清塚信也の両親離婚の噂や母親のスパルタ教育とは?美人バイオリニストな姉(美耶)の画像も!

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

人生は家庭環境や家族によって左右されることが多いです。

ピアニスト、劇中音楽制作、そして俳優としても活躍している清塚信也さん。

マルチな才能を発揮している清塚信也さんのルーツは家族と言われています。

今回はこの清塚信也さんの家族にスポットを当ててみました。

両親は離婚しているの?

お母さんのスパルタ教育とは?

お姉さんは美人バイオリニスト?


清塚信也さんに関するこれらの疑問を調査してみましたので、本人のプロフィールと一緒に紹介します。


Sponsored Links



□清塚信也さんのプロフィール

最初は清塚信也さんの基本的プロフィールについて紹介します。

名前:清塚信也(きよづか しんや)
生年月日:1982年11月13日
出身地:東京都



清塚信也さんは1982年生まれの現在36歳です。

見た目とは違い、もう30代後半の年齢なんですね。

雰囲気が若いので、実年齢より若く見えるんでしょうね。

クラシックに対する反発心

クラシックをこよなく愛しているであろう清塚信也さん。

クラシックってよく知らない人からすれば「敷居が高い」という印象を受けますよね。

しかし清塚信也さんが関ジャニ∞の「関ジャム完全燃SHOW」などで、クラシックについて分かりやすく話してくれることで、親しみやすくなっていますよね。

しかしその清塚信也さんの中にはクラシックへの反発心があったようです。

詳細が気になりますね。

あるインタビューで反発心について質問されたところ、



反発心は、20歳頃がピークでしたね。コンクール漬けの人生だったので、コンクール、コンクールと言われて必死に頑張ってきたけど、特に優勝した時に虚無感を感じていました。「なんだったんだろう」という思いが毎回あったのを覚えています。コンクールや優勝することが意味がないこととは言いませんが、何を得るかは人それぞれですからね。コンクールが着地点やゴール点になってしまうと、楽器奏者としては何か失うものがあるというか、コンクールだけが正義ではないと僕は個人的に感じていたのが、それが今の活動の発端となったのは確かかもしれませんね。



参照記事:http://www.billboard-japan.com/special/detail/2549

このように述べています。

音楽に限らず、あらゆる分野でコンクールや賞レースで良い成績を残すことが目標で頑張っている人は多いと思います。

しかし、それだけが全てではないと清塚信也さんは若い時から考えていたのでしょう。

「コンクールで良い成績を残すこと」というのはある意味、常識的な考えと思いますが清塚信也さんはつねに疑問を持っていたようですね。

このことから清塚信也さんは常識にとらわれない性格と思われます。

常識に疑問を持ち、新しいことを考える人から、進化や新しい物が生まれてくるんですよね。

Sponsored Links

□家族について

清塚信也さんが音楽を始めたキッカケとなった家族について調査してみました。

どんな家庭だったのか?

清塚信也さんのご両親は音楽を非常に好んでおり、家の中にはつねにクラシック音楽が流れていたようです。

BGM感覚で流れていたのであれば、クラシック(音楽)がある生活が当たり前だったのでしょうね。

もしかしたらお母さんが清塚信也さんを身籠っていた時からクラシックを聴いていたら、それが胎教になったかもしれませんね。

音楽を始めたキッカケは?

清塚信也さんは5歳の時にピアノを始めます。

絶対音感は5歳までに音楽のレッスンを受けなければ習得できないと言われています。

そう考えると「5歳から始めるのは遅すぎるんじゃないか?」と思いますよね。

実は清塚信也さん、家でクラシックが流れている以外にも2歳上のお姉さん(後程紹介)のヴァイオリンのレッスンについていってたんですね。

ピアノを始めるまでに約3年間、お姉さんのレッスンに同行して音楽を聞いていたので、それで絶対音感が身についたようです。

Sponsored Links

お母さんはスパルタだったのか?

清塚信也さんのお母さんがスパルタだったと噂になっています。

実際に清塚信也さんは中学時代に1日12時間も練習していたようです。

もし真実だとしたら相当なスパルタですよね。

確かに清塚信也さんの才能は凄いですので、その実力を伸ばすためには、そのくらいの時間が必要だったのかもしれません。

ただここまでの文章だと「やらされている感」もちょっと感じますよね。

実際には本人の希望により長時間練習に励んでいたようです。

当時のことについて本人は



中学1年生の時です。同世代の女子たちは、身体が発達して男子を追いこす時期でもありますよね。僕はそれまでコンクールだからと緊張することもなく、いい成績を残すことができていたんですが、中学生になって受けたコンクールでは予選で落ちてしまったんです。それはまるで、生きることを否定されたような気持ちでした。でもよく考えれば、それまで練習を頑張ったことがなかったわけですから、このままでは「負け犬」になってしまうと思いました。それからは1日12時間を目標に練習し始めたんです。その練習時間を作り出すために学校を早退したりもしましたが、とにかく頑張って練習していないと不安で仕方がなかったんです。



参照記事:http://psta.jp/topics/interview/index11.html

このように述べています。

希望というより「このままではヤバい」という危機感が長時間の練習に取り組ませたと思います。

ただ清塚信也さんのお母さんは口癖で

「ピアニストにならないなら生きなくていい。人間は死んだらずっと寝てるんだから今寝るな」

と、言っていたようです。

こんなことを頻繁に言われるのであれば、周囲からスパルタと思われても仕方ないですよね。

私が清塚信也さんの立場だったら、お母さんのプレッシャーで間違いなく胃が痛くなります・・・。

両親は離婚している?

他に「清塚信也さんの両親は離婚している」という噂が出ています。

これについて調査したところ、離婚について確実な情報はありませんでした。

ただ調べていると

・幼少期に離婚している
・実際、婚姻関係は継続しているが、母親のことばかり話を聞くので、父が不在という
ことになっている。


この2つの説を確認することができます。

https://jamaica7.com/archives/3366

こちらのサイトでは、清塚信也さんが番組内で幼少期に両親が離婚していることを告白していると記載されています。

それなので両親が離婚している説のほうの可能性が高いです。

もし離婚していた場合、お母さんは働きながら熱心に清塚信也さんを指導していたことでしょう。

全てを女手1つで行うことは非常に難しいはず。

忙しくともしっかり指導していた清塚信也さんのお母さんは、スパルタと噂されていますが、その裏には深い愛情があることがわかりますよね。

お姉さんは美人バイオリニスト?

清塚信也さんのお姉さんも音楽家として活動しています。

名前は「清塚美耶」と言います。

美人と噂になっているので調査してみたところ、こちらのサイトに美耶さんの画像が掲載されています。

清塚信也の母親の取ったトンデモ行動とは!?姉は美人なバイオリニスト!結婚は?



見た感じだと「上品な美人」という印象を受けます。

もし私がお姉さんのコンサートに行ったら、奏でる音色ではなく、お姉さんの美貌に集中してしまいそうです(笑)。

□まとめ

清塚信也さんのご両親は離婚しているという説が強いことがわかりました。

またお母さんは姉弟2人をプロにするために、厳しい指導をしたことは事実のようです。

どの世界でもプロになることは非常に難しいです。

しかし清塚信也さんのお母さんは姉弟2人を見事に音楽家にしています。

上記のように周囲からスパルタと噂されていたので、その指導は凄まじいものもあったでしょう。

他の子供だったら逃げ出してしまうかもしれませんが、塚原親子の間には信頼関係があったから厳しい指導でも子供達がそれに応えたのだと思います。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です