へ〜、そうなんだNews

日々の新発見を深堀り検索!

*

興ほずみ(大島紬工房)の結婚相手の旦那や子供は?着物ブランドの売上や年収が凄いってマジ?

   

Pocket

興ほずみ(大島紬)の結婚相手の旦那や子供は?着物の売上や年収が凄いってマジ?

知る人ぞ知る有名人興ほずみさん!!

普通に興味のない方は名前も聞いた事もないという方が大半を占めているのではないでしょうか。

今回は、紬に興味のない方に、こんな紬もあるんだなと、興味を持って頂けたらなと思います。

そんな今の世代にあった紬をデザインしている方が実は「興ほずみ」さんという方になんです!!!

実は結構凄い方なんですよ!

この紬の業界では知らない人がいないというほど実績を持ってる方なんですよ!

その興ほずみさんは奄美諸島の特産品でもある大島紬を造ってらっしゃる方で、海外からも興ほずみさんのいる工房へ大島紬を買いに来る方もいるほど有名なお店を経営してらっしゃいます。

大島紬で有名な興ほずみさんを知る前に、まずは、紬がどんなもの分からない方のために、紬の説明からしていきますね♪

Sponsored Links


■紬って何?


出典:http://www.rakuten.ne.jp/gold/nukunuku/seizoukoutei.html

紬は、蚕の繭から糸となる繊維を煮てほぐしながら取り出していき、一つの繭から一本の長い糸が出来上がり、その糸をひねりながら、丈夫になるように仕上げて織った絹の織物になります。

特徴としては、全体的に色味が渋く、絹なのに絹っぽい独特の光沢を持っていないので、とても大人っぽくそれでいて、さりげなく上品に見える織物です。

この紬の技術は、世界一緻密で複雑な織物とされており、日本が誇れる伝統芸術の一つですね。

要は着物の普段着バージョンだと思って頂ければ連想しやすいのではないかなと思います。

たまに紬を結婚式や入学式などの正装が必要な場面で着ている方を見かけますが、基本的には着物ですが、普段着の部類に入るので、そういった式の際にはNGとされています。


着物にもTPOがあり、きちんと種類があるということを覚えていってくださいね♪
出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/

よく上品なおばあちゃんなどが、着物を着て買い物などしていますよね♪

そうそれこそが、紬です!!!

実は私達の一番身近にある着物なんですよ♪

そして紬の中でもとても高価なのが、「大島紬」

大島紬は鹿児島県の南方に位置する奄美諸島の主島である奄美大島が生み出した特産品でもあります。

真面目に普通の若者が着れるような値段では売っていない最高級品とされる紬です。

一つの着物を織り出すのに、一年はかかるそうで、本当に贅沢な紬になります。

日本の古典的な幾何学模様などをはじめ、伝統的な模様を主流に制作されている着物になります。

どんな大島紬があるのか気になりますよね?



■大島紬ってどんなの?


出典:https://matome.naver.jp/

大島紬の特徴としては、とても着崩れがしにくく、とても軽くしなやかな見た目に見えるのも魅力の一つです。

鹿児島県が誇る伝統的先染絹織物なんです!!!!!

そしてとても伝統的な技法が用いられており、精巧で緻密な絣で表現されている絣加工技術と、古代染色である「泥染染色」などがあり、大きく分けても30という複雑な工程を経て、創り出せれています。

しかも機械作業などではなく、全て職人の手作業で行われているもの特徴の一つですね。




出典:http://www.town.tatsugo.lg.jp/

またその歴史も古く、約1300年前から織られている歴史ある日本の伝統的工芸品でもあります。

そして、なんと世界三大織物の一つでもあるんですよ!!

世界で最も優れている織物がフランスのゴブラン織と言われているもので、次にペルシャ絨毯、そして大島紬なんです!!!!!!


