【春高バレー2019】出場校と予選結果は?放送日程や観覧応募方法について

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

2018年9月~10月に開催されたバレーボール世界選手権は盛り上がりましたねぇ。

世界バレー2018女子メンバーや注目選手は?海外のかわいい美人選手画像まとめ



全日本女子選手の活躍に心奪われた人も多かったのではないでしょうか。

さて世界選手権以降のバレーボールのイベントと言えばVリーグ開幕と・・・そう春高バレーです。

現在、男子と女子の代表で活躍している選手の多くも高校時代は春高バレーに出場していたんですね。

春高バレーは全日本代表選手の登竜門と言っても過言ではありません。

今回は来年開幕の春高バレー2019にスポットを当ててみました。

厳しい予選を勝ち抜いてきた高校はどこ?

放送日程は?

観覧応募方法は?


これらの疑問について調査しましたので紹介します。

【春高バレー2018】注目選手や優勝予想!出場高校や可愛い女子にイケメン男子も調査


【春高バレー2017】注目選手や優勝候補予想!日程や放送予定も



Sponsored Links



□春高バレーの概要について

まずは春高バレーの概要について紹介します。

大会名:春の高校バレー 第71回全日本バレーボール高等学校選手権大会
大会会場:武蔵野の森総合スポーツプラザ


開催期間:2019年1月5日(土)~7日(月)、12日(土)、13日(日)
○1月5日
開会式 男女1回戦 (5面 40試合)
○1月6日
男女2回戦 (4面 32試合)
○1月7日
男女3回戦 準々決勝(4面 24試合)
○1月12日
男女準決勝 (特設1面 4試合)
○1月13日
男女決勝 閉会式 (特設1面 2試合)



なんで東京体育館じゃないの?

春高の聖地といえば東京体育館ですよね。

ここのセンターコートに立ちたくて、バレーに打ち込んでいる選手は多いはず。

しかし今年は上記で紹介したように武蔵野の森総合スポーツプラザです。



なぜ東京体育館じゃないのか?



理由は簡単!!

東京オリンピックに向けて改修工事中だからです。

ちなみに過去の春高ではさいたまスーパーアリーナを使用したこともありました(その時の埼玉県出場枠は2)。

今回は会場の雰囲気は違うかもしれませんが、今までと同じく連日熱い試合は行われることは間違いありません。

Sponsored Links

□本選出場校はどこ?

春高の出場枠は男女ともに52校です。

日本の都道府県は47つ・・・あれ数が合わない!?

・・・と思っているあなた。

詳細を説明すると、基本的に各都道府県の代表は1校です。

しかし参加校が多い大阪、神奈川、東京、北海道に関しては代表枠が複数あります。

具体的な代表校数は

・北海道 2
・東京 3(開催地代表含む)
・神奈川 2
・大阪 2


このようになっています。

なんと東京は3つも枠があるんですね。

数だけ見ると「東京の高校に進学すれば春高に出られる可能性が高くなる!!」と期待をしている中学生がいるかもしれません。

確かに確率は他県より高くなりますが、東京は激戦すぎてベスト8に入るの大変ですよ~!!

Sponsored Links

予選結果は?

現在、各地域で予選が行われています。

10月30日時点の各地方予選の結果は下記の通りです(日付は代表決定日)。

北海道  11月17日
青森県  11月11日
岩手県  11月4日
秋田県  
男)雄物川 24年連続24回目
女)秋田北 4年ぶり3回目
山形県  
宮城県
男)東北 6年ぶり28回目
女)古川学園 14年連続39回目
福島県  11月24日
茨城県  
男)土浦日大 5年ぶり8回目
女)大成女子 12年ぶり20回目

栃木県
男)作新学院 4年ぶり6回目
女)国学院栃木 32年連続33回目
群馬県  11月3日
埼玉県  11月11日
東京都  11月17日
千葉県  11月11日
神奈川県 11月11日
山梨県
男)日本航空 17連続17回目
女)日本航空 4年ぶり6回目
長野県  11月25日
新潟県  11月4日
富山県  11月23日
石川県  
男)石川県立工業 14年連続28回目
女)金沢商業 17年連続44回目
福井県  11月17日

静岡県  11月11日
愛知県  11月23日
岐阜県  11月11日
三重県  11月17日
滋賀県  11月10日
和歌山県 11月3日
奈良県  11月18日
京都府  11月17日
大阪府  11月4日
兵庫県  11月11日
岡山県  11月10日
広島県  11月17日
鳥取県  11月10日
島根県  11月18日
山口県  11月11日
香川県  11月25日

徳島県  11月4日
愛媛県  11月23日
高知県  11月11日
福岡県  11月17日
佐賀県  11月18日
長崎県  11月24日
熊本県  11月17日
大分県  11月4日
宮崎県  11月23日
鹿児島県 11月4日
沖縄県  11月23日


驚きなのは秋田男子代表・雄物川高校の24年連続24回目と栃木女子代表・国学院栃木高校の32年連続33回目という連続出場記録ですね。

春高に行きたい秋田の男子中学生と栃木の女子中学生は、この2校のレギュラーになれば春高に出場できると考えてもよいでしょう。

でもレギュラー競争や普段の練習は相当厳しそうですよね。


□放送日程は?


