【甲子園2018】夏の日程や前売りチケットの予約方法は?決勝の試合時間や組合せもチェック

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

今年も高校野球の季節がやってきましたね。

この場所から未来のニューヒーローが誕生するかもしれません・・・いや、しますよ。

毎年、まるで漫画のような展開に高校野球ファンをやめられない人も多いでしょう。

何を隠そう、私も高校野球中毒ファンの1人です。

テレビで甲子園を観るのもいいですが、実際に甲子園球場で試合を観ると全く迫力が違います。

行ったことがない人はぜひ行ってもらいたいです。

今回は2018年夏の甲子園にスポットをあててみました。

・大会の日程は?
・前売りチケットの予約方法は?
・決勝の試合時間は?
・宿泊施設の予約方法は?


これらの疑問について調査しましたので、大会の魅力も含めて紹介します。


Sponsored Links



□今年は第100回記念大会!!

今年の甲子園はいつもの甲子園とちょっと違います。

なんと100回記念大会なんです。

そして今大会のキャッチフレーズは

「本気の夏、100回目」

です。

100回って凄くないですか?

だって1世紀ですよ。

どれだけ高校野球が長年国民から愛されていたのかがわかりますね。


100回記念大会は出場校も多い

甲子園は各都道府県の代表校が出場します。

普通だと2校出られるのは東京(東東京・西東京)と北海道(北北海道、南北海道)だけでした。

それ以外の代表校は各都道府県1校という非常に狭い門なんです。

大阪府では去年の春の選抜決勝に進んだ大阪桐蔭と履正社が同じ予選に出場していました。

しかし今回の大会は予選参加校が多い

・埼玉
・千葉
・神奈川
・愛知
・大阪
・兵庫
・福岡


この7地区は東西もしくは南北に分かれて、2校出場することができます。

毎年49代表校でしたが、今年は56代表校で真紅の優勝旗を争います。

これは選手にとっても甲子園に出られるビッグチャンスなんです。

また出場校が多いということは開催日程も長くなるので、高校野球ファンとしては有難いですよね。

いやぁ毎年、神奈川県や大阪府の決勝を見て「決勝で負けたチームも甲子園に出たら結構強いだろう」と思っていました。

今年の甲子園では神奈川県や大阪府の代表校2チームは結構上に行くかもしれませんね。


Sponsored Links

□大会の日程は?

さて今年の甲子園はいつからいつまで開催されるのでしょうか?

