山口真由(東大主席弁護士)の勉強法や出身高校は?美人の妹や家族の学歴も凄い!

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

「東大の首席」と聞くと、その世代で一番頭がいい印象を受けます。

・・・というか、実際は本当に頭がいいのでしょう。

東京大学を首席で卒業し、現在は弁護士として活動している山口真由さん。

どうしたらそんなに頭が良くなるのでしょうか?

今回は山口真由さんの勉強法や学歴にスポットを当ててみました。

やはり天才は凡人とやり方が違うのでしょうか・・・。

また頭のいい人は家族全員も勉強ができる傾向にあります。

それなので山口真由さんの家族の学歴も調査してみました。

どうやら山口真由さんの妹は美人らしいです・・・・。

うーん、全て気になりますねぇ。

関連記事:三浦瑠麗が左翼的だが国籍や出身地はどこ?経歴や結婚相手も調査!

Sponsored Links

山口真由さんのプロフィール

まずは山口真由さんの基本的プロフィールをどうぞ。

名前:山口真由(やまぐち まゆ)
生年月日:1983年7月6日
出身地:北海道札幌市
職業:弁護士

山口真由さんは1983年生まれの現在34歳です。

気になる学歴ですが

筑波大学付属高校
東京大学法学部(総長賞受賞、首席卒業、国家公務員1種合格、司法試験合格)
ハーバード大学法科大学院

このような学歴になっています。

なんですか、この絵にかいたような高学歴は・・・。

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。 [ 山口 真由 ]

ここまでテンプレートな高学歴の方って中々お見掛けしないものですが、もしそういった経歴に興味がある、お子さんに目指してほしいって方はまずは山口真由さんの真似をすることをお勧めします。

どんな凄いことも、オリジナルで出来る人は本当の天才ですけど、ある程度なら実績を出した人を真似することで近づけますからね。

まずは読んでみて勉強した気分になりましょう!

あと、個人の努力は書籍にもあるように大事ですが、勉強や知恵ってまわりの環境も大事ですよね。

きっと山口真由さんのご家族の経歴も凄い人たちなんでしょう!

ちょっと家族のことも調べてみましょう。

家族の職業が凄い!!

山口真由さんには両親と妹がいます。

その両親と妹の職業がなんと医者なんです。

ということは山口真由さん以外の家族は大学の医学部卒業だと思います。

な・なんというDNA!!

さて妹さんが可愛いという噂ですが、実際に画像を探してみました。



参照元:http://www.mayuyamaguchi.com/archives/1058378974.html

左側が妹さんです。

噂通りの美人ですねぇ。

しかも頭がいい・・・神様、才能を与えすぎです・・・。

□なんで医者にならなかったの?

医者の子供が医者になるケースは結構あります。

実際に妹さんは医者になっています。

ここで疑問が1つ、なんで山口真由さんは医者にならなかったのでしょうか?

そのことについて本人はインタビューで

「解剖の実習のたびに貧血気味になるので、『私には無理だな』と早々にその道は絶ちましたね」

このように述べています。

つまり体質が合わなかったということです。

手術のたびに貧血で倒れていたら緊急の手術などに対応できませんよね。

体質は仕方ないですよね~。

Sponsored Links

経歴について

山口真由さんの経歴について紹介します。

□官僚になる

医師の道を諦めた山口真由さんですが、すぐに弁護士になるわけではありません。

子供の頃に見た「官僚たちの夏」というドラマで、日本のために奮闘する姿に感動して官僚を目指します。

そして東京大学卒業後に官僚として財務省に入省します。

調べてみると財務省官僚というのはここ5年の平均ですと、20人/年ほどの採用のようです。

出典:財務省HP>財務省本省採用情報等

その20人に入ることが凄いですが、やはり東大主席がめざすべきは官僚。

しかも財務省という、これまたテンプレートすぎるエリート街道ですね・・・。

□その後弁護士の道へ

山口真由さんは財務省で2年間働きますが退職してしまいます。

その理由は

「勉強に費やした日々のように夢中にはなれなかった」

と述べています。

東京大学在籍時に司法試験に合格していたので(←これも凄いこと)その後は大手弁護士事務所で働きます。

しかし、ここでも自分が夢中になれないという理由で退職します。

そして自分を見つめなおすためにハーバード大学院に留学するんですね。

表面上だけ見ると「東京大学→財務省→大手弁護士事務所→ハーバード大学院」という華麗な経歴ですが、その裏には山口真由さんの葛藤があったようです。

クールなイメージがありますが「夢中」というフレーズを使っていることから、意外にも熱い情熱家のなんですね。

現在は弁護士だけでなく、タレント大学院で研究者を目指しています。

まだ勉強しているんですね・・・。

Sponsored Links

勉強法はシンプル!!

東大主席、司法試験合格などハイレベルの知力を持っている山口真由さん。

きっと勉強法も凡人には真似できない方法なのでしょう・・・と思ったら、ちょっと違いました。

方法は非常にシンプルで参考書等を「7回読むこと」だそうです。


東大首席が教える超速「7回読み」勉強法【電子書籍】[ 山口真由 ]

それにより、内容が頭のなかに入っていくようです。

私の場合は、参考書って「1回で覚えなきゃ!!」というプレッシャーのなかで読んでいましたが、もっとリラックスして読んでもいいみたいですね。

「簡単じゃん!!」と思うでしょうが、これを継続することが出来るかが重要だと思います。

天才とは努力を続けられる人のことであり、それには方法論がある。 [ 山口 真由 ]

これは余談ですが、、、

私も勉強は好きではないですけど、一度だけ高校の定期テスト数学Ⅲだったかで満点を採ったことがあります。

そこまで進学校ではなかったのでオリジナルの激ムズな問題ではなく、参考書(問題集)からの抜粋テストでした。

満点を獲得した時の勉強法は、その参考書を3回解いた覚えがあります。

さすがに3回も同じ参考書を解いていると、もう問題を見た瞬間に答えが出てきて、あとは公式を当てはめるだけな状態になったことがあります。

そのテストではいつも数学で勝てない友人にも勝てたので、とても鼻が高くなって気分が良かったですね~。

しかし、その後のテストでそこまで熱をいれて継続しなかったので、本当にその1回だけでした(笑)

やはり凡人との違いは、そういったコツコツ努力を継続して、自分の実に出来るかということですね。

まとめ

山口真由さんは東京大学主席卒業とハーバード大学院留学という高学歴の持ち主です。

そして勉強法は「7回読むこと」がコツなんですね。

ただ勉強に対して上記のように「情熱」という言葉を使っていたので、根底には熱い物がエネルギーになっていたのでしょう。

私は勉強ができないと環境や自分の能力のせいにしていましたが、やはり勉強に真摯に向かう情熱がなかったんですね・・・。

反省します・・・。

関連記事:三浦瑠麗が左翼的だが国籍や出身地はどこ?経歴や結婚相手も調査!

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です