成田緑夢(ぐりむ)の彼女やイケメンな性格とは?名前の由来や兄姉と両親についても

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

今年開催された平昌パラリンピックでスノーボード

・男子バンクドスラローム
・男子クロス


この種目で金メダルと銅メダルを獲得した成田緑夢(ぐりむ)選手。

世界トップレベルのアスリートでありながら、普段は優しい好青年のようです。

この成田緑夢選手に関して私たちはアスリートの一面しかわかりませんよね。

普段はどんなキャラクターなのでしょうか?


今回はこの成田緑夢選手についてスポットを当ててみました。


・彼女はいるの?

・性格がイケメンって本当?

・「緑夢」という名前の由来は?



成田緑夢選手についてこれら様々な疑問について調査してみました。



あと気になるのは成田という苗字ですよね。

スノーボードで成田と言えば・・・あの家族ですよね。

その他に人生を変えた怪我と障害についても調査しました。

こちらもプロフィールと一緒に紹介します。


Sponsored Links



成田緑夢選手のプロフィール

最初は成田緑夢選手の基本的なプロフィールです。

いったいどんな男性なんですかね~。


名前:成田緑夢(なりた ぐりむ)
生年月日:1994年2月1日
出身地:大阪府
身長:172センチ
体重:60キロ




成田緑夢選手は1994年生まれの現在24歳です。

こんなにチャーミングな笑顔が似合う24歳ってなかなかいないですよ。

ますます興味がわいてきましたので、まずはスノーボード伝説から行ってみましょう!



スノボを始めたキッカケは?

成田緑夢選手はお父さんがスノーボードコーチの成田隆史さんです。

そして後程詳しく紹介しますが、兄の成田童夢さんと姉の今井メロさんも有名スノーボード選手という「スノーボード一家」に生まれました。

そのため1歳からスノーボードを始めるんですね。

4歳のころには長野オリンピックのデモンストレーターを務めるだけでなく、小学校の時から国際大会の出場経験もあります。

しかも6歳の時にバンクーバーオリンピック金メダリスト・ショーンホワイト選手の難技「ダブルマックツイスト1080°」を一発で決めたようです。

これについて兄の成田童夢さんは当時のブログで



「その技を…ウチのグリムが…

一発で決めやがった((((゜д゜;))))

5年間、パイプにすら入ってなかったのに…」


参照記事:https://ameblo.jp/narita-dome/entry-10484942750.html

と、その衝撃を述べています。

これぞまさしく神童ってやつですね。



スノボ以外でも高い身体能力

成田緑夢選手は上記のようにスノーボードで金メダルと銅メダルを獲得しています。

この成田緑夢選手はスノーボード以外にも

・フリースタイルスキー
・トランポリン
・陸上選手


これらの肩書を持っています。

しかも上宮高校時代はトランポリン競技を行っており、全国高校選手権では歴代最高の16.3点を叩き出しています。

この時はトランポリン選手でオリンピックを目指していたようであり、当時のお父さんは



「目標は6年後の五輪(リオ)。世界、中国を見て、やってる」


参照記事:http://www.heavysnowker.com/archives/51618046.html

このように述べており、成田緑夢選手のために200万円のトランポリンを購入したようです。

まぁ、お父さん太っ腹!!



ちなみに200万円はしませんが、市販で購入できる高額トランポリンがこちら。




うーん、これは高く飛べそうですが、落ちたら痛そうですねー。。


事故について


上記のように高い身体能力を持ち、将来を期待された成田緑夢選手ですが、ある事故で人生が一変します。

2013年4月、トランポリンの練習中の事故により左足腓骨神経麻痺という重症を負います。


□左足腓骨神経麻痺とは?

成田緑夢選手が負った「腓骨神経麻痺」とはどのような怪我なのでしょうか?

腓骨とはすねの外側にある骨のことを言います。

d
参照元:https://allabout.co.jp/gm/gc/446589/

腓骨神経麻痺は感覚が障害されて痺れを感じたり、触った感触が鈍くなることがあります。

そして背屈(つま先を上げること)が出来なくなってしまいます。

重りをつけたままトランポリンの練習をしていた時に、バランスを崩して落下したことが原因のようです。

この事故により足に障害が残ってしまいます。

将来が期待されていた成田緑夢選手にとって、身体的・精神的にも痛すぎる事故だったでしょう。


不屈!!ハーフパイプ競技復帰!!


将来を約束されたアスリートが障害を負うまでの事故に遭うって・・・壮絶すぎて言葉が出ません。

上記のように成田緑夢選手はトランポリンでオリンピックを狙っていたので、この事故により多くの人は選手生命が絶たれたと思ったでしょう。

私だったら自暴自棄になってしまいます・・・。

なぜこのような大けがを負いながら、成田緑夢選手はアスリートとして復活したのでしょうか?

Sponsored Links

□復帰のキッカケは1通のメッセージ


負傷で入院していた成田緑夢選手は、退院後に友人に誘われてウェイクボードを行います。

そして大会に出場して見事優勝!!

