へ〜、そうなんだNews

日々の新発見を深堀り検索!

*

ワンオペ育児の専業主婦と共働きの違いは?イライラ限界で離婚になる前に気をつける3つのこと

      2017/08/24

Pocket

昔とはあらゆる部分で生活方法が変わってきています。


とくに育児については昔とだいぶ変わってきていますよね。

ワンオペ育児、なんて言葉も出てきました。

高度成長期時代は
「父が外で働き、母が家を守る」
というスタイルがメインでした。


しかし現在ではその方法が難しい家庭のほうが多いです。


現在育児の方法は専業主婦と共働きの2つがあります。


どちらが育児に良いのでしょうか?


またワンオペとはなんでしょうか?


育児をするにあたり離婚に気をつけなければいけないことも
踏まえてこれから紹介していきます。

Sponsored Links




ワンオペってなに?専業主婦は楽なのか?

参照元:googirl.jp

まずは専業主婦について説明します。


このスタイルは長年日本の奥さんの生活スタイルとして馴染んできました。


自分のお母さんも専業主婦だったという人も多いでしょう。


現在この専業主婦スタイルの「ワンオペ」が問題になっています。


このワンオペとはなんでしょうか?


ワンオペとはワンオペレーションの省略で、
たった1人で育児することを言います。


このシステムを行った場合は、夫が仕事に集中できるというメリットがあります。


「専業主婦なんだから育児に集中してもう問題ないでしょう」と考える人も多いでしょう。


実はこのワンオペ育児、結構デメリットもあるんです。


・リラックスできない

小さい子供の行動は全く予想することができません。


またちょっとした体調不良が後遺症となり、
後々の生活に悪影響を及ぼす危険性があります。


そうならないためにも常に子供を見てなければいけません。


それによりリラックスする時間がなく、
ストレスを抱えてしまう危険性があるんですね。


女性の場合は過度にストレスを抱えてしまうと
ホルモンバランスが不安定になってしまうことがあります。


精神的に不安定になり、子供にDVをしてしまうお母さんもいます。


このようにワンオペ育児というのは結構精神的負担が大きいのです。


•自分のことは後回し

子供に集中しているので、ついつい自分のことを後回しにしてしまいます。


そのため自分が傷病患ったとき、
なかなか病院に行けないお母さんも多いんですね。


母の調子が悪いと育児も完全にこなすことができません。


お母さんの病気が子供にうつってしまう危険性もあります。


共働きは本当に負担を半分にできるのか?

参照元:googirl.jp

専業主婦の正反対にあるのが共働きというスタイルです。


高度成長期時代に比べて年収が低下している現代において
共働きは経済的に安定することは間違いありません。


しかし子供が出来た場合、本来育児に集中しなければいけない時間が
仕事にあてられるため、育児がおろそかになる傾向があります。


この共働きについてもいくつかデメリットを紹介しましょう。


•仕事から帰っても気が休まらない

独身時代や専業主婦の場合だと仕事から帰ってくれば
家でリラックスしたり、好きなことができます。


しかし共働きだと家に帰ってから家事をしなければいけないことが多いです。


ゆっくり休みたい休日も同様です。


そのため気を抜くことができません。


仕事と家の両方でストレスを抱えてしまうことも多くあります。


•子供の急病により仕事を休むことがある

子供の健康状態は予想ができません。


急に体調不良を起こしてしまうこともあるでしょう。


上記でも述べましたが、もし手遅れになった場合に
後遺症になる危険性もあります。


そのため仕事を休んで子供を病院に連れて行かなければなりません。


これは仕事に穴をあけるので同僚や上司など
他の会社員に迷惑をかけてしまいます。


これが頻繁に起こると社内でもいづらくなってしまうのではないでしょうか。


・子供の時間に合わせられない

共働きになってしまうと専業主婦と比べて
子供の時間に合わせるのが難しくなります。


そのため授業参観日や運動会などのイベントに出席することも難しく
子供とのコミニュケーションの時間も限られてしまいます。


やはり子供が成長するには親との時間は大事です。


それが少ないために飛行に走ったり、悪さをしてしまう子供もいます。


専業主婦と共働きはどちらがいいのか?

