【春高バレー2018】注目選手や優勝予想!出場高校や可愛い女子にイケメン男子も調査

Pocket

高校バレーの日本一決定戦である春の高校バレー2018が来年の年始から開催されます。

この大会には現在、全日本で活躍している選手の多くが出場しました。

今大会も未来のスター選手が出場するかもしれません。

今回はこの春高バレー2018について調査してみました。

注目選手や優勝予想、そして可愛い女子プレーヤーとイケメン男子プレーヤーもしっかり紹介します。



バレーボールタグの記事一覧はこちら

関連記事:【春高バレー2017】注目選手や優勝候補予想!日程や放送予定も



Sponsored Links



春高バレーとは?

まずは春校バレーについて説明します。

高校バレーの全国大会はインターハイ、 国体、そしてこの春校バレーの3つがあります。

「冬に開催されているのに、なんで春校バレーなの?」と疑問に思っている人もいるでしょう。

もともと春高バレーは、その大会名の通りに 3月末に開催されていました。

しかしこれでは3年生が出場できないということで、年始に大会期間を移したんですね。

そのため昔の春校バレーは「1,2年生のフレッシュな戦い」というイメージがありましたが、冬に移ったことで「3年生の最後の戦い」というようにイメージが変わっています。



大会開催期間は?



さて大会はいつどこで行われるのでしょうか?

開催期間は2018年1月4日~8日の5日間で行われます。

会場は東京体育館です。

この東京体育館はJR総武線千駄ヶ谷駅の目の前にあります。

千駄ヶ谷駅が1番近いせいか、大変混み合いますので観戦に行く方は注意してください。

Sponsored Links


チケットの値段は?購入方法は?

d
参照元:http://www.fujitv.co.jp/sports/vabonet/student/haruko2015/index.html
チケットの値段ですが、
学生: 500円
一般: 1,000円
アリーナ席(準決勝、決勝のみ) 2,500円

このような値段になっています。準決勝と決勝はセンターコートになるのでアリーナ席が設けられます。

購入方法ですが当日窓口で購入することもできますが、事前にインターネットなので予約も可能です。

下記がチケットを取り扱っているサイトや店舗です。

・フジテレビダイレクト(インターネット販売のみ)
・チケットぴあ
・ローソンチケット
・チケットポート


準決勝と決勝のチケットはすぐ完売してしまう可能性があるので、事前に予約購入したほうがいいでしょう。

Sponsored Links


出場校出揃う!!

春高バレー2018の出場校がついに出揃いました。

下記が激戦を潜り抜けた代表校です。

北海道
男子:東海大付属札幌 女子:札幌大谷
男子:北海道科学大  女子:大谷室蘭
青森県
男子:弘前工業 女子:青森西
岩手県
男子:不来方 女子:盛岡誠桜
宮城県
男子:仙台商業 女子:古川学園
秋田県
男子:雄物川 女子:由利
山形県
男子:山形中央 女子:米沢中央
福島県
男子:相馬 女子:郡山女大付属
茨城県
男子: 水戸啓明 女子:土浦日大
栃木県
男子:足利工大付属 女子:国学院栃木
群馬県
男子:前橋商行 女子:高崎商科大学付属
埼玉県
男子:埼玉栄 女子:細田学園
千葉県
男子:習志野 女子:柏井
東京都
男子:東亜学園 女子:下北沢成徳
男子:駿台学園 女子:八王子実践
男子:東洋 女子:文京学院大
神奈川県
男子:荏田 女子:大和南
男子:弥栄 女子:伊勢原
山梨県
男子:日本航空 女子:増穂商業
長野県
男子:創造学園 女子:松商学園
新潟県
男子:巻 女子:中越
富山県
男子:富山第一 女子:富山第一
石川県
男子:石川県立工業 女子:金沢商業
福井県
男子:北陸 女子:福井工大福井
岐阜県
男子:県立岐阜商 女子:益田清風
静岡県
男子:静清 女子:富士見
愛知県
男子:愛工大名電 女子:豊橋中央
三重県
男子:松阪工業 女子:三重
滋賀県
男子:近江 女子:近江
京都府
男子:洛南 女子:京都橘
大阪府
男子:大塚 女子:金襴会
男子:清風 女子:四天王寺
兵庫県
男子:市立尼崎 女子:氷上
奈良県
男子:添上 女子:奈良女子
和歌山県
男子:開智 女子:和歌山信愛
鳥取県
男子:鳥取中央育英 女子:岩見
島根県
男子:安来 女子:安来
岡山県
男子:岡山東商 女子:就実
広島県
男子:崇徳 女子:進徳女子
山口県
男子:高川学園 女子:誠英
徳島県
男子:城東 女子:城南
香川県
男子:高松工芸 女子:高松南 
愛媛県
男子:新田 女子:松山東雲
高知県
男子:高知 女子:高知南
福岡県
男子:東福岡 女子:誠修
佐賀県
男子:佐賀商業 女子:佐賀清和
長崎県
男子:大村工業 女子:聖和女子
熊本県
男子:鎮西 女子:鎮西
大分県
男子: 別府鶴見丘 女子:東九州龍谷
宮崎県
男子:都城工業 女子:都城商業
鹿児島県
男子:川内商工 女子:鹿児島南
沖縄県
男子:西原 女子:西原