今大会は8月5日から開催し、第一試合は開会式後の10時30分からプレイボールです。

下記がその後の大会日程です。

8月5日 1回戦
開会式
第一試合 10:30~
第二試合 13:00~
第三試合 15:30~

8月6日 1回戦
第一試合 8:00~
第二試合 10:30~
第三試合 13:00~
第四試合 15:30~

8月7日 1回戦
第一試合 8:00~
第二試合 10:30~
第三試合 13:00~
第四試合 15:30~

8月8日 1回戦
第一試合 8:00~
第二試合 10:30~
第三試合 13:00~
第四試合 15:30~


8月9日 1回戦
第一試合 8:00~
第二試合 10:30~
第三試合 13:00~
第四試合 15:30~

8月10日 1回戦
第一試合 9:30~
第二試合 12:00~
第三試合 14:30~

8月11日 1回戦・2回戦
第一試合 8:00~
第二試合 10:30~
~ここから2回戦~
第三試合 13:00~
第四試合 15:30~


8月12日 2回戦
第一試合 8:00~
第二試合 10:30~
第三試合 13:00~
第四試合 15:30~

8月13日 2回戦
第一試合 9:30~
第二試合 12:00~
第三試合 14:30~

8月14日 2回戦
第一試合 9:30~
第二試合 12:00~
第三試合 14:30~

8月15日 2回戦
第一試合 8:00~
第二試合 10:30~
第三試合 13:00~
第四試合 15:30~

8月16日 3回戦
第一試合 8:00~
第二試合 10:30~
第三試合 13:00~
第四試合 15:30~


8月17日 3回戦
第一試合 8:00~
第二試合 10:30~
第三試合 13:00~
第四試合 15:30~

8月18日 準々決勝
第一試合 8:00~
第二試合 10:30~
第三試合 13:00~
第四試合 15:30~

8月19日 休養日

8月20日 準決勝
第一試合 10:00~
第二試合 12:30~


8月21日 決勝
14:00~
閉会式


参照記事:http://www.jhbf.or.jp/sensyuken/2018/schedule/


決勝戦は午後2時からプレイボールです。

「平日だから空いているだろ~」と甘い考えを持ってはいけません。

高校野球ファンにとって夏の甲子園の決勝は1年に1日しかありません。

夏季休暇をずらしたり、有給休暇で球場に足を運ぶ社会人ファンも多いはずです。

もし決勝戦を球場で観戦したい場合は、前もって準備しておいたほうがいいでしょう。

そのほかに8月19日は休養日です。

間違って甲子園に来ても何もないので注意してください。


レジェンド達の始球式

今大会は過去に甲子園で活躍した元選手が始球式に登場します。

下記が日程と出場者です。

5日 松井秀喜(星稜)
6日 石井毅(現・木村竹志、箕島)
7日 定岡正二(鹿児島実)
8日 牛島和彦(浪商)
9日 平松政次(岡山東商)
10日 谷繁元信(江の川)
11日 水野雄仁(池田)
12日 本間篤史(駒大苫小牧)
13日 坂本佳一(東邦)
14日 中西清起(高知商)
15日 安仁屋宗八(沖縄)
16日 板東英二(徳島商)
17日 金村義明(報徳学園)
18日 中西太(高松一)
20日 第一試合・桑田真澄(PL学園)、第二試合・佐々木主浩(東北)
21日 太田幸司(三沢)、井上明(松山商)

参照記事:mainichi.jp


タレントの板東英二さんも登場します。

若い人は板東英二さんがただのゆで卵好きのタレントと思っているかもしれませんが、甲子園の一試合の奪三振記録を持っている偉大なピッチャーだったんです。

ちなみに三振数は25個で、この記録はいまだに破られていません。

私は初日の松井秀喜さんに注目しています。

松井秀喜さんと言えば伝説の「5打席連続敬遠」ですよね。

先日のワールドカップ対ポーランド戦で、西野朗監督が決断した10分間のボール回しは強く非難されましたよね。

当時の5打席連続敬遠もいろんな人やメディアから避難されたのを覚えています。

あれからもう16年も経過するんですね・・・どうりで私も年をとったわけですわ。

Sponsored Links

□甲子園球場への行き方は?

甲子園球場は大阪にあるイメージですが、実は兵庫県にあります。

所在地は兵庫県西宮市甲子園町1-82




電車で来る場合

電車で来る場合は阪神電車で甲子園駅に行き、西口改札から徒歩3分で球場に着きます。

運賃は梅田駅、神戸三宮駅ともに大人片道270円です。

球場帰りは駅が混雑するので、あらかじめ往復券(540円)を購入することをすすめます。

ちなみに球場には駐車場がないので、車ではあまり来ないほうがいいと思います。

その他にも伊丹空港から直通のバス(大人片道720円)が出ています。

空港に到着したら、すぐに甲子園に行きたい!!」という人は空港直通バスを利用してください。



□チケット購入方法について


これから夏の甲子園のチケット購入方法について紹介します。


チケット料金はいくら?

甲子園球場は座る席によって値段が異なります。

下記が料金表です。

中央特別指定席 2,800円
1・3塁特別自由席 大人:2000円 子供:800円
アルプス席 800円
外野自由席 大人:500円 子供:100円


s
参照記事:blog.livedoor.jp


去年と比べて全体的にチケット料金の価格が上がっています。

特に去年まで外野席は無料であったのに、今年から大人500円・子供100円となっています。

確かに「値上がり」ってあまり印象は良くないですが、大人はたった1コインで白熱した試合が観られるんですから安いものだと思います。


通し券とは?

