三澤彩奈のワインの値段やおすすめ銘柄は?通販ショップや販売店をチェック

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

ワイン好きにとって美味しいワインを飲むことは、この上ない幸せですよね。

美味しいワインの裏には醸造家の熱い情熱が注ぎ込まれていると思います。

醸造家の三澤彩奈さんは「おばあちゃんになってもぶどう畑を駆け回っていたい」と語るほど、ワインに情熱を注いでいます。

しかも美人です!

その三澤彩奈さんが生み出したワインはコンクールで受賞しており美味しいと評判です。

というか美味しくないわけがないですよね!

今回はこの三澤彩奈さんのワインの値段やオススメの銘柄、そして購入方法について調べてみました。


ワイン好きの方はもちろん、そうでない方もこの記事を読んだら三澤さんのファンになってワインを飲みたくなること間違い無しなので、ぜひご覧になっていってください。


Sponsored Links



三澤彩奈さんのプロフィール

美味しいワインとはいっても、まずは作り手を知らないと美味しさも半減ですよね。

通は原料のブドウはもちろん、作り手や会社の背景まで味わうんだと思いますよ、想像ですけど。



まずは三澤彩奈さんのプロフィールをどうぞ。

名前:三澤彩奈(みさわ あやな)
生年月日: 1980年生まれ
出身地:山梨県


d
参照元:elle.co.jp


三澤彩奈さんの生年月日の詳細は不明ですが、 1980年生まれであり現在37~38歳だと思われます。



三澤彩奈さんとワインの出会いはなんと生まれた時からなんですね。

三澤彩奈さんは中央葡萄酒株式会社オーナーの長女として生まれます。

「甲州はワイン専用品種として,シャルドネや,メルロのような国際品種に比べ,二流だと言われていました.その向かい風の中,信念を貫く祖父と父の生き様が,私の幼少期には焼き付けられて」と述べており、小さいころからワイン造りの道に進むことを決意していたようです。

そして大学卒業後にボルドー大学のワイン醸造学部と専門学校に入学し、2006年にフランス栽培醸造上級技術者資格を取得します。

その後は南アフリカの大学院に入学し、卒業後に帰国します。



ちなみにワインに全力を注いでいた三澤彩奈さんは醸造家は体力が必要であるため、マラソンで体力をつけて仕事に取り組んでいたようです。

また、年頃の女性で海外留学経験者だと、香水なんかも日常的に使っていそうですけどワインの香りの邪魔であったり、余計な情報になるため香水は一切つけていなかったそうです。

かなりストイックな性格なのがわかります。

それだけワインに情熱を傾けていたんですね!

Sponsored Links

□うまくいかない日々

世界でワインについて知識を学び、出身地の名産である甲州ブドウを世界に広めるために帰国した三澤彩奈さん。

帰国後は地獄のような日々が待っていました。

睡眠時間は2~3時間で帰宅できないことは頻繁にありました。

また自分のワインの輸出先を訪問すると、アポイントを無視されて帰らされることもありました。



もうこの辺だけ見ると完全にブラック企業の営業マンですよね。。。

自分たちで丹精込めたワインですし、間違いなく美味しいから情熱を保てそうですけど、私なら絶対心が折れます。。




しかし、三澤彩奈さんは挫折の繰り返しでも、心が折れそうになってもワインに情熱を注いだ結果、2013年に作られたキュヴェ三澤 明野甲州2013のデキャンター・ワールド・ワイン・アワードで金賞を受賞します。

これは世界に1万5000以上あるワイン銘柄のなかで424銘柄しか受賞できません。


イギリスの月刊ワイン雑誌「デキャンター」によって主催される国際ワインコンテストで、IWCと国際ワインコンテストのトップを争っている。長らく「IWCに次いで影響力のある」と記載されて来たが、2014年には出品数が1万5007銘柄に至り出品数は世界一のワインコンテストになった為に、世界最大のワインコンテストとも報道される。
出典:Wikipedia




しかも!