そりゃ、高いわけですよ。


ですが、世界的にも注目度の高い織物なので、世界を舞台にして活動をしているデザイナーである森英恵さんがこれまたパリコレという凄い舞台で、大島紬婦人スーツを発表されるなど、洋装分野でも脚光を浴び始めもいるんですよ!!





出典:http://auctions.search.yahoo.co.jp/

こちらが、森英恵さんが発表した大島紬のスーツですね♪

日本だけなく、海外でも評価高い織物なので、外国の方にも触れて頂けると嬉しいですね♪

この世界的にも有名な大島紬ですが、その世界で今一際注目を集めている方がいらっしゃいます。

それが、興ほずみさんですね。

やっと本題が登場しました。はい。

まず興ほずみさんがどんな方なのか紹介していきますね。


■大島紬業界では超有名人?


出典:http://www.nankainn.com/

日本の伝統的芸品でもあるため、今まで男性社会で成立されていた大島紬の世界を女性目線で考え、新たな大島紬として30年目に本場奄美大島紬協同組合グランプリで最優秀作品賞に選ばれ、それ以来3連続計4回ものグランプリを受賞されている、本当に凄い方なんです!

独自のコレクションまで展開されているんですよ!!!!!


実際に受賞された作品はコチラ→

出典:http://www.nankainn.com/

全国で大島紬の伝統講座やトークショーなどを開催しているほどの有名人なんですよ!

しかもどこの講座でも人気が凄くすぐにいっぱいになってしまうとのこと。


知る人ぞ知る大有名人の方なんですね♪

そんな興ほずみさんの家族や生活ってどんな感じなのでしょうか?

お店とかもきっと豪華なんでしょうねぇー♪

もう敷居が凄く高そうな気しかしませんね。



■お店のアクセスと外観


お店はどんなに高級感溢れる外観なんだろうと思いきや……


出典:https://sites.google.com/

そんなに敷居が高くて入れないゾ…みたいな外観ではないですね。

世界的にも有名なお店のようなのに、飾ってないのが逆に好印象です。

やはり和服店なので、店内も和風のようでした。







出典:http://tumugi.amamin.jp/



●お店へのアクセス方法

店名:輿紬工房
住所:〒894–0106
鹿児島県大島郡龍郷町中勝812
電話:0997–62–2178
Email:info@okitsumugi.com
営業時間:9:00〜18:00
定休日:不定休


国道58号本茶バイパス沿い
空港、名瀬から約30分
バス
町営住宅前 下車30分 バス停から徒歩5分
空港から 道の島交通 空港線(名瀬行き)
名瀬から 道の島交通 空港線(空港行き)

交通機関
空港連絡バス(奄美空港行き、名瀬行き)
路線バス(道の島交通)全域
路線バス(道の島交通)名瀬市街地




興ほずみさんのご家族って?


もちろんご結婚されています。

旦那様は工房代表である興辰雄さんになります。

夫婦共に夢を歩き続けている最中のようです。


出典:http://tumugi.amamin.jp/

こういった日本の伝統職人というとは、昔からの伝統を引き継ぎ、大半の方が◯代目なんて肩書きを持っているのが一般的なんですが、こちらの興紬商店は、なんと1代で築き上げているとても珍しい和服店なんですよ。

お店は夫婦お二人で経営されているのかと思いきや、お店に立つのは、ほずみさんとその妹さんなんだか。


出典:http://www.motoji.co.jp/

左右のお二人は興ご夫妻で、後ろの中央に映っている方が妹さんのようです。

ほずみさんは、雑誌のインタビューにこのように答えていました。

「会話の中で個々のお客様の求めている商品像が見えてくるので、それを具現化しています。
売り場に立つ私と妹が女性の視点で柄作りかたデザインまで入っているのも当社の特徴です」


なんと妹さんもデザインされているんですね。

ほずみさんと妹さん2人で、女性ならではのアイディアをふんだんに取り入れた作品を作られているようですね。


お子さんなんですが、どうやらいないようです。


本当にwikiにもまだ名前が載っていらっしゃらなく、SNSなどもやってらっしゃらないようなので、インタビュー雑誌や講義内容、地方の出演ラジオなどから情報を引っ張ってきたのですが、お子さんのお話は一度もされてなく、世継ぎ紹介の場面でも、旦那さんが写っておられたので、おそらくお子さんはいらっしゃらないんじゃないかなと思います。



是非伝統を紡いでいって欲しいですよね…。

お二人の歴史も気になりますよね?