春高の試合をテレビで観たい人は放送日程が気になりますよね。

地上波に関しては、まだ詳しい日程は出ていません。

去年の放送時間を見てみると

1回戦~準々決勝の結果は、24時~26時の間にダイジェスト版として放送しています。

そして準決勝は男女合わせて1時間半程度、決勝に関しては男女別で放送しています。

ここ数年、この放送の流れで来ているので春高2019も同様ではないかと思われます。

また詳しい時間がわかりましたら追記させていただきます。

「ダイジェストじゃやなくて、試合をじっくり見たい」という人にはフジテレビONE/TWO/NEXTsmartがおすすめです。

こちらでは春高2018の1回戦から準決勝までの試合をライブ配信していました。

きっと、こちらも春高2019の試合を放送すると思います。

ただしフジテレビONE/TWO/NEXTsmartは有料放送であるため、事前に契約が必要です。


詳しくはホームページを確認してください。
http://otn.fujitv.co.jp/sports/index.html


また、こういった機会に興味があった動画視聴サイトに登録してみようという方は同じフジテレビ系列のFOD(フジテレビオンデマンド)がおすすめです。



動画だけでなく、電子書籍も取り扱っているので移動時間や待ち時間に重宝しますよ。


□観覧応募方法は?

「テレビじゃ物足りない!!生で観戦したい!!」という人はぜひ会場に足を運んでみてください。

残念ながら春高の試合は観覧応募ではなく、チケット購入になります。

さらにそのチケットですが、まだ販売されていません。

例年だと12月から販売開始なので、春高2019もその時期に販売されるものと思われます。

気になるチケット値段ですが、まだ発表されていません。

ちなみに春高2018では

・学生(高校生まで) ¥500
・一般       ¥1,000
・アリーナ(準決勝、決勝) ¥2,500


このような金額設定になっていました。

今回の会場は東京体育館ではなく武蔵野の森総合スポーツプラザですが、会場の違いは特に値段に反映されないと思います。

ただ武蔵野の森スポーツプラザの最寄り駅は京王線飛田給駅です。

場所によっては例年より交通費がかかってしまう人もいるでしょう。

ただ春高バレーは1年に1度の大会ですから、遠くても会場に足を運ぶことをおすすめします。


連日会場に足を運べる方は近場のホテルを予約しておきましょう!






□なんで冬の大会なのに「春高」なの?

説明したように今回の春高は1月5日に開幕します。

「なんで冬に開催されているのに『春高』なの?」と疑問に感じている人もいるでしょう。

これは「1月が旧暦だと春」という意味ではないです。

実は2010年まで春高バレーは3月20日~26日まで開催しており、1~2年生中心の大会でした。

しかし卒業する3年生のなかには実業団に進む選手がいますが、10月の国体以降は特に出場できる大会がありませんでした。

このような将来を期待された選手のモチベーション維持を目的に、冬季に大会開催を期待する声が多く出たため、開催期間が1月に移ったんです。

そして「春高」という愛称はそのまま継続されました。


□まとめ

春高2019の現在までの出場校は下記の通りです。

〇秋田県  
男)雄物川 24年連続24回目
女)秋田北 4年ぶり3回目
〇宮城県
男)東北 6年ぶり28回目
女)古川学園 14年連続39回目
〇茨城県  
男)土浦日大 5年ぶり8回目
女)大成女子 12年ぶり20回目
〇栃木県
男)作新学院 4年ぶり6回目
女)国学院栃木 32年連続33回目
〇山梨県
男)日本航空 17連続17回目
女)日本航空 4年ぶり6回目
〇石川県  
男)石川県立工業 14年連続28回目
女)金沢商業 17年連続44回目


放送日程は大会期間中の2019年1月5日(土)~7日(月)、12日(土)、13日(日)です。

チケットの販売については、情報が未定ですが去年と同じだと思います。

テレビ観戦もいいですが、一度は生で観戦することをおすすめします。

もしかしたら、未来の大選手を間近で見られるかもしれません。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です