【箱根駅伝2019】順位予想と結果は?往路復路の区間賞と注目選手まとめ

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

今年もあとわずか・・・約3ヶ月後には2019年です。

時間が経つのは早い!!

さて年始と言えばいろんなスポーツイベントがありますよね。

そのなかでも注目度が高いのが箱根駅伝です。

大学生達はこの日のために厳しいトレーニングを積んできました。

そして4年生たちは最後の大会になります。

この熱い思いが毎年ドラマを生み、多くのファンを魅了しています。

今回はこの箱根駅伝2019にスポットを当ててみました。

順位予想と結果は?

往路復路の区間賞は?


これらだけでなく注目選手についても調査しましたので紹介します。


Sponsored Links



□箱根駅伝2019の日程と時間は?

まずは箱根駅伝の日程と時間は下記の通りです。

名称:第95回東京箱根間往復大学駅伝競走
開催日:往路2019年1月2日 スタート午前8時
    復路2019年1月3日 スタート午前8時
テレビ中継: 1月2日、 1月3日共に日本テレビ系列で午前7時から生中継(予定)


コースについて

コースは全長217.1キロで、東京・読売新聞社前~箱根・芦ノ湖間の往復時間を競います。

各区間の走行距離と場所は下記の通りです。

〇往路
第1区 大手町読売新聞東京本社前~鶴見 21.3キロ
第2区 鶴見~戸塚 23.1キロ
第3区 戸塚~平塚 21.4キロ
第4区 平塚~小田原 20.9キロ
第5区 小田原~箱根町芦ノ湖駐車場入り口 20.8キロ

〇復路
第6区 箱根町芦ノ湖駐車場入り口~小田原 20.8キロ
第7区 小田原~平塚 21.3キロ
第8区 平塚~戸塚 21.4キロ
第9区 戸塚~鶴見 23.1キロ
第10区 鶴見~日本橋~大手町読売新聞東京本社前 23.0キロ


Sponsored Links

□出場校一覧

箱根駅伝2019に出場する大学は下記の通りです。

〇シード校
青山学院大学
東洋大学
早稲田大学
日本体育大学
東海大学
法政大学
城西大学
拓殖大学
帝京大学
中央学院大学

〇関東インカレ成績枠
日本大学


〇予選会上位校
駒沢大学
順天堂大学
神奈川大学
国学院大学
明治大学
東京国際大学
大東文化大学
中央大学
国士舘大学
山梨学院大学
上武大学


上記のチームに関東学生連合を加えた23チームで競われます。

駒澤大学と順天堂大学が予選会に参加したのは意外でしたね。

それほど各大学の実力が拮抗しているということでしょう。

Sponsored Links

□今大会の注目選手は?

これから箱根駅伝2019で注目されている選手を数名紹介します。

森田歩希(青山学院大学)

最初は絶対王者・青山学院大学の森田歩希選手です。


名前:森田歩希(もりた ほまれ)
生年月日:1996年6月29日
出身地:茨城県
出身校:竜ケ崎第一高校
学年: 4年生


森田歩希選手のお父さんは、国学院大学陸上競技部で監督を務めた森田桂さんです。

そのため森田歩希選手は幼い頃から国学院大学陸上部の選手寮で育ち、その時から箱根駅伝を熱心に見てきました。

もう生まれながらにして、駅伝DNAが流れている選手なんですね。

その森田歩希選手は過去2回箱根駅伝を走っています。

特に箱根駅伝2018ではエースが集まる華の2区を走り、 1時間7分15秒で区間賞を獲得しています。

3年生の時から原晋監督から「柱になっていると言っても過言ではない」と高い評価を受けており、最終学年である大学4年では主将として常勝軍団を牽引しています。

10月8日に開催された出雲駅伝では第3区を走り、青山学院大学の優勝に貢献しています。

箱根駅伝2019でも、この安定した走りが見られるはずです。

この青山学院大学は森田歩希選手が入学する前から連覇を続けています。

森田歩希選手の箱根駅伝は優勝しか経験していません。

そのため自分が主将の代で、その連覇を終わらせるわけにはいきませんよね。


小野田勇次(青山学院大学)

続いても青山学院大学の小野田勇次選手です。


名前:小野田勇次(おのだ ゆうじ)
生年月日:1996年9月3日
出身地:愛知県
出身高校:豊川高校
学年:4年生


小野田勇次選手と言えば「箱根の6区」ですよね。

箱根駅伝2016~2018全てに出場して、いずれも第6区を任されています。

箱根駅伝2018ではトップの東洋大学を追う展開でしたが、好走によりトップを奪うだけでなく、区間記録まであと2秒に迫る58分03秒というタイムを出しています。

箱根駅伝2019でも第6区を走るのではないでしょうか。

小野田勇次(青学)の出身中学や高校は?イケメンの彼女は誰か調査!



