小手伸也とザキヤマ&地獄のミサワの似すぎ画像が凄い!若い頃は痩せてイケメンってマジ?

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

「シンデレラおじさん」と呼ばれ、2019年にブレイクするのではないかと言われているベテラン俳優を知っていますか?

それが小手伸也さんです。

2018年は「コンフィデンスマンJP」、「チア☆ダン」、「SUITS/スーツ」などのドラマに出演しており、脇役ながら存在感を示していました。

この小手伸也さんですが、若い時はイケメンと噂になっています。

しかも山崎弘也さんや地獄のミサワさんに似ていると噂されています。

今回はこの噂の真実を調べてみました。

本人のプロフィールと一緒に紹介します。

小手伸也(シンデレラおじさん)の経歴や俳優の年収は?現在のバイト先や結婚後の家族について


Sponsored Links


□小手伸也さんのプロフィール

最初は小手伸也さんのプロフィールについて紹介します。

名前:小手伸也(こて しんや)
生年月日:1973年12月25日
出身地:神奈川県
身長:177センチ
血液型:B型



小手伸也さんは1973年生まれの現在45歳です。

早稲田大学在学時から演劇を行っており、自身で劇団innerchildを主宰しています。

癒し系からアクの強いキャラまで幅広い芝居が出来ると評判です。

□若い時はイケメンなのか?

さてダンディズム漂う小手伸也さん。

若い時はイケメンだったのでしょうか?


ちょっとハーフっぽくてイケメンですね。

Sponsored Links

山崎弘也に似ているのか?

さて次の疑問、山崎弘也さんに似ているのでしょうか?

なんとなく顔のジャンルは同じような気がしますが・・・・。

こちらが山崎弘也さん。


顔の輪郭が同じで、まるで兄弟のようですね。

ちなみに若い時の山崎弘也さんはこちら。



なんか若い時はそんなに似ていないですね~。

地獄のミサワに似ているのか?

次に「地獄のミサワさんに似ているのか?」という疑問についてです。

地獄のミサワさんは漫画家で素顔を公開していません。

ですので正しくは「地獄のミサワさんが描いた漫画に似ているのか?」という疑問です。

実際の漫画がこちらです。


確かに似ていますね。

小手伸也さんと地獄のミサワさんの漫画が似ているということは、山崎弘也さんと地獄のミサワさんの漫画も似ているということになります。

Sponsored Links

ロバートデニーロにも似ているのか?

これは私個人の予想ですが、ロバートデニーロさんにも似ているのはないでしょうか。

論より証拠。

実際の画像がこちらです。


若い時の小手伸也さんに似ていますね。

現在のロバートデニーロさんがこちらです。


小手伸也さんと山崎弘也さんも年齢を重ねると、このような風貌になると思われます。

□小手伸也さんってどんなキャラクター

小手伸也さんが、いろんな人に似ていることはわかりましたが、どんなキャラクターか気になりますね。

小手伸也さんの評価は下記の通りです。

〇Weekiyぴあ


黙っていれば日本人離れした顔立ちのちょっとした二枚目の小手伸也。しかし体や顔のデカさ、存在感、テンション、何もかもが強烈なまでに濃厚で、クドイ。存在自体がまるで飛び道具。〝早稲田最後の核弾頭〟と囁かれ、一度観た者には決して忘れられない印象を残す。「ドラマのエキストラをやっていた時、何もしていないはずなのに〝君を撮ってるワケじゃないんだよ〟って注意されたり、映っているはずのシーンも後で見たら微妙に俺だけカットされてたりしました」――――そのたたずまいだけで充分に濃いことを証明する逸話だ。
一方、自らの主宰するユニットでは笑いの他に心理学や精神病理を扱い、緻密な設定で重厚な舞台を構築。作り手としては、あの怪演からは想像できないほど、丁寧で細やかな一面がある。




〇週刊SPA


役者としては拙者ムニエル、カムカムミニキーナなどで濃厚な演技を見せる注目株。世界を手中にできそうな絶大な波動が、大きな笑いにつながるという希有な存在。一方、自分の劇団では笑いというより、精神世界に目を向けたシリアスな作風を展開している。




〇『シアター・ドロップス~小劇場の友』


innerchildを主宰し、拙者ムニエルやカムカムミニキーナなどへの客演でも活躍している小手伸也は、つかみどころのなさが魅力。外人ぽい甘めのベビーフェイスは、ぽっちゃりとした体型とあいまって可愛らしい印象を与えるが、単に腹の出た中年オヤジのようでもあり、カッコいいのか気持ち悪いのか、強いのか弱いのか、さっぱりわからない。そこから繰り出される演技やギャグも、どこまでマジなのか測りかねるものだし、しかもinnerchildでは人の深層心理に迫る精神世界を描いているのだから、一度、頭の中を割って見てみたいもんだと思う。




〇『演劇ぶっく』内連載中「粟根まことの人物ウォッチング」


小手伸也、「innerchild」主宰で作・演出家でもある。心理学なども題材にしたり、かなり真面目な芝居をやってるらしい。見たことはないが。今回、「轟天3」で御一緒する直前、ある所で一緒になったのだが、なんともおもしろい男だなあと思った。特にツッコミが。ただ、台本にないオフ台詞のツッコミの声がデカくて、芝居のジャマをするのには困るが。

小手君はかなりのマイペース。そして時間にルーズだ。いや、彼なりのマイペース時間があるのだろう。なんか気に入らない。しかし、楽屋で小道具のエアガンで遊んでいた時、はねかえった弾が彼の首すじにあたって痛い思いをさせてしまった事があるので、その点では彼に負い目があるのだ。ちょっとホメておこう。頭が良くて二枚目で冷静で、作り笑顔の似合う男である。

あ、ホメてないか?




参照記事:https://sv116.wadax.ne.jp/~innerchild-web-com/aboutkote/index.htm#jinnbutsu

これを見ると味わい深い人物のようですね。

□まとめ

小手伸也さんは噂通りに若い時はイケメンで、山崎弘也さんと地獄のミサワさんの漫画にソックリでした。

2019年はもっと活躍の舞台が増えると思いますので、皆さん注目しましょう。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です