杉田水脈議員のLGBT炎上発言の見解や真意とは?削除されたツイッター画像についても

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

ツイッターは本当に影響が大きいSNSですよね。

人それぞれ意見や見解は異なると思いますが、その発言が間違ったものや偏見的なものであった場合は真意は別にあったとしても受け取られ方によっては集中砲火で炎上します。

場合によってはマイナスイメージがついてしまうものなので、インターネット上の発言には特に取扱いに注意しなければいけません。


この問題の一つとして先日、杉田水脈議員のLGBTに関するツイッターが炎上を起してしまい、つぶやき内容が削除されてしまいました。

今回はこの衆議院銀:杉田水脈さんのLGBT炎上発言にスポットを当ててみました。

・見解や真意とは?

・削除されたツイッター画像とは?


これらの疑問について調査しましたので紹介します。


Sponsored Links



□杉田水脈議員って誰?

https://twitter.com/sylph48/status/1021573890303127552杉田水脈 出典:buzzfeed.com

まずは「杉田水脈(みお)って誰?」って思う人も多いでしょう。


生年月日 1967年4月22日(51歳)
出身 兵庫県神戸市垂水区
出身校 鳥取大学農学部林学科
前職 地方公務員
現職 衆議院議員
当選回数 2回
称号 農学士

2012年 第46回衆議院議員総選挙 初当選(日本維新の会)
2014年 第47回衆議院議員総選挙 落選(次世代の党)
2017年 第48回衆議院議員総選挙 当選(自民党)



杉田水脈さんについて詳しくはこちらのページをご覧ください。

杉田水脈(みお)の結婚した夫や娘も美人?昔のコスプレ画像や家族写真を調べてみた




□LGBTとは

もう1つのキーワードLGBTについても説明します。

LGBTとは

・レズビアン(女性同性愛者)
・ゲイ(男性同性愛者)
・バイセクシャル(両性愛者)
・トランスジェンダー(実際の性と自認する性の不一致)

これらの性的少数者を表す言葉です。

各々の頭文字を合わせて「LGBT」になるんですね。


詳しくは下記のページをご覧ください。

LGBTの問題点とは?芸能人と一般企業での扱いの違いに注意!




現在はこの性的少数者であるLGBTの方々にとっても暮らしやすい社会にしていこうという機運が高まっており、制度や法律など様々な面で改革が始まってきています。

Sponsored Links

□今回のLGBT炎上とは



では今回の杉田水脈議員の炎上の原因である発言とはどのようなものなのでしょうか?

これは2018年7月に販売された「新潮45」にて


例えば、子育て支援や子供ができないカップルへの不妊治療に税金を使うのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか


参照記事:http://wezz-y.com/archives/56698

このように投稿しています。


現在のLGBTの方々の権利を守ろうという社会の流れに逆らっている発言ですよね。

これは言ったら炎上するってわからなかったんですかね。


自分の意見に自信を持っているのか?

それとも先が読めないのか?


どっちなんでしょうか??




批判を何とも思っていない

自分がSNSでの発言が炎上した場合、すぐに謝罪する人は結構います。

しかし杉田水脈議員の場合は批判に対して謝罪するどころか


「自民党に入って良かったなぁと思うこと。『ネットで叩かれてるけど、大丈夫?』とか『間違ったこと言ってないんだから、胸張ってればいいよ』とか『杉田さんはそのままでいいからね』とか、大臣クラスの方を始め、先輩方が声をかけてくださること」

「LGBTの理解促進を担当している先輩議員が『雑誌の記事を全部読んだら、きちんと理解しているし、党の立場も配慮して言葉も選んで書いている。言葉足らずで誤解される所はあるかもしれないけど問題ないから』と、仰ってくれました。自民党の懐の深さを感じます」


参照記事:http://news.livedoor.com/article/detail/15052109/



これは奇麗に火に油を注いでいますよね。

強気すぎてトラブルを起こす杉田水脈議員。

私は友達になりたくないですね~。

ただこのツイッターはその後削除されています。



これに援護射撃?をしたのが、これまた発言が誤解?されやすい二階俊博幹事長。

自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が寄稿で同性カップルを念頭に「子供を作らない、つまり『生産性』がない」と記述した問題で、二階俊博幹事長は24日の記者会見で「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観、考えがある」と述べ、問題視しない考えを示した。

 二階氏は「右から左まで各方面の人が集まって自民党は成り立っている。(政治的立場での)そういう発言だと理解したい」とした。一方で、「当事者が社会、職場、学校の場でつらい思いや不利益を被ることがないよう、多様性を受け入れていく社会の実現を図ることが大事だ。今後も努力していきたい」とも述べた。


参照記事:asahi.com


いや、言いたいことは分からなくもないですけどね、杉田水脈議員の発言を擁護して良いかというと世間の声は厳しいと思わなかったんでしょうかね?

Sponsored Links

□殺到した批判とは?



当然ながら杉田水脈議員の発言は批判を受けますが、世間からは具体的にどのような批判の声があったのでしょうか?


○武井俊輔前外務政務官
「劣情を煽(あお)るのは政治ではなくて単なるヘイト」

○橋本岳同党厚生労働部会長
「生きづらさを抱える人たちが、自分らしく生きられるようにするための福祉行政全般を否定していると受け止められかねない」

○LGBT法連合会
「LGBTに限らず広く人権の観点から、『生産性』を引き合いに出す主張は疑問」


本人は自民党の先輩に励まされたと述べていますが、それは一部の人であり批判的な意見を出す人もいるのは事実ですよね。

なかには「党の信頼が落ちるだろ~」と怒っている先輩議員もいるのではないでしょうか。

その他にツイッターでは




ツイッターを見てみると、ほとんど批判的な意見ばかりが見られます。

というか、この意見に賛同する人っているのかな・・・。



□この発言の真意とは?

