選手や美人を紹介!
【春高バレー2017】注目選手や優勝候補予想!日程や放送予定も
林琴奈(バレー)の身長の割に最高到達点が凄い!出身中学や次世代エースの秘密は?
アリーシャガルシアのwikiや年齢は?戦歴や結婚してるか調査!
吉田夕梨花の出身大学や彼氏を調査!かわいい姉と画像比較してみた!
フィギュア女子白岩優奈のプロフィールや滑りは?同年代ライバルは?
關颯人(東海大)の出身中学や彼女は?ルーキーの陸上記録が凄い!