K-1WGPジャパン2018年3月21日の武尊の対戦カードや結果は?優勝&注目選手は誰?

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

2018年3月21日にK-1WGPジャパンが開催されます。

「K-1史上最大のビッグマッチ」と言われており、すでに多くの格闘技ファンが開催を楽しみにしています。

やはり注目は「K-1WGP第4代スーパー・フェザー級王座決定戦トーナメント」ですよね。

過酷な1Dayトーナメントを誰が優勝するのでしょうか?

また優勝候補と言われている武尊選手の初戦の相手は誰でしょうか?

うーん今から気になって仕方がありません。

今回は武尊選手を中心に調べてみました。

他の注目選手とともに紹介します。

関連記事:K-1WGPジャパン2018年3月21日のテレビ放送や無料動画の視聴方法を調べてみた

Sponsored Links

まずは武尊選手のプロフィール

ここで武尊選手のプロフィールについて紹介します。

リングネーム:武尊(たける)
生年月日: 1991年7月29日
通称:ナチュラル・ボーン・クラッシャー
出身地:鳥取県
身長: 168センチ

武尊選手は1991年生まれの現在26歳です。

ちなみに本名は世川武尊と言います。

名前は歴史が好きなお父さんから「ヤマトタケルノミコト」にちなんで名づけられました。

キッカケはテレビでK-1を見たことです。

2011年にKrush.12でプロデビューを果たし、現在までの戦績は31勝1敗となっています。

下記がこれまでの獲得タイトルです。

・全中国アマチュアキックボクシングトーナメント2007 バンタム級 優勝
・西日本プロアマキックボクシングトーナメント2009 ライト級 優勝
・第114回、第115回、 第116回、第160回新空手道交流大会K-2トーナメント 軽量級(-60kg) 優勝
・第22回 全日本新空手道大会K-2グランプリ BUDO-RA賞
・初代Krush -58kg級王座
・初代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王座
・初代K-1 WORLD GPフェザー級王座

もし今回、武尊選手がスーパー・フェザー級トーナメントを制覇するとK-1史上初の3階級制覇を達成することになります。

武尊選手の1回戦の相手は?

武尊選手のスーパー・フェザー級トーナメント初戦の相手はスタウロス・エグザコスティディス選手です。

名前:スタウロス・エグザコスティディス
生年月日:1987年7月3日
身長:168センチ
出身地:ギリシャ
獲得タイトル:
WKBC世界スーパー・フェザー級王者
WAKO世界スーパー・フェザー級王者
ISKA世界スーパー・フェザー級王者

別名「THE IRON FIST(鉄の拳)」と呼ばれている選手です。

動画のパンチは重そうで破壊力ありそうですね。

私は喰らったら0.1秒で失神する自信があります。

ちなみに戦績は33勝8敗です。

やはり印象深いのは、去年のスーパーファイトで前王者の大雅選手をKOした試合ですよね。

鉄の拳と聞くと、魔裟斗選手と激闘を繰り広げた同じギリシャ出身のマイク・ザンビディス選手を思い出しますね。

どうやら2人は練習を共にしていた時期があったようです。

そこで強烈なパンチを伝授されたのでしょうか。

武尊選手はこの強烈なパンチを警戒しなければいけませんね。

また優勝まで3試合を戦わなければいけないので、体力を温存したまま勝つことも必要です。

そう考えると、初戦から厳しい相手ですね~。

ちなみに他のカードは

ト部弘嵩  VS 皇治
小宮山工介 VS スアレック・ルークカムイ
郷州征宜  VS ティムール・ナドロフ

このようになっています。

誰が勝ち上がっても、楽な試合はなさそうですね。

今大会の注目選手は誰?

今回のK-1は「K-1史上最大のビッグマッチ」と言われているだけあって

武尊選手以外にも

ト部弘嵩選手
ト部功也選手
野杁正明選手
大和哲也選手
久保優太選手
日菜太選手
ゲーオ・ウィラサクレック選手
平本蓮選手
木村フィリップミノル選手

など、まるでオールスター戦のように有名選手が参戦しています。

そのなかで今回、注目選手として紹介したいのは

松村英明選手です。

あの1月に開催された「格闘代理戦争」の優勝者です。

2試合連続でKO勝ちという強烈はパンチ力を持っています。

K-1代理戦争で使用したグローブは12オンスでしたが、今回は8オンスなのでKO決着が期待できます。

松村英明選手はプロ選手になるために仕事を辞めて、魔裟斗さんのオーディションに参加しています。

見事オーディション合格を果たし、魔裟斗さんの指導を受けながらトーナメントを制覇します。

まるで映画のようなストーリーですが、今回は第2章のプロファイター編となるわけです。

最初から見ている私は松村英明選手が気になって仕方ありません。

私と同じ気持ちの格闘技ファンもいるはず・・・。

関連記事:松村英明(格闘代理戦争)魔裟斗が認めたパンチとキックを動画で検証!試合の戦績まとめ

関連記事:中嶋志津麻(格闘代理戦争)の高校と進路は?戦績や武尊が推薦した性格がヤバい!

まとめ

K-1WGP、武尊選手の初戦の相手は「鉄の拳」ことスタウロス・エグザコスティディス選手です。

過去に武尊選手は2階級制覇をしているので、運営側はそれを考慮して弱い選手をぶつけてくるかと思いましたが、初戦からガチで厳しい相手ですね。

まあ、だからこそ面白いんですよね。

優勝選手予想ですが、やはり3階級制覇の快挙を見たいので武尊選手と予想させていただきます。

いやぁトーナメントも楽しみですが、他の試合も楽しみですね。

3月21日が待ち遠しい。

関連記事:K-1WGPジャパン2018年3月21日のテレビ放送や無料動画の視聴方法を調べてみた

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です