っていうか負傷しながらも一般の大会で優勝って・・・どんだけ運動神経あるんですかね。

その活躍に感動した人が成田緑夢選手に



「怪我をしても頑張っている緑夢君を見て、勇気をもらいました。ありがとう。」


参照記事:https://nobury.com/gurimu/#i-2

このようなメッセージを送ります。

このことがキッカケで成田緑夢選手は



「自分がスポーツをすることで、誰かを励ませるかもしれない」


参照記事:https://siromama.com/naritagurimu-10652#i


このように感じ、障害を乗り越えてスノーボードハーフパイプ競技に復帰するんですね。



□性格がイケメン

もし成田緑夢選手が自分のことしか考えない性格だったら、多分復帰はしていないでしょう。

成田緑夢選手は「誰かのために」と、人に対して優しい性格だから復帰できたのでしょうね。

優しさと不屈の精神を持ち合わせているって、男として最高っす!!



復帰してからの成績が下記のとおりです。

〇フリースタイルスキー
2013年
フリースタイルスキー世界選手権 ハーフパイプ・9位
フリースタイルスキー世界ジュニア選手権 ハーフパイプ・優勝

〇スノーボード
2016年~2017年
IPC・スノーボードワールドカップ タホ大会 スノーボードクロス(SBLL-2)優勝
IPC・スノーボードワールドカップ 平昌大会 バンクドスラローム(SBLL-2)優勝
全国障害者スノーボード選手権大会 スノーボードクロス(下肢障害その他)優勝

2017年~2018年
IPC・スノーボードワールドカップ フィンランド大会 スノーボードクロス(SBLL-2)優勝
IPC・スノーボードワールドカップ カナダ大会 スノーボードクロス(SBLL-2)優勝/バンクドスラローム(SBLL-2)優勝
全国障害者スノーボード選手権大会 スノーボードクロス(下肢障害その他)優勝

〇陸上
2016年
日本パラ陸上選手権 走り高跳び(T44《下肢障がい》)2位

2017年
日本パラ陸上選手権 走り高跳び(T44《下肢障がい》)2位
走り幅跳び(T44《下肢障がい》)2位



そして平昌パラリンピックで金メダル獲得って、カッコ良すぎ!!



彼女はいるの?


成田緑夢選手に彼女はいるのでしょうか?

見た目も爽やか、性格もいいんですから相当モテるでしょう。

しかし彼女について詳しい情報は見当たりませんでした。

な・なんと・・・こんな素晴らしいイケメンがフリーだなんて・・・。

もしかしたら、秘密にしているだけかもしれませんね。

成田緑夢選手は彼女に優しそうな気がします。

困難を乗り越えたことで人の痛みや苦しみをより理解する性格になったかもしれませんね。

ちなみにこちらが筋肉画像です。

d
参照元:http://grabsuccess.jp/narita-seikaku-kinniku

なんという筋肉美!!

この画像で女性ファンがさらに増えたはず・・・。

Sponsored Links

家族について

成田緑夢さん一家は上記のようにスノーボード一家でお父さんの隆史さんはスノーボードコーチです。

成田緑夢選手が負傷して医師から選手復活は難しいと告げられた時に



「あなたは神ですか?」



参照記事:http://hotword-coolword.com/sports/narutagurimu-ryousin-kyoudai/

このように医師に噛みついたようです。

医師に噛みついてまで自分の息子の復帰を信じるなんて・・・感動して泣けます。

そして母のさんはパラリンピックの時に現地に応援に行き、メダル獲得時は涙を流して喜んでいます。


※2:25~

お母さんが一番成田緑夢選手のことを心配していたと思います。

お母さんの涙にも、もらい泣き・・・・。


□兄と姉も一流選手

成田緑夢選手のお兄さんとお姉さんも一流選手なんです。

まずお兄さんの成田童夢さんはスノーボード・ハーフパイプ日本代表でトリノオリンピックに出場しています。



お姉さんの今井メロさんも同じ種目でトリノオリンピックに出場しています。



兄弟そろってオリンピック出場って凄いことですよね。

やはり上記のようにご両親が情熱をもって子供を信じているからこそ、子供達がその期待に応えたのだと思います。


□名前の由来について

成田家の3人の名前を見てみると

・童夢
・メロ(夢露)
・緑夢


このように「夢」という漢字が入っています。

隆史さんは「夢くらぶ」というトランポリン教室を経営しているので、「夢」が好きなのでしょう。

そして「緑夢」という名前ですが、多分「グリム童話」から引用しているのではないかと予想します。

「ぐりむ」って一発で覚えられますよね。



まとめ


成田緑夢選手は障害が残る負傷を負いながらも、人を励ますために復活します。

金メダルを獲ったので、「これで終わりか?」と思いきや、今度は東京パラリンピックに目標を変えて日々努力しています。

種目は未定ですが陸上かトライアスロンの可能性が高いです。

参照記事:https://www.nikkansports.com/olympic/paralympic/news/201803280000229.html


ハンデを負いながらも前に向かっていく姿勢は見ている人に勇気を与えますよね。

っていうか、本人はハンデと思っていないかも・・・。

私もその姿勢を見習いたいと思います!

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です