ソニンの国籍は未だ韓国で帰化しない理由とは?両親や兄弟も調べてみた

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

日本に長く住んでいる外国籍の人が、日本国籍を取得することを帰化と言います。

特に芸能界では韓国から帰化した人がたくさんいます。

そのなかでタレントのソニンさんは日本で生まれて学生時代も日本で過ごしているのに、日本国籍に帰化していません。

日本で活動しており、日本語も流ちょうに話せるのになぜでしょうか?

今回はこのソニンさんの帰化しない理由について調査してみました。

両親や兄弟についても調査しましたので、本人のプロフィールと一緒に紹介します。


Sponsored Links



□ソニンさんのプロフィール

最初にソニンさんの基本的プロフィールをどうぞ。

名前:ソニン
生年月日:1983年3月10日
出身地:高知県
国籍:韓国
血液型:O型



ソニンさんは1983年生まれの現在35歳です。

もうソニンさんも35歳なんですね・・・。

どうりで私も歳を取ったわけだ・・・EEJUMP時代が懐かしい。

ちなみにソニンさんの本名はソン・ソニムと言います。

名前の由来ですがヤフー知恵袋では



「名前の由来は、美味しい御飯が作れる人になれるようにと親が願って付けられた。」

参照記事:detail.chiebukuro.yahoo.co.jp

このように記載されています。

ソニンさんのような美人にオイシイご飯を作られたら、どんな男でもイチコロですよ。

Sponsored Links

芸能界入りのキッカケは?

ソニンさんはSPEEDのコンサートに感動し、モーニング娘のオーディションを受けますが残念ながら落選します。

その後、当時のモーニング娘のマネージャーにスカウトされて芸能界デビューします。

現在は女優としても活動しているんですね。

私が個人的に好きなのは「カレーライスの女」ですね。





□差別で帰化しないのか?

メインのテーマ「なぜ日本国籍に帰化しないのか?」について調査してみました。

どうやら「帰化しても差別される事には変わらないから」という理由で帰化しないという噂が出ています。

参照記事:ameblo.jp



しかし別のサイトでは

「ソニンは雑誌クィク ジャパンとのインタビューから“個人的にそれは
全く多大なことでないと考える”と話した。民族学校で差別の歴史を学
んだが幼かった時からずっと民族名で生活してきたにもかかわらず実際
に差別を受けた経験はないと彼女は明らかにした。」

