奈良間大己(常葉大菊川)の出身中学や進路は?打率8割男のドラフト評価が気になる!

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

野球のバッターは打率3割に達すれば優秀だと思います。

相手のピッチャーも本気で投げてくるので、ヒットやホームランを打つのは結構難しいんです。

しかし2018年の甲子園でその打率が物凄い選手がいるんです。

それが常葉大菊川高校の奈良間大己(ならま たいき)選手です。

静岡県大会の打率は、な・なんと8割

ほとんどがヒットやホームランで出塁しているということになります。

今回はこのハイアベレージバッター・奈良間大己選手にスポットを当ててみました。

・出身中学は?
・進路は?
・スカウトの評価は?


奈良間大己選手に関わる疑問について調査しましたので、本人のプロフィールと一緒に紹介します。

奈良間大己選手は今大会のヒーローになるかもしれませんので、ぜひ読んでいってください。

高校野球選手権2018の出場校と対戦トーナメント表は?優勝候補や初出場校に注目選手まとめ



Sponsored Links



□奈良間大己選手のプロフィール

まずは奈良間大己選手の基本的プロフィールをどうぞ。

名前:奈良間大己(ならま たいき)
生年月日:2000年
出身地:静岡県
身長:172センチ
体重:66キロ
ポジション:ショート
スタイル:右投げ右打ち



奈良間大己選手は現在高校3年生です。

常葉大菊川高校ではキャプテンを任されており、人望が厚く責任感が強い性格だと思います。


□これまでの経歴は?

奈良間大己選手の出身中学は菊川市内にある菊川西中学校という説が強いです。

この中学校では野球部には所属せず、硬式野球チーム・小笠浜岡リトルシニアで活躍していました。

Sponsored Links

なぜ常葉大菊川高校を選んだのか?

中学時代から注目を浴びていた奈良間大己選手。

静岡県内には

・静岡高校
・常葉大橘高校
・掛川西
・浜松商業


このような強豪校がたくさんあります。

そのなかでなぜ常葉大菊川高校を選んだのでしょうか?

理由としてまず地元であることが考えられます。

通学時間が短いことで、体力的な負担を軽減できますよね。

あと奈良間大己選手のお兄さんである将甫さんが同校野球部のOBであり、どのような野球部であるか知っていたことも大きいでしょう。


Sponsored Links

□静岡県大会驚異の打率

甲子園前の静岡県大会で奈良間大己選手は打率0.818という驚くべき数字を達成しています。

ちなみに四死球を合わせた出塁率は0.857です。

これは5打席中4回以上出塁していることになります。

あと驚くべきはその走力です。

静岡県大会では9個の盗塁を記録しています。

常葉大菊川高校は静岡県大会で55得点(6試合)と打ちまくっていましたが、奈良間大己選手がしっかりチャンスメイクしたからでしょう。

こちらが予選決勝の動画です。



甲子園をかけて同い年の親戚と戦うって、ドラマみたいですね。


□驚愕の甲子園デビュー

8月7日VS益田東戦で奈良間大己選手は甲子園デビューを果たしますが、予想以上の大活躍でした。



スイングが力強い!!

特に2打席目のホームランは「あの低い球をスタンドまで持っていくのか・・・・」と驚きのあまり声が出ませんでした。


□気になる進路は?

さて今大会で注目を浴びるであろう奈良間大己選手の進路が気になりますね。

巨人の青木スカウトは



「思い切りよく、勘がいい。野球センスにあふれ、松田君(ソフトバンク)のように言葉とプレーでチームを引っ張れる選手」



このように評価しています。

野球は集団競技ですので、雰囲気を作れる選手は大変貴重です。

ただ身長172センチ、体重66キロとプロで活躍するには、ちょっと体が出来上がっていません。

大学に進んで体を作るか、プロでも数年は育成として指名されるかどちらかではないかなと思います。

ただ現在よりパワーがついたら、とてつもなく凄いことになりそうですよね。

進化&パワーアップした奈良間大己選手を見てみたいです。



□まとめ

奈良間大己選手は菊川市内にある菊川西中学卒業のようです。

また今後についてはプロから指名される可能性はありますが、当面は体づくりに時間がかかると思います。

驚異の打率8割男は甲子園でどれだけ暴れられるのか楽しみですね。


高校野球選手権2018の出場校と対戦トーナメント表は?優勝候補や初出場校に注目選手まとめ

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です