ちょっと調べてみましたよー!!!!

Sponsored Links


■興紬商店の歴史


元々ほずみさんも旦那様と同じ奄美諸島出身のようで、旦那様は龍郷町戸口がお生まれみたいですね♪


お店を創業したのが昭和56年になります。

ほずみさんの年齢は分からなかったですが、旦那様の年齢は今年60歳を迎えられるようですね。

ということはほずみさんの年齢もおそらく、この年齢に近いのではないかなと思われます。

詳しい結婚情報がなかったため、推測になってしまいますが、昭和56、旦那様が24歳の頃創業されていますので、おそらくここではまだご結婚されていなかったのではないかなと思います。



平成元年には有限会社 興紬商店を奄美市名瀬に設立されたので、ここで32歳ですよね。

そして平成4年に龍郷町中勝に本社を移転されています。

この時期が怪しいんじゃないでしょうか。

平成4年というと35歳の頃なので、年齢的にもしっくりくるかもしれません。



お子さん情報がないので、もしいなかったと仮定したら、やはりこれぐらいのご年齢の時にご結婚をされたのではないかなと。

もしくは元年ですよね♪♪



ほずみさんは旦那様とご結婚したことで、紬の素晴らしさを再確認し、女性が求める紬創りに精を出されるようになったようです。

とても旦那様は奥様であるほずみさんを尊敬しているようで、共にほずみさんの意見を積極的に取り入れ、女性視点から見たデザインや色合いを重視し、作品創りをされているそうですよ。



職人の仕事に女性は口出しするな!!!!


という厳しい世界ですが、旦那様である辰巳さんは、ほずみさんの意見に耳を傾け、紬の世界をより一層広げるために、伝統を守りつつ、新しいデザインに挑戦されていったようです。



出典:http://blog.goo.ne.jp/


ここで、昔ながらの頑固な職人さんであれば、意見を聞き入れてくれなかったかもしれませんよね。

枠に囚われない、優しい旦那様との出会いがあったからこそ、ほずみさんは「ホズミコレクション」と呼ばれる洋装や小物類を手がけることが出来、ブランドでもある「amomika」をも手掛けられるようになったわけですね。

そう思うと本当に2人の出会いは必然であり運命でもあったのかもしれませんね。

2人がもしいなければ、こういった新しい紬は生まれなかったと思うと感慨深いものがありますね。

そんなほずみさんが自ら手がけたホズミコレクション見てみたくないですか?

見たいですよね?!!!!

■NEWスタイルな紬「ホズミコレクション」


ホズミコレクションは平成16年に創業!

興紬工房の大島紬を着物だけではなく、洋装や小物などにアレンジしている商品が特徴となります。

大島紬の独特な模様をとてもオシャレにアレンジされているので、その一部をご紹介しますね。


出典:http://blog.goo.ne.jp/moritohitoto/c/09221acdbeed1ff2d16956fa4d36500c/1

こちらはビニールコーティングされた商品になります。

普通の洋服にもオシャレ小物で若い人が手に持っていても違和感のない商品ですよね。




出典:http://blog.goo.ne.jp/moritohitoto/c/09221acdbeed1ff2d16956fa4d36500c/1

大島紬をポイントとしたリボンチャームです♪♪

キーホルダーのようになっているので、バッグやスマホなど普段使いの物のアクセントとして使えますよね。



出典:http://blog.goo.ne.jp/moritohitoto/c/09221acdbeed1ff2d16956fa4d36500c/1

ハットも凄く可愛いですよね♪♪
こんなデザインな和を基調としなくても普通の洋服にでも合いそうですね。






出典:http://blog.goo.ne.jp/moritohitoto/c/09221acdbeed1ff2d16956fa4d36500c/1

まさかのベレー帽もありました!