今西駿介(東洋大学)

次は東洋大学の今西駿介選手です。


名前:今西駿介(いまにし しゅんすけ)
生年月日:1997年8月29日
出身地:宮崎県
出身校:小林高校
学年: 3年生


今西駿介選手は箱根駅伝2018で第6区をトップでスタートしました。

しかし上記で紹介したように2位の青山学院・小野田勇次選手に15.3キロ付近で抜かれてしまい、結局52秒差をつけられてしまいました。

あまりに悔しかったのか「全然つけねぇ、レベルがちげえ、人間じゃねえ、あれ(小野田)」とゴール後に意識を朦朧としながら敗北を認めていました。

その屈辱をバネに今西駿介選手はパワーアップしたんですね。

今西駿介選手は今年の出雲駅伝に出場しました。

結果は青山学院大学の優勝で、ほとんどの区で同大学の選手が区間賞を獲っていたんです。

やはり青山学院大学は強いですね~。

・・・と思いきや、そのような中で今西駿介選手は、青山学院の生方淳也選手に18秒の差をつけて区間賞を獲得しています。

そして2018年の3月に開催されたアジアクロスカントリー選手権大会では、銅メダルを獲得しています。

あの悔しさから一気に飛躍しましたよね。

全国大会とアジア大会でもしっかり成績を残せるほど、大舞台に強いメンタルを手に入れています。

箱根駅伝2019はリベンジの時です。

もしかしたら再び小野田勇次選手との一騎打ちが見られるかも・・・。


山本修二 (東海大学)

3番目は東洋大学の山本修二選手です。


名前:山本修二(やまもと しゅうじ)
生年月日:1996年8月17日
出身地:広島県
出身校:遊学館高校
学年:4年生


山本修二選手は東洋大学1年生の時から10000メートルや5000メートルで自己ベストをマークしており、周囲から期待されていました。

箱根駅伝には2016、2017、2018と3年連続で出場しています。

箱根駅伝2016では第8区を走りながらも、区間9位でトップに差を広げられてしまいました。

箱根駅伝2017ではトップでタスキを受け取りながらも、レース後半に失速してしまい8位まで順位を下げてしまいました。

なんか、これまでの成績を見るとパッとしませんね。

しかし、その屈辱を乗り越えて3年生の時にはエースに成長しています。

箱根駅伝2018では当日変更で3区を任され、区間賞を獲得しています。

そして今年の出雲駅伝では総合成績では青山学院大学に敗れましたが、第6区では青山学院大学の竹石尚人選手に40秒以上の差をつけて区間賞を獲得しています。

なんですかね~

今西駿介選手もそうですが、東洋大学の選手は一度敗れて奮起している印象を受けます。

この2人が青山学院大学の連覇を止めてくれそうな気がします。


塩尻和也(順天堂大学)

最後に予選突破組から順天堂大学の塩尻和也選手を紹介します。


名前:塩尻和也(しおじり かずや)
生年月日:1996年11月8日
出身地:群馬県
出身校:伊勢崎清明高校
学年:4年生


塩尻和也選手はリオオリンピックに出場し、2018年のアジア大会では3000メートル障害で銅メダルを獲得している実力派ランナーです。

箱根駅伝2018ではエースとして「華の2区」こと第2区を走りましたが、結果は1時間09分26秒の9位という結果に終わりました。

このタイムが影響してか、順天堂大学はまさかのシード権落ち

今年の箱根駅伝予選会に参加することになりました。

エースとしての責任を感じてか、塩尻和也選手は予選会で日本人最高の1時間01分22秒というタイムを叩き出しています。

予選会の勢いそのままに箱根駅伝2019でも激走してくれるはずです。

塩尻和也(順天堂大学)のラブライバー推しメンや艦コレ愛が凄すぎ!彼女よりアニメ好き?




□順位予想は?

やはりタレント揃いの青山学院大学が一歩リードしている印象を受けます。

そして、その次を追うのが東洋大学だと思います。

予想順位に関しては2018年11月4日開催の全日本大学駅伝の結果を踏まえて、改めて予想させていただきます。


□まとめ

箱根駅伝2019は2019年1月2日~3日の2日間で行われます。

そして注目選手として

・森田歩希
・小野田勇次
・今西駿介
・山本修二
・塩尻和也


この5名を挙げました。

注目選手がどのような走りをするか楽しみですね。

今後も追記していきますので、ご覧になってください。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です