宮根誠司の二重のプチ整形が変過ぎて失敗⁉︎顔を変えた理由や費用はいくら?

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

番組のMCってその番組の顔ですよね。

視聴者はMCの顔を無意識によく見ていると思います。

そのMCが急に顔が変わったらびっくりしますよね(;゚Д゚)。

多くの番組でMCを務めている人気タレント宮根誠司さんの顔が急に変わったとSNSでは騒ぎになっています。

確かに芸能界と整形って関係があるのは分かっていますが、それはアイドルなどビジュアルが重要なポジションの人だけかと思っていました。

宮根誠司さんって、そんなにビジュアル関係ないような・・・・。

そのような理由から、なぜ宮根誠司さんが整形を行ったのか気になりました。

整形失敗?

顔を変えた理由は?

費用はいくら?


宮根誠司さんの整形に関するこれらの疑問を調査してみましたので、本人のプロフィールと一緒に紹介します。

Sponsored Links



□宮根誠司さんのプロフィール

最初は軽く宮根誠司さんの基本的プロフィールをどうぞ。

名前:宮根誠司(みやね せいじ)
生年月日:1963年4月27日
出身地:島根県



宮根誠司さんは1963年生まれの現在55歳です。

あと5年後に還暦とは思えないほどパワフルですよね。

関西大学卒業後に朝日放送に入社して、朝番組の司会を務めていました。

2004年に朝日放送を退社してフリーとして活動を開始します。

現在は自身で事務所を設立し、情報ライブ ミヤネ屋などのMCを務めています。

□整形について

さて本題です。

宮根誠司さんは整形したようですが、顔がどのように変化したのでしょうか?

実際に画像比較してみましょう。


確かに目が二重になっていて、ちょっと違和感がありますね。

Sponsored Links

ツイッターの反応

今回の整形疑惑について、いろんな人のツイッターを見てみると、





やはり、宮根誠司さんの目が気になるようです。

情報番組なのに、最新ニュースより宮根誠司さんの目のほうが、インパクトに残ってしまった人もいるでしょう。

本人はなんと説明している?

宮根誠司さんは自分の目が変わっていることを自覚しており、番組で「左目が腫れてるってみなさんに心配されている」と自身で説明しています。

また気になる理由については、ニフティニュースによると



左まぶたが下がっていると指摘されて病院に行ったところ、医者から「加齢」が原因だと言われ、施術を勧められたという。10分ほどでまぶたを縫いあげ、「まだ少し腫れていますけど、結果的にプチ整形」と笑いを誘い、「これがどうなっていくか皆さんお楽しみに」と呼びかけている。



参照記事:news.nifty.com

このように記載しています。

どうやら加齢により、まぶたが弛んで視界が悪くなったため、吊り上げる手術を受けたようですね。

番組に共演していた梅沢富美男さんも共感しており、「僕もやろうと思ってる」と述べています。

これにより確かに整形手術であることは間違いないですが、理由は加齢対策のようですね。

失敗なのか?

SNSで「整形失敗」という声が挙がっていますが、もともとは下がったまぶたを吊り上げることが目的なので手術は成功を考えてよいでしょう。

またこの件がヤフーニュースにもなっていることを考えると、「注目を浴びる」という意味では大成功なのではないでしょうか。

Sponsored Links

□手術について

宮根誠司さんが受けた手術について調べてみました。

眼瞼下垂

このまぶたが下がる症状を眼瞼下垂というようです。

概要は



眼瞼下垂とは、目を開いたときに上まぶたが下がってしまい、黒目に当たる部分が隠されてしまう状態を指します。垂れ下がった上まぶたにより目の一部が覆われることになるため、視野が狭くなるといった機能障害をもたらすことがあります。
眼瞼下垂は生まれつきみられることもあれば、加齢と共に生じることもあり、タイミングや原因によっては、弱視や複視などといった機能障害を併発することもあります。また、見た目は眼瞼下垂のようでも、実は眼瞼下垂の範疇(はんちゅう)に入らないものもあります。原因の見極めのほか、機能的な予後や美容的な意味合いも考慮しつつ、適切なタイミングで手術などの治療が必要な病気です。


参照記事:medicalnote.jputm_campaign=%E7%9C%BC%E7%9E%BC%E4%B8%8B%E5%9E%82&utm_medium=ydd&utm_source=yahoo

加齢により起こる可能性もあるため、誰でも発症するかもしれないんですね。

どうやって手術するの?

実際に宮根誠司さんがどのように手術を受けたか不明ですが、一般的に眼瞼下垂の手術方法は森井眼科医院のホームページによると



眼瞼下垂とは、まぶたを引っ張り上げている筋肉が伸びてしまって弱くなっている状態だとお考えください。
筋肉をゴムに例えますと、ゴムが古くなり伸びてしまっている状態を想像してください。このゴムが再び引っ張り上げる力を回復するためには、ゴムを短くして再びつけ直せばよいですね?
眼瞼下垂手術は、まぶたの中の板(瞼板)に付着しているゴム(眼瞼挙筋腱膜)を探し出し、短く縫いつけることによって再び張力を回復する手術です。
当院では、両眼開放下で常に左右のバランスを意識しながら手術を行います。


参照元:morii-ganka.jp

このように記載されており、時間は片目で20分程度のようです。

気になる費用は?

手術費用については病院によって異なりますが、森井眼科医院の場合は3割負担で21,600円となっています。

参照元:morii-ganka.jp


□まとめ

宮根誠司さんは加齢によりまぶたが下がったため手術を受けました。

整形手術のように感じますが、眼瞼下垂の場合は病気の一種ですので医療と考えてよいでしょう。

また気になる費用は病院によって異なりますが、3割負担で2万円程度のようです。

もしかして今回の宮根誠司さんの件で、眼瞼下垂で悩んでいる人の多くが手術などの治療を受けようと考えるかもしれませんね。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です