中には男女ともに同じ高校もありますね。

ん!?愛知代表が愛工大名電高校ですね。

ということは石川祐希選手を擁して、2年連続高校3冠を達成した星城高校敗退してしまったんですね。

名門校でも簡単に出場できないのが春高です。

ただこの中で注目すべき高校が2つあります。

それは男子:熊本県代表鎮西高校と女子:大分県代表東九州龍谷高校です。

鎮西高校


東九州龍谷高校


なぜならこの2校は夏に行われたインターハイで優勝しているからです。

このようにインターハイ王者が早くも出場決めています。

王者2校は「自分たちを倒したければ、早く全国に上がってこい」と構えているしょう!

激戦!!東京予選

春高2017を優勝したのは男子:駿台学園、女子:下北沢成徳高校です。

しかも男子の決勝は駿台学園VS東亜学園という東京対決でした。

いかに東京がハイレベルかわかりますよね。

今年も駿台学園と東亜学園が東京都予選決勝で激突しました。

都道府県予選で去年の決勝と同じカードって贅沢ですね~。

結果はフルセットの末、東亜学園が2-1で駿台学園を破っています。

東亜学園とすれば先輩の雪辱を果たしたわけですよ。



女子は下北沢成徳高校がストレート2-0で八王子実践を破り優勝しています。



前回王者の駿台学園は決勝で敗れましたが2位として本大会で出場できます。

前回王者がこのまま黙っているわけないと思いますよ。

きっと本番までにレベルアップしてくるはずです。

組み合わせ決まる

とうとう春高バレー2018の組み合わせが決まりました。

まずは男子の組み合わせです。

s
参照元:http://bolonger-lab.com/944.html

前回王者・駿台学園は第一シードとなっています。

見た感じでは強豪校がバランス良く分かれている印象を受けますね。

ただ組み合わせ左下の習志野高校ゾーンは大阪王者・大塚高校そして駿台学園を倒して東京第一代表となった東亜学園がいるので激戦必至です。

次は女子の組み合わせです。

s
参照元:http://bolonger-lab.com/944.html

こちらも前回王者・下北沢成徳高校が第一シードです。

1回戦の好カードは左下ゾーンの大阪・金襴会高校VS東京・文教学院大女高校ではないでしょうか。

2校とも激戦区を勝ち抜いてきた強豪校です。

この試合の勝利校は、そのまま勢いがついて勝ち上がっていきそうです。

注目選手は誰だ!!

春高は毎回新しいヒーローが誕生します。

今大会注目の選手をいくつか紹介しますね。

□鍬田憲伸選手(鎮西)

s
参照元:http://www.koukouseishinbun.jp/articles/-/2333
インターハイ王者・鎮西高校のキャプテンである鍬田憲伸選手。

なんと最高到達点は343センチとVリーガー並みの高さがあります。

その圧倒的な高さから打たれるスパイクは誰も拾えません。

後衛に下がっても攻撃に参加してくるので対戦校はつねに鍬田憲伸選手をマークしなければいけません。


関連記事:鍬田憲伸(鎮西)の進路や出身中学はどこ?イケメンの最高到達点が凄い!


□上條レイモンド選手(習志野)

昔から「でかい奴はトロい」という言葉があります。

しかしこのフレーズは上條レイモンド選手には当てはまりません。

身長195センチという高身長でありながら、移動のスピードがとても速いんです。

ちょっと油断していると上條レイモンド選手のクイックの餌食になってしまうでしょう。

また高いブロックも魅力の一つです。


関連記事:上條レイモンド(習志野)の進路先の大学は?両親の出身国や身長は?



他にも有望選手は多くいるので、大会期間中に更新していきますね。

関連記事:市川健太(大村工業)の進路や中学はどこ?バレーU19代表のレシーブが凄い

関連記事:佐伯聖海(東福岡)の進路や中学はどこ?最高到達点やスパイク決定率が凄い

関連記事:水町泰杜(鎮西)の出身中学や身長は?最高到達点やスパイク決定率が凄い!

