清田真央の出身中学や高校は静岡のどこ?マラソンの走り方や神野大地との関係が気になる!

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

1月14日に開催される皇后盃・全国女子駅伝清田真央選手が静岡代表として出場します。

世界を知る清田真央選手は本番で、どのような走りを見せるか非常に気になりますよね。

今回はこの清田真央選手にスポットを当ててみました。

本人の出身中学と高校は?

走り方の特徴は?

そして神野大地選手との関係は?


これらについて調査してみましたので、本人のプロフィールと共に紹介します。


Sponsored Links



清田真央選手のプロフィール

名前:清田真央(きよた まお)
生年月日: 1993年9月12日
出身地:愛知県
身長: 156センチ
体重: 42キロ
所属:スズキ浜松アスリートクラブ


s
参照元:https://geinou-soul.com/2229.html

清田真央選手は1993年生まれの現在24歳です。

愛知県田原市で生まれ、小学校時代に陸上クラブに入ったことで陸上競技を始めます。

小さい時からその才能が開花し、田原市立福江中学校3年生の時には市の代表として、愛知駅伝に出場し区間賞を獲得しています。



出身高校はどこ?神野大地選手との関係は?

清田真央選手は中学校卒業後に、愛知県内にある中京大学付属中京高校に入学します。

その高い才能から全国高校駅伝にたくさん出場していると思いましたが、ライバルの豊川高校が強すぎて一度も全国高校駅伝に出場したことがないんですね。

これは意外でした。

ちなみにコニカミノルタに所属している神野大地選手は、清田真央選手の同期生です。

しかも誕生日も1日違うだけです。

このように神野大地選手のツイッターで紹介されるほど2人の仲は良いみたいです。


同い年で同じ競技選手なら共感する部分もたくさんあるでしょう。



世界陸上出場




清田真央選手は、高校卒業後に現在の所属先であるスズキ浜松アスリートクラブに入社します。

社会人3年目で初めて日本陸上競技選手権大会に出場し、女子1万メートルに出場します。

それまでは中距離が中心でしたが、 2014年からハーフマラソンに出場し、香川丸亀国際ハーフマラソン大会では準優勝します。

そして2016年にフルマラソンに挑戦し、名古屋ウィメンズマラソンでは2年連続で優秀な成績を残します。

その結果、日本代表として世界陸上ロンドン大会に出場しますが、残念ながら総合16位という成績でレースを終えています。

ちょっと世界の壁はぶ厚かったようですね。

Sponsored Links

清田真央選手の走りの特徴は?

清田真央選手の走りは非常に特徴的です。

なぜなら他の選手に比べて、腕を振らないからです。


1:33あたりから確認できます。

一般的に腕と足は連動しており、腕を思いっきり振ることで、足を踏み出すことが楽になります。

しかし清田真央選手の場合は腕ではなく肩甲骨を意識しているため、このようなスタイルになったんですね。

決して疲れて、腕が下がっているわけではありません。

Sponsored Links

なぜ静岡代表なの?

さて清田真央選手ですが、出身地は愛知県であるのに駅伝ではなぜ静岡県代表で出場するのでしょうか?

調べてみたところ、現在の所属先であるスズキ浜松アスリートクラブが静岡県内にあるからです。

過去に愛知県代表として出場経験がありますが、今回は静岡県のために走るようですね。

ちなみに出身地の愛知県に対しては「古里の愛知は気になりますね」と気にかけている発言をしていました。



まとめ

清田真央選手は愛知県内の中学校と高校を卒業していますが、現在の所属先であるスズキ浜松アスリートクラブがある静岡県代表として駅伝に参加します。

また神野大地選手とは高校の同級生であることがわかりました。

全国女子駅伝にはあらゆる世代の選手が出場します。

若い世代の選手に世界レベルの走りを見せることで、日本の陸上界の発展に繋がると思います。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です