「毎日甲子園に来て高校野球を観戦するから、来るたびにいちいち並んでチケットなんて買いたくない!!」

このような人には通し券がおすすめです。

通し券は16日間、つまり大会期間中のチケットが1枚つづりになっています。

簡単に言うと回数券みたいなものです。

これをあらかじめ購入しておけば、チケット売り場に並ばずに球場へ入れます。

価格は

・中央特別指定席 44,800円
・1・3塁特別自由席 32,000円


このようになっています。


□前売りチケットの予約方法は?

早くチケットを購入したい人のためにチケットの予約方法について紹介します。

前売りで購入できるのは

・中央特別指定席の通し券
・1・3塁特別自由席の通し券
・中央特別指定席 単日
・1・3塁側特別自由席 単日


この4種類だけです。

中央特別指定席の通し券は6月20日10時から販売開始で、その他のチケットは7月18日10時からローソンチケット、チケットぴあ、セブンイレブンで購入可能です。

チケット購入の注意点として

・中央特別指定席は自由席ではなく全席指定
・中央特別指定席の当日販売はない
・単日券は5枚まで購入可能
・第1試合成立後に雨天中止になっても払い戻しなし


これらが挙げられます。

つまり中央特別指定席は前もって購入しなければ、席に座れないということですね。

これは急いで購入しなければいけませんね。


□宿泊施設の予約について

連日、甲子園で観戦したい人のために宿泊施設の予約方法についても紹介します。

甲子園球場から1キロ以内のホテルは

・ホテルヒューイット甲子園
・甲子園 ホテル 夕立荘
・ホテルリッツ甲子園
・やっこ旅館


これらがあります。

甲子園に時期は絶対に宿が取りにくいので、あらかじめ予約しておいたほうがいいでしょう。

予約方法は普通の旅行でホテルを予約するのと同じで、楽天トラベルなどのサイトや各ホテルのホームページからでも予約可能です。











夜飲みにいきたいのであれば、梅田がおすすめ

昼は甲子園で野球観戦。

夜は繁華街で飲みたい。


このようなゴールデンコースを考えている人は梅田で宿泊施設を探すことをおすすめします。

上記のように梅田駅から甲子園まで電車なら20分以内(特急)で行くことが可能です。

ちなみに私は宿泊費を安く済ませたかったので、梅田駅のカプセルホテルに宿泊しました。

もちろんホテル探しは旅行サイトで探すことができます。






□過去の記念大会も凄かった

1998年、2008年にも記念大会が開催されました。

1998年は平成の怪物・松坂大輔投手率いる横浜高校が優勝しました。



この年の大会は後にプロ野球で活躍する選手が全国に散らばっており、まるで漫画のようでした。

そして横浜高校は

準々決勝:PL学園と延長17回の死闘
準決勝:明徳義塾高校、8回からの逆転
決勝:京都成章 ノーヒットノーラン


このような試合を制して全国制覇します。

2008年は現西武ライオンズに所属する浅村栄斗選手が、キャプテンとして活躍した大阪桐蔭高校が優勝しています。



今年の大阪桐蔭高校も全国制覇するのではないかと注目を浴びています。



□タイブレークとは?

夏の大会は今回からタイブレーク制が導入されます。

これは選手の健康管理を考慮したものです。

例年だと延長は15回まで試合を行っていましたよね。

しかし今大会の1回戦から準決勝までは延長13回から「ノーアウトランナー・1塁2塁」から開始されます。

タイブレーク制の場合は延長に制限はありませんが、すぐに決着がつく可能性があります。

ただ決勝戦のみ延長15回まで普通に戦い、それ以降は翌日再試合になります。

高校野球で肩と肘を酷使したために、次のステップで思うように活躍できなかった選手は多かったと思います。

未来ある選手のためには大変良いルールだと私は思います。





□まとめ

第100回となる夏の甲子園大会は8月5日から8月21日まで開催されます。

決勝戦は8月21日午後2時プレイボール予定です。

そしてチケットはチケットぴあやコンビニエンスストアで前売りしています。

中央特別指定席は当日発売していないので気を付けてください。

この記事は今後、代表校が決まった場合など随時更新していきます。

1年に1度の大イベント・夏の甲子園をともに楽しみましょう。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です