東京都心の大雪で転ばない道の歩き方とは?朝の通勤電車のラッシュを回避する方法も!

Pocket

4年ぶりに東京都心に大雪が降りました。

これにより通勤や通学は困難になった人も多いでしょう。

時間通りに出勤や通学、そして帰宅できないことも大変です。

そのうえ雪が降って時間が経過すると地面が滑りやすくなり、歩行中に滑って負傷する危険性が高くなります。

もし負傷してしまったら仕事だけでなく、いろんな人に迷惑をかけてしまいますよね。

今回は大雪で転ばないための道の歩き方について調査しました。

朝の通勤電車のラッシュ時間の回避方法も併せて紹介します。


Sponsored Links



危険回避の用意



雪は降って凍ってしまった道路をアイスバーンといいます。

このアイスバーンは普通の道路より摩擦が少ないため、滑ってしまう危険性が高くなるんですね。

もし出勤するときに道路はアイスバーンだった場合は、普段と違う用意をする必要があります。


□靴を変える

普通の靴だと滑りやすいので、ブーツやスノーシューズを履くことで負傷を回避できます。

「スノーシューズを履いたまま取引先に行けない」という人は、袋にビジネスシューズを入れておき、取引先の直前で履き替えてみてはいかがでしょうか。

もし取引先が駅に近かったら、ロッカーにブーツを預けておけば荷物になりません。

それでも普通のビジネスシューズを履きたい人は、靴底に滑り防止ゴムマットを着用してください。

雪道安心 すべり防止スパイク【2足セット】アイススパイク 靴 滑り止め 滑り止め 雪 すべり止め 靴底 ブーツ スノーシューズ くつ 雪道 靴滑り止め スマート スパイク スパイクシューズ 雪道スパイク メンズ レディース 防滑 滑らない 暮らしの幸便 カタログ掲載 05P03Sep16


□荷物をたくさん持たない

もし滑ってしまった時に両手が塞がっていると、頭を強打してしまうかもしれません。

そのため沢山の荷物で両手を塞いでしまう事は非常に危険です。

雪の日は

・荷物を少なくする
・両手が自由にできるように肩掛けカバンの使用する


これらの方法をおすすめします。

吉田カバン ポーター ビジネスバッグ ポーター タイム PORTER TIME ポーター 3WAYブリーフケース (B4対応) ビジネスリュック メンズ ナイロン 655-06166



歩き方を知ろう


次は安全な歩き方について紹介します。


□急いで歩かない

まず急いで歩かないことです。

急いで歩いてしまうと足元が滑ってしまうため、ゆっくり足の裏全体で着地するように歩きましょう。

もしかかとで着地してしまうと、後方にひっくり返ってしまう危険性があります。

そうなると後頭部を地面にぶつけてしまい、最悪の場合死亡してしまうので注意してください。


□通勤ラッシュ時を避ける

また時間に余裕がないと無意識に急ぎ足になってしまうので、雪の日は時間に余裕を持って行動してください。

余裕をもって行動するために通勤ラッシュ時間を避けるのも有効です。

フレックスが認められている会社の社員の人は遅く出勤してみてはいかがでしょうか。

そうでない会社員や学生の人は朝早く起きて出勤することを勧めます。

会社員の人は朝早くに会社の最寄り駅に着いたら、近くのカフェでのんびり新聞を読むのがいいかもしれませんよ。


□足を上げ過ぎない

足を上げ過ぎて歩いていると着地の時により体重が乗ります。

もしそれで滑ってしまうと激しく転倒するので、アイスバーンの時は足をあまり上げずに歩くのがいいんですね。

歩幅もいつもより小さめで歩いてみてください。

Sponsored Links


もし転倒してしまったら



あらゆる策を講じても、 100%危険を回避することは難しいです。

もしかしたら、転倒して負傷をしてしまうことも考えられます。

その時はすぐに次の行動をとることが大事なんですね。


□病院に行く

やはり負傷してしまったら、すぐに病院に行くことが大事です。

特に頭を強打してしまった場合、頭蓋骨の中で出血を起こしている可能性があります。

転倒した時は何ともないかもしれませんが、放置していると

・頭痛
・嘔吐
・集中力散漫
・言語障害
・情緒不安定
・記憶障害


これらの症状が出てしまいます。

また後遺症も残ってしまうこともあるので、早めに病院に行きましょう。

Sponsored Links


□労災

もし仕事中に転倒して負傷した場合は、会社に報告しましょう。

それにより労働災害が認定されます。

労働災害とは会社で働いてる人が仕事中、もしくは通勤中に負傷したときに受けられる補償のことを言います。

これは正社員、アルバイトなど雇用状態は関係なく働いていれば対象となり、治療費や休んでいる間の給料などが保険給付で賄われます。

ですので、仕事中や通勤中で負傷した場合は自腹で何とか解決しようと思わないでください。

具体的な申請方法については会社の総務などの指示に従ってください。



まとめ

大雪などで道路が凍ってしまうとあらゆる事故を起こす危険性が増えます。

それを回避するために

・いつもより荷物の量や靴を変える
・ラッシュ時間を回避する
・ゆっくり歩幅小さく歩く


これらの方法が有効です。

また負傷した時はすぐに病院へ行ってください。

事故は急に起こるものです。

ですから注意が必要なんですね。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です