石川翔(青藍泰斗)のドラフト先や出身中学はどこ?球種や球速が凄いイケメンの彼女は?

Pocket

もうすぐプロ野球のドラフト会議が開催されます。

各球団、将来のスター選手を指名するため調査や指名に本腰を入れています。

今回紹介する青藍泰斗高校の石川翔投手は甲子園には出場していませんが、プロ注目のピッチャーとして騒がれています。

しかも顔はイケメン。

この石川翔投手はどのような選手なのでしょうか。

出身中学はどこ?

球種や球速は?

彼女はいるの?

そしてどの球団がドラフト指名するのでしょうか?


これらの数多くの疑問について調べてみましたので紹介します。


Sponsored Links



石川翔投手のプロフィール

名前:石川翔(いしかわ しょう)
生年月日: 1999年12月14日
出身地:東京都
身長: 179センチ
体重: 82キロ
利き腕:右



石川翔投手はお父さんが日本人、お母さんがフィリピン人のハーフです。

兄弟は姉、弟、妹がいます。

普通の野球選手は小学校が軟式野球、中学校から硬式野球を始めるケースが多いですが、石川翔投手の場合は小学校2年生から硬式野球を始めます。

そして赤塚第一中学時代には学校の野球部ではなく、硬式野球の板橋シニアに所属していました。



青藍泰斗高校時代の成績は?




石川翔投手は赤塚第一中学校卒業後に栃木県内の青藍泰斗高校に進学します。

都内ではなく栃木県内の高校に進学したので、高校からのスカウトの可能性が高いです。

石川翔投手は2年生の春からベンチに入り、その年の夏の県大会では外野手とピッチャーを兼任していました。

2年生の冬には本格的にトレーニングに励んだ結果、ストレートの球速が148キロまでアップしています。

この速さは既にプロレベルに達しています。

しかしチームは3年生最後の夏の県大会で優勝校である作新学院に敗れており、ベスト4で高校野球生活を終えました。



石川翔投手の魅力は?

さて石川翔投手は他のピッチャーと比べて何が違うのでしょうか?

まずストレートの球速です。上記では2年生の冬に148キロと書きましたが、その後球速は151キロまでアップしています。

特にアウトコースのストレートはヤバイっス!!

そして変化球はスライダーを中心にカットボール、チェンジアップ、フォーク、カーブが投げられます。

球種が多彩過ぎて、私がバッターだったら絶対に絞ることができませんね。

あと石川翔投手は高校時代に4番バッターも務めており、バッティングにも定評があります。

またピッチャーでない試合は外野手を任されています。

体が柔らかく、身体能力も高いため、もしかしたら野手として指名する球団がでてきそうです。

Sponsored Links


彼女はいるのか?




石川翔投手の恋愛情報についても調査してみました。

しかし特に彼女の情報はありませんでした。

今はフリーの可能性があります。

プロ注目の野球部のイケメンエースですから、女子からの人気は高いでしょう。

もしかしたらマネージャーとつきあってたりして・・・。

ドラフトで指名されたら、もっと人気がアップすること間違いなし。

く~羨ましいなぁ。

Sponsored Links


ドラフトはどこが指名するのか?

石川翔投手をどこの球団が指名するのでしょうか?

まず即戦力を欲しがる球団は指名を避けて、育成に力を入れている広島カープが指名するかもしれません。

またバッティングセンスもあるので、中日ドラゴンズなどのセ・リーグ球団の指名も可能性があります。

ドラフト会議は選手から球団指名できないので、ドキドキしますよね。

身体能力が高いので、もしかしたら二刀流もあるかな。

まとめ

石川翔投手は赤塚第一中学出身で時速150キロを超えるストレートと多彩な変化球を持っています。

高校時代は無名でもプロで活躍している選手はたくさんいるので、それに続いて、名前のようにプロで飛翔してほしいですね。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です