大島紬のベレー帽なんて絶対ここでしか買えない一品ですよね。

着物以外でも大島紬って素敵で上品な仕上がりになってますよね♪♪

こういった形で大島紬を取り入れてくださると、若者にも浸透しやすいのではないでしょうか?!

ホズミコレクションを見たら、新ブランドamamikaも見てみたいですよね♪♪

Sponsored Links


■アルチゼンとの融合作品?


Amamikaブランドは平成28年設立されています。

Amamikaは奄美大島紬の伝統技術と長年培われてきた職人技に、現在に合わせた洗練されたものつくりとの融合で生まれたブランドのようです。



要するに伝統技術を今風にした、といったところですかね。

素材に使われているのは、シルク、カシミア、ベビーアルパカ、リネンといった天然素材を用いて作られているようです。

そういった天然の素材を大島紬の伝統技術で創り出すということのようです。


出典:http://blog.goo.ne.jp/moritohitoto/c/09221acdbeed1ff2d16956fa4d36500c/1

商品の特徴はもちろん、一つ、一つ手作業で織り成されているため、どれも一点物というところですね。

キラキラと光沢を放つ絣は、様々な色合いが複雑に重なり合い独特の深い色合いを醸し出し、そのショールでもそれぞれ違った輝きを放つ商品に織り上げられているそうです。




出典:http://blog.goo.ne.jp/moritohitoto/c/09221acdbeed1ff2d16956fa4d36500c/1

こちらはモダイカット大島紬になります。

この商品ももちろん一つ一つの模様がプリントではなく、手作業の伝統技術により作られています。

洋装向けに素材の強度が上げてあるので、どんな使い方も出来るそうですよー!!!



■まとめ

こうやって日本の伝統技術が色々な物に用いられているのは、嬉しい事ですよね。

絶対着物しかダメなんて事はないでしょうし、着物にあまり馴染みのない世代の方にまずはこういった物があるんだという事実を知ってもらわない限りは、発展していきません。


昔からある伝統をアレンジするのにはとても勇気がいることだったと思います。

ですがその大きな一歩が世界に認められ、若者世代に認められ、伝統である着物の大島紬もまた大きく広まっていったのではないかなと思います。


夫婦共に職人なので、ぶつかり合いながらも、互いに高め合って生きていけるというのは、世の夫婦には鏡のような事ですよね。

今後もご夫婦ともに触発されながら、新しい何かに挑戦し続け、紬の新ジャンルを開拓していってほしいですね。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

 - テレビ, ファッション

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

カイルメイナードとローラの関係は結婚絡み?著書「言い訳しない」の内容や現在の年収は?
大柳葵理絵の肌が年齢の割にキレイ?セレブが使用するクリームや結婚の経歴を調査
バレンタインCM【ロッテ・明治・ブルボン・グリコ】比較2016
金スマ社交ダンスのロペス(岸英明)って誰?お笑い芸人の経歴や結婚を調べてみた
三谷紬アナの出身高校や実家の呉服屋はどこ?着物姿や法政大学時代の画像のまとめ
漫画「ニーチェ先生」のドラマキャストや主題歌は?
梅本ゆうこ(マンガ食堂)の年齢や結婚相手は誰?印税や年収も予想!
齊藤伶奈(イレイナ)カラオケ日本代表の出身大学や彼氏は?エステ店の場所はどこ?
下町ロケット第5話視聴率が20%の大台越え!ロケット編最終回の展開は?
合掌智宏(ファンファンクション社長)の経歴や弟が凄い!結婚や年収も調査!