林晃汰(智辯和歌山)の出身中学や兄弟は?紀州ボーイズのシニア打率やホームラン数が凄い!

Pocket

今年の春の選抜高校野球大会2018は、春2連覇達成の可能性がある大阪桐蔭高校が注目を浴びています。

他の高校はこの2連覇を阻止しなければなりませんよね。

その大阪桐蔭高校を止める存在の1つとして智弁和歌山高校が挙げられます。

名門・智弁和歌山高校でスラッガーとして注目を浴びているのが林晃汰選手です。

とにかくパワーがすごいんです。

私は林晃汰選手が大会で何本ホームランを打つか非常に楽しみです。

さて、この林晃汰選手いったいどのような選手なのでしょうか?

とても気になるので、今回は林晃汰選手にスポットを当ててみました。

紀州ボーイズ時代の成績は?

出身中学は?

兄弟はいるの?


このような林晃汰選手に関わる疑問について調査しましたので紹介します。

Sponsored Links



林晃汰選手のプロフィール

名前:林晃汰(はやし こうた)
出身地:和歌山県
身長: 180センチ
体重: 90キロ
スタイル:右投げ左打ち
ポジション: サード



林晃汰選手は岩出小学校1年生の時から野球を始めます。

そして小学校6年生のときには阪神タイガース・ジュニアチームにも在籍経験があるんですね。

このジュニアチームは小学校高学年で結成されたチームで、入団するには選考会をクリアしなければいけません。

その選考会も一次~三次まであるらしく、それを合格した林晃汰選手は小学生の時から高い才能を持っていたことがわかります。


□紀州ボーイズシニア時代の成績が凄い!!

岩出中学時代には紀州ボーイズに入団した林晃汰選手。

中学時代の成績が凄いと噂になっています。

どうやら修学通算で32本のホームランを打っており、推定130メートルの場外ホームランも打っています。

中学生が130メートルも打球を飛ばすなんて、普通では考えられません。

やはり180センチという恵まれた体格と、強い背筋力からボールを遠くに飛ばしているのでしょう。

打率については特に詳しい情報は見当たりませんでしたが、ホームランに比べて打率は普通なので取り上げられていないかもしれませんね。

ちなみに紀州ボーイズでは中学2年、3年時に全国大会に出場しています。


□去年の夏の甲子園にも出場

林晃汰選手は去年の夏の甲子園にも出場しています。

興南高校戦ではセンターに豪快な一発を放っています。



なんというパワーでしょうか・・・。

ちなみに高嶋監督からは「長打力は歴代でも1位、2位」と評価されています。



兄弟はいるの?

林晃汰選手を調べていると「兄弟」というフレーズができます。

兄弟はいるのか調べてみましたが、こちらも特に詳しい情報見あたりませんでした。

ただ、お兄さんがいる可能性はあると思います。

なぜならばスポーツでは長男より次男・三男の方が優秀な成績を残すというデータがあるからです。

実際に一時期のサッカー日本代表ではスタメン全員が末っ子や次男だったことがあります。

兄弟で同じ競技をしている場合、長男は競技を始める時に身近な目標がいません。

それに対して次男と三男は兄という身近な目標がいるので、追いつこうと努力することが能力がアップする理由と考えられています。

まぁ長男でも優秀な選手はいますので、あくまでも一般論ですけどね。



実は怪我が多い!?

林晃汰選手は昨年の夏の甲子園終了後に右肘を故障して手術を受けています。

しかも過去には腰と膝の故障歴もあります。

いくら才能を持っている選手としての怪我には勝てませんよね。

今回春の選抜に出場している注目の選手の中で、林晃汰選手はプロ野球スカウトの評価が少ないです。

これはやはり怪我の影響もあると考えられます。



まとめ

林晃汰選手は紀州ボーイズ時代に32本のホームランを打ち、しかも場外ホームランを放っています。

そして去年の甲子園でも観衆がうなるような、センター方向へのホームラン。

やはりホームランってファンの心を鷲掴みにしますよね。

春の選抜でも豪快なホームランを打ってくれることを期待しています。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です