関連記事:大塚達宣(洛南)の出身中学や身長は?最高到達点やスパイクが凄すぎ



□中川美柚選手(東九州龍谷)



中川美柚選手は東九州龍谷高校をインターハイ制覇まで導いた名プレイヤーです。

身長183センチ、最高到達点311センチは女子選手のなかでは圧倒的な数値です。

なにせ最高到達点は全日本女子クラスですから。

中川美柚選手はとにかくスパイクが凄い!!

対戦校はまず中川美柚選手をどのように止めるかを考えたほうがいいでしょう。


関連記事:中川美柚(バレー)の身長や大学はどこ?高校では笑顔がかわいいと話題!


□石川真佑選手(下北沢成徳)



石川でバレーと言ったら、全日本男子の石川祐希選手が有名ですよね。

石川真佑選手はその石川祐希選手の妹です。

サラブレッドである石川真佑選手は去年の優勝メンバーでもあるんです。

去年は先輩達に引っ張ってもらって優勝しましたが、今大会は自身がチームを牽引しなければいけません。

前回王者のプレッシャーはありますが、それをはね返してほしいです。


関連記事:石川真佑(下北沢成徳)進路や全日本入りは?石川祐希の妹のかわいい画像まとめ


まとめ

春高バレー2018の出場校が出そろい、組み合わせも決まりました。

今回も前回と同じくレベルの高い戦いが期待できそうです。

男子は前回王者駿台学園、インターハイ王者鎮西高校、東亜学園この3つが優勝候補だと思います。

一方女子は下北沢成徳高校と東九州龍谷高校の2校が飛びぬけている状態です。

春高ファンの皆様、激戦をゆっくり観戦しましょう。


【追記】優勝校決定!!

1月8日に春高バレーの決勝が行われ、男女ともに優勝校が決まりました。

□男子は鎮西高校!!

男子の優勝は熊本県代表の鎮西高校です。

インターハイに続き、2冠達成です。

決勝のスコアがこちら。

鎮西高校  25-20  洛南(京都)
      25-21
      25-23


3-0で優勝を決めています。

第一セットからエースの鍬田憲伸選手とスーパールーキー水町泰杜選手のWエースの活躍で洛南高校に主導権を掴ませませんでした。

洛南高校もエース・大塚達宣選手も高い打点からスパイクを放ち、反撃しますが鎮西の高い壁を崩すことはできませんでした。

名将・畑野久雄監督は「今回は是非ともと思っていたので、勝てて良かった。地震があってどうなるかと思ったが、明るい1年と真面目な3年で良いチームが出来ました。たくさんの応援ありがとうございました」と喜びのコメントを述べています。

地震の苦しみを乗り越えての優勝!!

これは感動しますね。

鎮西高校の主力の半分は1年生ですので、これからしばらく鎮西高校の時代が来るかもしれませんね。

□女子優勝は金蘭会高校!!

女子は大阪代表金蘭会高校がインターハイ王者・東九州龍谷高校を下して優勝を果たしています。

決勝のスコアがこちら。

金蘭会 25-20 東九州龍谷(大分)
    25-18
    25-23


3-0のストレートで優勝を果たしています。

金蘭会高校は6人がユース代表に選ばれているスーパーバレー集団です。

準決勝の下北沢成徳高校に1セット取られた以外は、全てストレートで勝ち上がっています。

特に1年生エースの宮部愛芽世選手は、あの日本代表経験のある宮部藍梨選手の妹です。

まだ1年生・・・これからもっと凄くなるんでしょうね。

池条義則監督は「ありがとうございます。普段はもっといい声なのですが、枯れてしまってすみません。普段はずっと怒っているのですが、大会に入ってからは選手に任せきりでした。普段怒っているのも、この日のためにやっているので許してください。林キャプテンにはご苦労様と言いたいです。

苦しいときもたくさんありましたが、3-0は素晴らしいです。いいチームになりました。レギュラーが5人残るとはいえ、まだまだバレーが下手なので、もっともっと上手になりましょう。おめでとう。」
と喜びと次の世代に対してのコメントを述べています。

コメントからわかるように、金蘭会高校はスタメン5人も残っているため、男子の鎮西高校同様にしばらくは金蘭会高校の時代が続くのではないでしょうか。

春高バレー2018はこれで終了しますが、1・2年生の活躍が目立ったので、また来年の大会が楽しみです。





バレーボールタグの記事一覧はこちら

関連記事:【春高バレー2017】注目選手や優勝候補予想!日程や放送予定も

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です