そもそも杉田水脈議員はなぜこのような発言をしたのでしょうか?

発言だけを見てしまうと賛同しかねる人も多いと思いますが、見解や真意について調べてみました。

まず今回の問題発言の前に



「LGBTだからって実際そんなに差別されているものでしょうか」
「『生きづらさ』を行政が解決してあげることが悪いとは言いません」


参照記事:http://news.livedoor.com/article/detail/15035181/

このように発言しています。


そして「生産性がない」発言につながるわけです。

この発言からだと、「LGBTの方々にそんなに過度に支援する必要はない。しかも子供を産まないので税金を使う意味がない」という風にも感じられます。



また杉田水脈議員は過去に

「LGBT支援-などの考えを広め、日本の一番コアな部分である「家族」を崩壊させようと仕掛けてきました」


参照記事:sankei.com

このように述べており、LGBT支援がコミンテルンという共産主義政党による国際組織の陰謀と考えています。

これについては賛否両論というか、確たる証拠になるような情報が無いので、杉田水脈議員の思い込みの可能性もあると思います。

一方で、LGBTの方々を利用した制度改革には否定的なわけです。



しかし、それらのスタンスと今回の「生産性」という言葉がひっかかりますよね。

杉田水脈議員の発言は「子供を産む人に税金を注ぎ込む価値がある」とも取れます。

というか、杉田水脈議員のことをよく知らない人からしたら、今回の発言の一部分を切り取って、「LGBTの人を何とも思っていない、とんでもない人間だ!」と誤解されやすい発言なのは間違いないと思います。


実際に誤解の内容なのかどうかは、杉田水脈議員の反論・釈明の言葉を待たないと分かりませんが、「生産性」という単語をLGBTの方々に向けて発信してしまうと、どうしても差別的発言に見えてしまいます。

そうなると不妊で悩んでいる人、独身の人も含まれますよね。

それについてはどう思っているんだろう・・・。

というように、様々なマイナスな憶測を呼んでしまいます。


今回の発言は、かなりの大炎上になってきてしまっていますから、杉田水脈議員個人としても、自民党としても追々すごいことになっていくんじゃと思ってます。



□実は炎上狙い?

お笑いタレントのスマイリーキクチさんはこのように見解を述べています。


つまり炎上狙いってわけですね。

まあそれなら発言する意味もわかりますね。

確かに炎上狙いは注目を浴びますが、今回の発言の仕方は周囲から支持を受けることは思えないですけどね。


他にも過激な発言が多い

杉田水脈議員の発言で炎上しているのは、今回のLGBTだけではありません。

様々な分野で過激な発言をしています。

○保育所
「子供を家庭から引き離し、保育所などの施設で洗脳教育をする。旧ソ連が共産主義体制の中で取り組み、失敗したモデルを21世紀の日本で実践しようとしている」


保育所に関しては洗脳の場所ととらえており、増加を反対しています。


また保育所を落ちた人に関しては

「あなたは必要度が低いので自分で何とかしなさい」

と述べています。


何とか出来ないから、保育所に頼っているんでしょうに・・・。


○性犯罪

準強制性交等罪の事件について

「女として落ち度があった」

「社会に出てきて女性として働いているのであれば、嫌な人からも声をかけられるし、それをきっちり断るのもスキルの一つ」


このように発言しています。

「皆がそれ出来たら苦労しない、だから刑法があるんでしょうに・・・」

と私は思ってしまいます。



□削除されたツイッター画像とは?

杉田水脈議員のツイッターで画像が削除されたようです。

詳しく調べてみましたが、画像ではなく上記のように炎上発言が削除されたようですね。

ツイッターの画像と言えば、2018年2月にツイッター上で杉田水脈議員の娘の画像を探していた男性

「杉田水脈さん。明日にでも国会議員をやめて頂けないでしょうか」
「報復措置として貴方の娘さんに被害が被るかもしれませんよ」


このように脅迫して逮捕されています。



杉田水脈議員は過激な発言が多いのでも多そうですよね。


そして今回の「生産性」発言騒動で、杉田水脈議員本人への脅迫があったようです。


脅迫自体は許されるべきことではないですし、そういう手段で杉田水脈議員の発言権を侵害するのも違うと思います。


一方で、杉田水脈議員が脅迫があったことをtweetする中で、「ゲイの人から」という部分は必要あったのでしょうか?

自分はゲイだと名乗る人間から事務所のメールに「お前を殺してやる!絶対に殺してやる!」



いや、実際にそうだったのかもしれませんが、ここでLGBTの人から脅迫されたってことを公にしてもなんの糸口にもならないし、むしろ火に油を注ぐような気がするのですが。。。


なんにせよ、脅迫犯の人は早く捕まって欲しい、本当に殺人とか犯してしまって双方に取り返しがつかないことにならないよう祈るばかりです。



□まとめ

杉田水脈議員はLGBTの方々に対して「生産性がない」と発言したため炎上しています。

前後の発言があったとしても、政治家として思慮を欠いた発言だと思います。


ただこの発言で「LGBTって何?」と興味を持った人もいるはずです。

もしいろんな人にLGBTの問題に興味を持ってもらうために、意図的に炎上発言したのかも・・・・。


って、それはなさそうですね。



今後の展開にも注目していきたいと思います。

杉田水脈(みお)の結婚した夫や娘も美人?昔のコスプレ画像や家族写真を調べてみた



LGBTの問題点とは?芸能人と一般企業での扱いの違いに注意!

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です