参照元:toyokeizai.net
専業主婦と共働きのデメリットを説明してきました。


ではどちらが良いのでしょうか?


結論は「どちらも大変である」ということです。


どっちのスタイルにするかは自分達の生活状態から決めるのが良いでしょう。


夫の収入が高いが仕事が忙しい場合は専業主婦スタイルが良いと思います。


また仕事は忙しくないけども、収入が高くない場合は共働きスタイルが良いでしょう。


どちらにするかは独断で決めるのではなく、夫婦で話し合って決めてください。

Sponsored Links


イライラ限界で離婚になる前に気を付ける3つのこと

参照元:夫婦関係修復.com


上記の説明のように専業主婦も共働きのいずれもストレスを感じることがあります。


このストレスについて夫婦間で上手にコントロールしないと、
離婚という最悪な結末を迎えてしまいます。


これからこの離婚を防ぐために必要な3つの事ことをお伝えします。

・コミニュケーションを取る

離婚してしまう夫婦のほとんどが会話を全くしていません。


コミニュケーションというのは相手を理解するための手段です。


これを拒否するということは相手の理解を拒否するのと同じなんですね。


またストレスというのは共感を得ることで負担が少なくなります。


直面している困難に対して解決できる客観的な意見を見つけることもできます。


そして最大のメリットは育児に関して
「2人で頑張っていこう」
と意識を高めることができます。


このようなメリットが多くあるので、
夫婦間でコミニュケーションをしっかり取りましょう。​

Sponsored Links


・相手に敬意を持とう

関係が長くなっていくと相手への敬意も弱くなってしまいます。


そうなると「やってもらって当然」 と考えるだけでなく、
話し方も上から目線になってしまう傾向になってしまいます。


夫婦という関係はパートナーであって、決して主従関係ではありません。


そのため相手に対してはしっかり敬意を持ちましょう。


育児は辛いこともありますが、相手から

・いつもありがとう
・次は自分がやるね
・ちょっと休む?

これらの簡単な声掛けでも精神的な負担は軽減されます。


逆にこのような声がけがないと

・自分のことを下に見ている
・家族のことなんてどうでもいいと思っている
・もう冷めてしまったのか?

と疑心暗鬼になってしまいますので注意してください。


・第三者に相談する

結婚生活や育児について夫婦間で話し合っても行き詰ってしまうことがあります。

そこから進展がないとお互いにストレスを抱えてしまったり、
限界を感じてしまうことがあります。


上記でも軽く説明しましたが、このような時は第三者の意見がとても有効なんですね。


第三者というのは友人や親など身近な人だけでなく、専門機関も含まれます。


解決策だけでなく、現状の注意点など多くのアドバイスをしてくれます。


それにより問題を解決できる可能性も高くなります。


大事なことは「自分達だけで抱え込まない」ということです。


まとめ

専業主婦も共働きのいずれも育児ついてデメリットがあることがわかりました。


それに対して各夫婦はどちらが自分達に合っているかを考えることが重要なんです。


また夫婦というのはもともと他人です。


その他人同士が離婚せずに長く生活していくには

・コミュニケーション
・敬意
・第三者への相談

この3つが重要なんですね。


現在結婚している人、これから結婚を考えている人、
少しでも参考にしてもらえれば幸栄です。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

 - 時々・社会一般

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

米山隆一(新潟県知事)天才の経歴や評判は?結婚せず独身てマジ?
ツタヤ図書館(武雄市)の問題点や批判内容は?市幹部が圧力をかけている理由を調査!
安保法案超簡単まとめといじめ問題
山内三郎の大学や経歴を調査!五感AIロボアースアイズ・サブローくんの価格は?
再就職助成金制度でリストラ急増?人材派遣会社会長のあの人の影が…
宮崎謙介と金子恵美議員が離婚せず結婚生活を続ける理由は?
吉野正芳(復興相・衆議院議員)は東京電力と利権関係?経歴や派閥も調査
小野田紀美(ハーフ)経歴や二重国籍問題まとめ!アニソンオタクで妹は元ヤンキーってマジ?
金賢姫(大韓航空機爆破事件)元死刑囚はなぜ恩赦された?事件の真相や背景・目的を調査
巨大小惑星「2014-JO25」地球最接近時間や日本での観測方角を調査!