ローズ伯爵のヴァンパイアカフェの場所はどこ?店長の本名やすっぴん素顔が気になる!

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

レストランって料理の味も大事ですが、店内の雰囲気も大事ですよね。

最近、その独特な雰囲気で人気急上昇中のレストランがあるのを知っていますか?

それがヴァンパイアカフェです。

しかも店長・・・いや館の主ローズ伯爵のキャラクターも店内の雰囲気と同じくらい個性的です。

今回はこのローズ伯爵にスポットを当ててみました。

本名は?

スッピンは?

ヴァンパイアカフェってどんなレストラン?


ローズ伯爵に関するこれらの疑問について調査してみました。

本人のプロフィールと一緒に紹介します。


Sponsored Links



□ローズ伯爵のプロフィール

最初は謎多き人物・ローズ伯爵のプロフィールです。

名前:ローズ伯爵
生年月日:1983年10月17日
出身地:魔界
身長:181センチ



ローズ伯爵は1983年生まれの現在35歳です。

ただこれは人間界の年齢であって、魔界年齢は350歳のようです。

そして出身地は魔界で生育地は石川県のようです。

地元は北陸なんですね。

「魔界」と聞いたので、デーモン小暮閣下のようなプロフィールをイメージしました。

しかし「石川県育ち」などから、魔界キャラですが少々人間味を残したプロフィールになっていますね。

またローズ伯爵は「VAMPIRE ROSE」というバンドのボーカルも務めています。



カッコいいですね~。

Sponsored Links

本名とすっぴんは?

ローズ伯爵の本名とすっぴんが気になります。

これについて調査したところ、本名については特に有力な情報は見当たりませんでした。

多分、本人に聞いても「これが本名で素顔」と言うでしょうね。


自分でフルメイク状態晒しちゃってますから、スッピンについてもデーモン小暮閣下のように「人間界での仮の姿」と言ってますよね(笑)


フルメイク状態はちょっとふっくらしたお兄さん、って感じで好感が持てますが、すっぴんの様な切れ味がないですよねー。

昔からすっぴんはイケメンだったのか、ちょっと調べて見たらこんな画像が見つかりましたよ!



8年前のフルメイク画像



参考記事:otogoe.info

こちらは最近のフルメイク状態から比べるとシュッとした感じのビジュアル系ですね。

これはこれでアリだと思います。


現在がふっくらした感じ?でメイクされているので、カフェの主してると太っちゃったんですかね?


実は優しい?

見た目が怖くて怪しいローズ伯爵、実は優しいという噂が出ています。

この動画をご覧ください。



新成人のために割引サービスを行っています。

しかもグループ全員ではなく、1人でもいればOKという太っ腹なサービス。

本当は優しい商売人なのかな・・・・。

Sponsored Links

□ヴァンパイアカフェはどこにあるの?

ローズ伯爵のヴァンパイアカフェはどこにあるのでしょうか?

調べてみたところ、銀座にあることがわかりました。

お店の詳細情報は下記の通りです。

店名:ヴァンパイアカフェ
所在地:東京都中央区銀座6-7-6ラペビル7F
営業時間:17:00~23:30(L.O22:30)
定休日:無(年末年始は要確認)
平均予算:¥3,000~3,999




お店のコンセプトは?


「ヴァンパイアカフェ」という店名の通りにドラキュラ伯爵の館をモチーフにしています。

店内の内装や雰囲気は正直不気味です。

BGMも不気味だし、なぜだか叫び声も聞こえるんですね。

私は肝っ玉が小さいので、入り口の雰囲気だけでチビッちゃいそうです。

各個室は非常に個性的で、まるで非現実的な世界にいるような錯覚を起こします。




料理も美味しい!!

「どうせ店の雰囲気だけ力を入れていて、味は普通なんだろ!!」と思っているあなた。

ヴァンパイアカフェではフレンチイタリアンの創作料理を楽しむことができるんですね。

しかも盛り付けがヴァンパイア風なので目でも楽しめます。




気になるメニューと値段は下記の通りです。

・死者を弔う真紅の薔薇~ヴァンパイアカフェ特製!国産牛ホホ肉のハヤシライス~ 
レギュラー¥1790 ハーフ¥980
・麗しき惨劇の業~ベシャメル・ド・コキーユのカニクリームコロッケ~ ¥890
・闇の十字架 ¥880
・麗しき薔薇の園 ¥1280
・民衆からの貢物 ¥1,000
・耽美なる薔薇 ¥666


これ以外にも個性的なメニューがたくさんあります。

名前だけだと、どんな料理かイメージできませんね。

メニューを詳しく知りたい人は下記サイトをご覧ください。

https://r.gnavi.co.jp/g600100/menu2/


□有吉反省会出演

ローズ伯爵が11月3日放送の有吉反省会に出演しました。

今回は禊の出演でしたが、以前は「SNSの庶民感が凄すぎて周囲を困惑させている」ことに反省しに来ました。

実際の庶民的SNSがこちらです。




魔界って人々に恐怖のイメージを与えると思いますが、このツイッターが庶民的過ぎて恐怖心が半減どころか皆無になっています。

あとローズ伯爵は半額の見切り品購入を「半額狩り」と表現するようですね。

私もスーパーで半額狩りを良くします。

禊は母へのスペシャルソング

今回の禊はライブでお母さんにむけてスペシャルソングを歌う事です。

そのスペシャルソングがこちらです。


さらにローズ伯爵はマザーローズに対して感謝の手紙を読み上げます。



「Dear マザーローズ
ここからはいつもの呼び方のおかんと呼ばせてもらいます。
僕は昭和58年10月17日に3900グラムでこの世に産まれました。産まれる時は大変な難産だったと聞いています。~(女手1つで育てられたため)毎日1人でおかんの帰りを待ってました。時には9時とか10時を過ぎても帰ってこない日があったかな?『このまま帰ってこないんじゃないか?』とか『どっかで死んでるんじゃないか?』とか考えながらリビングと玄関を何回も往復した記憶があります。1人の時に絶対に使っちゃダメって言われていたのが火とガスでした。火が使えない、でもおかんが帰って来るまでに『何かを作っておいておかんを喜ばせたいな』と思って、僕がおかんの為に一人で作った初めての料理がキュウリとシーチキンのサラダでした。あの時凄く喜んでくれたからその後もよく作ったのをよく覚えてます。これからも長生きしてください。さとしより」




参照元:11月3日放送有吉反省会

それに対してマザーローズことお母さんは


「産んでよかった」と息子の気持ちに応えます。

感謝の気持ちを素直に伝えられるローズ伯爵、絶対にいい人ですよね。

そのさとし・・いやローズ伯爵を女手1つで育てたマザーローズも素晴らしいです。

ちなみにキュウリとシーチキンのサラダはヴァンパイアカフェで食べられます。

□まとめ

ローズ伯爵のヴァンパイアカフェは銀座にあり、雰囲気とフレンチイタリアンを楽しめるお店であることがわかりました。

また本名は「さとし」で、すっぴんはちょっとふっくらしています。

ただ有吉反省会の禊から人間的に素晴らしいことがわかりました。

さとし店長・・・・いやローズ伯爵が主を務めているヴァンパイアカフェはきっと素晴らしいお店でしょう。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です