日本初の受賞ですので、各メディアは受賞を快挙として報道しています。

そしてそれ以降2015年、2016年と3年連続で受賞します。


いや、さらっと書いてますけど、とんでもないことですよね?

世界の優良銘柄に3年連続で選ばれるって!



日本のコンクールで選ばれるなら分かり易いですよね?

日本人好みの味わいってあるので、世界基準からはちょっと違う。


でも、世界基準、むしろ世界一を競うコンクールで3年連続金賞受賞のワイン!

もはやこれは世界のワインといっても過言ではないでしょう!



というわけで、三澤彩奈さんの背景をさらっと垣間見たところでお待ちかねののミサワワイナリーのグレイスワインの銘柄を見ていきましょう!



グレイスワインでおすすめのワインは?

三澤彩奈さんが情熱を注いでいるグレイスワイン。

これは美味いに決まっています。

そのなかでおすすめのワインをいくつか紹介します。


□キュヴェ三澤シリーズ

d
参照元:http://nekke2.jp/1482.html

三澤彩奈さんの父でありオーナーでもある三澤茂計さんが、ブドウ栽培時からこだわった逸品です。

成熟したブドウを畑で選別し、じっくり丁寧に醸造して生み出されたワインです。

赤、白、明野甲州(白)の3種類があります。

気になるお値段ですが、このシリーズは人気が高いのでホームページ上ですら販売されていません。。。


いや、ホームページにあるのに販売されてないってどういうこと??


どうしても欲しい方はヤフーオークションで出品されているので、そこから購入してみてください。

銘柄によって異なりますが、1本7,000円前後のオークションスタートになっています。


□周五郎のヴァン



作家・山本周五郎さんがファンであった甘口ワインです。

甘口ですのでチーズやデザートとともに飲むのがおすすめです。

お値段は2,732円でグレイスワインのホームページでも購入可能です。



□シャルドネ


【ふるさと納税】【ミサワワイナリー】ピュアな味わい。心に響く2本セット R312☆ワインへの深い愛情、三澤 彩奈の溢れる想いを☆

こちらの商品はふるさと納税対応の商品になります。

シャルドネは白ワインですが、第一印象は果実系なのに白コショウやロースト香を感じるやや辛口な味わいが特長です。

果実とスパイス風味にオーク樽の風味が溶け合っているのに、アフターフレーバーに花の蜜を感じるなど、一度で深く広い味わいを楽しむことができます。


カベルネフランは赤ワインで、こちらも辛口系となっています。当然ながら紫系果実のフローラルさももちあわせつつ山椒などのスパイシーさも併せ持っており、冷涼さも感じる一品です。


□スパークリングワイン


中央葡萄酒 セレナ・シャルドネ・トラディショナル・メソッド Serena Chardonnay Traditional Method 中央葡萄酒 瓶内2次発酵 スパークリング スパークリングワイン 明野農場 菱山地区 山梨県 シャルドネ 三澤彩奈 ワイン 日本ワイン 750ml ドライ 辛口



□ワイナリーツアーもやっている

インターネット購入もいいですが、実際に足を運ぶのもいいですよね。

グレイスワインの住所は山梨県甲州市勝沼町等々力173です。



車の場合は中央高速勝沼ICから約10分で行けます。

電車の場合はJR勝沼ぶどう郷駅からタクシーなら約10分で着きます。


ぜひワイナリーツアーに参加して、雰囲気を感じながらワインを楽しんでください。


まとめ

三澤彩奈さんは「甲州葡萄の魅力を世界に広めたい」という決意で醸造家として活動しています。

「ワインは自分を写す鏡」と述べており、その半端ない情熱を注いだワインは絶品であること間違いなしです。

人気があるワインは購入が難しいですが、やはり一度は飲んでみたいですよね。

私はワイナリーに足を運んでみたいですね。

三澤彩奈さんにはこれからも美味しいワインを生み出してくれることに期待します。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です