森下翔太(東海大相模)の出身中学や戸塚シニアの成績は?兄弟でトライアスロン選手ってマジ?

Pocket

2018年ドラフトの有力候補、東海大相模高校の4番バッター森下翔太選手の打撃がプロのスカウトから高評価を得ています。

甲子園でもヒットやホームランを量産してくれると私は期待しています。

皆さんもそうでしょ!!

この森下翔太選手ですが、なぜ激戦区である神奈川県の高校を選んだのでしょうか?

地方の高校に行けば、もっと甲子園に出場できる可能性が高まるのに・・・。

どうやらそこには本人の考えがあるようです。

そのほかにも兄弟がトライアスロン選手という噂も出ています。

今回は将来のドラフト候補・森下翔太選手のいろんな疑問や噂について調査してみました。

本人のプロフィールと共に紹介していきます。


Sponsored Links



森下翔太選手のプロフィール

名前:森下翔太(もりした しょうた)
出身地:神奈川県
身長: 180センチ
体重: 77キロ
ポジション:外野手




森下翔太選手は5歳から野球を始め、日限山中学時代には野球部ではなく戸塚シニアに入団します。

この戸塚シニアでも4番バッターを任されて、チームを全国大会に出場させています。


□なぜ東海大学相模高校を選んだのか?

上記でも軽く説明しましたが、高校野球の神奈川県予選は激戦区です。

私は2校代表でもいいんじゃないかと思っています。

森下翔太選手はなぜ東海大相模高校を選んだのでしょうか?

それには戸塚シニアのチームメートである齊藤大輝選手が関係しています。

この齊藤大輝選手が横浜高校に進学することを知ります。

そして「齊藤が横浜高校に進むと話してくれたので、僕は、齊藤と対戦して勝って甲子園に行きたいと思い、東海大相模へ行くことを決めました」と述べ、東海大相模に進学を決めます。

ライバルを倒したいから違う高校に行く・・・って、まるでマンガのような世界ですね。

確かに他県の高校に入ってしまうと甲子園でしか対戦することはできません。

だからあえて同じ神奈川県内の高校を選んだのでしょう。


バッターとしての特徴

バッターにはイチロー選手や松井秀喜選手のようにいろんなタイプがいます。

森下翔太選手はとにかくスイングスピードが速い、力強い打球を打つバッターです。

これまでの通算ホームランは44本で、 2年生の春には保土ヶ谷球場で場外ホームランを打っています。

去年の夏は甲子園に出場することができませんでしたが、予選5試合で打率0.444という素晴らしい成績を残しています。

どうやらアベレージヒッターでもあるようですね。

ちなみに森下翔太選手はホームラン数の目標を65本と定めています。

この65本という数字は東海大相模高校OBで日本ハムファイターズで活躍している大田泰示選手のホームラン数です。

高校時代の大田泰示選手もパワーヒッターでしたね。

まずは偉大なる先輩超えって感じですね。


兄弟がトライアスロン選手って本当?

森下翔太選手の兄弟がトライアスロン選手という噂が出ています。

これについて調べてみたところ、同姓同名のトライアスロン選手がいるようです。

「森下翔太」という名前はちょっと珍しいので、それが「兄弟」というように変化していったのでしょう。



スカウトの評価は?

ドラフト候補と言われている森下翔太選手。

各プロ野球球団のスカウトはどのように評価しているのでしょうか?

中日 「飛ばす力は高校生で抜けている。足もあるし、走攻守のバランスもいい。ひと冬越えた成長ぶりが楽しみ」

「今夏の横浜スタジアムで打った本塁打はスゴかったです。スケールの大きさを感じます。シュッとした感じで動けそうですし、右打ちの外野手で本塁打が打てるのは大きな魅力です。

DeNA 「リストが強くてヘッドをうまく利かせられる。来年のドラフト候補」


中日ドラゴンズが高く評価をしていますよね。

もしかしたら指名するのかな。

私としては地元のDeNAに行ってほしいです。



まとめ

森下翔太選手は春の選抜に向けて「センバツに出られたら、チームの勢いをつけるバッティングがしたい。チャンスで確実に打ちたい」と述べて大会優勝を目標に掲げています。

今大会は大阪桐蔭をはじめ、多くの強豪校が出場しているレベルの高い大会です。

森下翔太選手のバッティングでチームを引っ張っていってほしいです。

私はホームランを期待します。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です