陳健一の麻婆豆腐店の店舗の場所とオススメメニューは?結婚した奥さんと息子とは不仲説が!

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

最近はいろんな有名店のシェフや板前さんがテレビに出演して、その高い技術を披露しています。

さすが第一線で活躍しているプロの技術はハイレベルで勉強になりますね。

昔からテレビに出演している有名料理人と言えば、陳健一さんではないでしょうか。

ある程度の年齢の方なら「中華の鉄人」として覚えているでしょう。

この陳健一さんはテレビで頻繁に見ていますが、料理はどのくらい美味しいのか実際に食べてみたいですよね。

今回はこの陳健一さんが働いている麻婆豆腐店の場所とその店のおすすめメニューについて調査してみました。

もし場所が近かったら私は行ってみようかな・・・。

また陳健一さんは成功している裏には家族と不仲になっているという噂も出ています。

これは本当なのでしょうか?

この件についても紹介していきます。


Sponsored Links



陳健一さんのプロフィール

まずは陳健一さんのプロフィールについてです。

名前:陳健一(ちん けんいち)
生年月日:1956年1月5日
出身地:東京都


f
参照元:matome.naver.jp

陳健一さんは1956年生まれの現在62歳です。

お父さんは料理人の陳健民さんです。

このお父さんは日本国内での四川料理の第一人者と言われており、普段私たちが好んで食べている「エビのチリソース」を発明した人です。



エビのチリソースなんて・・・超大ヒット商品じゃないですか!!


陳建一 エビチリソース 150g×6袋

あと陳健民さんは中国人でお母さんの洋子さんは日本人なので、陳健一さんはハーフなんですね。


□本名は?

陳健一さんの本名は東健一(あずま けんいち)と言います。

お父さんの陳健民さんが日本に帰化した時の名前が「東健民」なので、苗字は「東」になるわけです。

やはり料理界に名前が知れ渡っている陳健民さんの息子ということで、そのまま「陳」という苗字を使用したのでしょう。


これまでの経歴は?


料理人って若くして料理の世界に飛び込むイメージがありますが、陳健一さんはなんと大学を卒業してから料理の世界に飛び込みます。

玉川大学文学部英米文科を卒業しているので、陳健一さんは英語がペラペラなんですかね?

イメージとしてはやはり中国語がペラペラなイメージですが。。



大学卒業後に父の陳健民さんがオーナーの「四川飯店」で料理の修行を行います。

そして陳健民さんが他界したことで、後を継ぐ形で「四川飯店」のオーナーになります。

陳健一さんと言えば、上記で説明したように「料理の鉄人」で有名ですよね。

いろんなジャンルの料理人との真剣勝負は大変見ごたえがありました。


ちなみに第1回から最終回まで、交代せずに出演していたのは陳健一さんだけです。

まさに鉄人!!

Sponsored Links

麻婆豆腐店の場所はどこ?

「四川飯店は高い!!」という方のために、陳健一麻婆豆腐店を紹介します。

場所はどこにあるのでしょうか?

木場店
東京都江東区木場1-5-10深川ギャザリアレストラン街一階

TEL:03-5857-2164



立川店
東京都立川市柴崎町3-2-1グランデユオ 7階

TEL:042-540-2294



みなとみらい店
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1ランドマークプラザ1F

TEL:045-222-5111



□おすすめメニューは?

陳健一麻婆豆腐店のおすすめメニューはなんでしょうか?

それはズバリ


麻婆豆腐です!!



当たり前だろ!!


とツッコミが聞こえそうですが、ここのお店の麻婆豆腐は本当に美味しいんですね。

辛さの調節が出来るので、辛いのが苦手な人でも食べられます。

値段はどのメニューも1,000円~2,000円なので、リーズナブルに本格中華を楽しめます。


また、中々お店に行けない人には通販で取り寄せることもできますよ!


陳麻婆 陳麻婆豆腐 調理用(50g*4袋入)



家族と不仲って本当?

陳健一さんと家族が不仲という噂が流れています。

調べてみましたが、特にそのような情報はありませんでした。

息子の陳健太郎さんも陳健一さんから赤坂・四川飯店の経営を引き継いでいます。

f
参照元:http://stance123.com/archives/4046

父から受けた伝統をしっかり息子に引きついでいるんですね。

奥さんに関しては一般人なので有力な情報はありませんが、陳健一さんの活躍を陰で支えてくれた優しい奥さんだと思います。



まとめ

陳健一さんの経営する陳健一麻婆豆腐店は木場、立川、みなとみらいの3店舗があります。

そして家族と不仲説が出ていますが、それはただの噂のようです。

父の陳健民さんは「料理は愛情」というセリフを頻繁に述べており、陳健一さんはその言葉を座右の銘にしています。

料理人の料理はお客さん相手なので家族のように愛情が入っていないかもしれません。

しかし陳健一さんの料理はしっかり愛情が入っているから、いつまでも人気が高いのでしょう。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です