参照記事:ex5.5ch.net

このように記載されており、差別が原因ではないようです。

もっと調べたところ「月刊ソニン」にて

「私は日本人でも韓国人でもない。『在日』だ」とコメントしていることがわかりました。

だから日本国籍を取得するつもりがないんですね。

このコメントから「どんなことがあろうと私は私」というアイデンティティを感じます。

Sponsored Links

□両親や兄弟について

まずはソニンさんの両親と兄弟について調査してみました。

ソニンさんは日本で生まれていますが、韓国籍を持っている在日コリアン3世です。

3世ということは祖父母が日本に来て住むようになったのでしょう。

両親についてですが、調べてみたところお母さんが日本人、お父さんが韓国人のハーフのようです。

そして兄弟はお兄さんとお姉さんがいるようです。

3人兄妹の末っ子なので「お兄さんとお姉さんによく面倒を見てもらったのだろう」と思ったら、ちょっと違うようです。

実は出身地である高知県には民族学校がなかったため、ソニンさんは寮生活をしながら愛媛県松山市の小学校に通っていました。

そして中高は祖父母の家で生活しながら、兵庫県内の中学・高校に通っていました。

その後は芸能活動のために上京し、都内の高校を卒業しています。

小さい頃から親元から離れて生活していたんですね。

私だったら即ホームシックになる自信があります(笑)。

□これまでの経歴

ソニンさんのこれまでの経歴について紹介します。

EE JUMPとしてデビュー


ソニンさんは1999年にユウキさんと一緒にEEJUMPとしてデビューします。

もともと3人でえデビューするつもりでしたが、メンバーの1人が「サッカーがやりたい」という理由で脱退し、2人組でデビューすることになったんですね。

その後2001年8月に「おっととっと夏だぜ!」がヒットして、ようやく人気が出始めました。

しかし2002年にユウキさんが、キャバクラにいるところを週刊誌のフライデーにスクープされてしまいます。

ユウキさんは当時中学生であり、年齢上の問題で事務所から追放処分を受けたためEEJUMPは解散します。

マルチタレントとして活動

EEJUMP解散後のソニンさんは

・歌
・ドラマ
・バラエティ
・映画


これらに出演するマルチタレントとして活動します。

ただ、その活動内容は

・570キロマラソン
・ドミノ6万個並べる




このような体をはった仕事が続き、なんと3回も体調不良を起こしています。

当時について



「なんでこんなに頑張ってきたのかわからなくなり、虚しくなってしまった」



参照記事:https://dogatch.jp/news/ex/43735/detail/

このように述べています。

とにかく芸能界で活動するために必死だったのでしょう。

舞台女優活動開始

ヘトヘトになってまで芸能活動を続けていたソニンさんに転機が訪れます。

それは2007年にスウィーニー・トッドというミュージカルのオーディションを受けたことです。

この頃は特に舞台に強い興味があったわけではなく、演技に憧れていた大竹しのぶさんと同じ舞台に立ちたくて応募したんですね。

そしてオーディションを合格してスウィーニー・トッドに出演します。

さらに1年後に舞台ミス・サイゴンにも出演するんですね。

実はこの2作品の出演がソニンさんを女優として目覚めさせます。

当時についてソニンさんは



「『スウィーニー・トッド』で、初めて役として生きるという感覚を体験したんです。役が抜けずにふるえちゃって、役を生きるってこういうことなんだ!って楽屋で泣いたのを覚えています。そして『ミス・サイゴン』でのキムが自害するラストシーンで、『あー、わたし、このまま死んでもいい』と思った時、死という究極のシチュエーションで、自分の居場所を見つけた気がしたんです。目標をもって、夢を持って上京したはずなのに、現実がなかなか結びつかなくてずっとモヤモヤしていた自分の、現実と思いがパッと一致した。舞台の世界に来てよかったと」



参照記事:https://www.crank-in.net/interview/44859/1

このように述べており、ここから舞台女優としての活動が本格化します。

単身ニューヨーク留学

View this post on Instagram

. 公式もカウントダウンしているので @1789_toho 便乗して“キャストとの写真”でカウントダウンしていきますね♡ . リュシル役の #則松亜海 ちゃん。 🌷若いのに本当にしっかりしていて初演に引き続き革命家チームとして側でいつも気にかけてくれました。気遣いと歌唱力とスタイル抜群!! . ポリニャック夫人役の #渚あき さん 💎今回初めましてなのですが本当にフレンドリーで話しやすく気がとても合ってたくさんお世話になりました。大先輩なのにその差を感じさせないとっても素敵なお人柄です。(私のことプープーて呼ぶのwだからいつしか私はぷー姉さんって呼んでるw) . この2人とは東京での出待ち部屋が一緒でどんだけお世話になったかw女子トークもとっても楽しかったw . #1789バスティーユの恋人たち #カウントダウン #ソニンと素敵な仲間たち #残り9公演 #103公演目 #7月25日13時公演お待ちしています

A post shared by Sonim ソニン (@sonim_official) on


演劇のスキルを磨くためにソニンさんは、約1年半、ニューヨークに単身で演劇留学します。

しかしソニンさんは当時十分に英語が話せなかったので、留学先ではコミュニケーションに苦戦したようです。

そこでソニンさんは最初から講師に自分は英語が話せないことを伝えて、レッスンを受けていたんですね。

芸能人として「何でもやらなければ」と必死になっていた時期とは異なり、ニューヨークでは「何にもできない、カッコ悪い自分」をさらけ出していたんです。

しかしソニンさんは、そこで「ありのままの自分を受け入れられるようになった」と述べています。

そして「別に失敗したっていい、これもあり」と考えが変わり、気持ちに余裕が出来たと述べています。

ニューヨークで自分の無力さを知り、そこから人間として一皮むけたのでしょう。

そして人間的に魅力が増したソニンさんは、現在まで舞台で活躍しています。

□まとめ

ソニンさんは自分が在日であるというアイデンティティから、日本国籍を取得していないようです。

ソニンさんは自分に信念を持っている強い女性なんですね。

ただ、その信念に辿り着くまでには紆余曲折があったことは事実です。

その苦しみを乗り越えて、自分自身を確立したのでしょう。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です