勝海麻衣(銭湯絵師)の高校や家族は?東京藝大モデルが盗作した構図や性格について

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

絵や歌、そして演劇、それらを0から作り出すアーティストって才能の塊だと思います。

そしてその作品に私たちは感動しますよね。

しかし、その作品がもし盗作とだとしたらどう思いますか?

見ている側の人間は一切感動しませんし、盗作された側の人間としては苦悩の末に生み出した作品を軽々しく使用されることに怒りを感じると思います。

銭湯絵師として活動している勝海麻衣さん。

この勝海麻衣さんに盗作疑惑がかかっているんですね。

これは本当なのでしょうか?

今回はこの勝海麻衣さんにスポットを当ててみました。

出身高校は?

家族は?

本人の性格は?

今回の盗作騒動とは?


勝海麻衣さんに関する、これらの疑問を調査しましたので本人のプロフィールと一緒に紹介します。


Sponsored Links



□勝海麻衣さんのプロフィール

最初は勝海麻衣さんの基本的プロフィールをどうぞ。

名前:勝海麻衣(かつみ まい)
生年月日:1994年
出身地:東京都



勝海麻衣さんは1994年生まれで現座は24歳~25歳の年齢だと思います。

家族について

絵師の勝海麻衣さん。

もしかしたら家族も芸術家なのかな・・・と思いましたが、なんと医師の家庭に育っていたんですね。

医師の給料って普通のサラリーマンより高いので、きっとお嬢様育ちだったのでしょう。

気になる高校ですが、やはりお嬢様なのでしょう、幼稚園から高校まで名門・四谷隻葉に通っていました。


□なぜ銭湯絵師になろうとしたのか?

絵のジャンルって絵画や人物画などたくさんありますよね。

しかしなぜ勝海麻衣さんは銭湯絵師の道に進んだのでしょうか?

これについて本人はインタビューで



小学校2年生の時に家族で伊豆に旅行に出掛けたことがあったのですが、その帰りに銭湯に立ち寄ったんですね。その時に広い壁いっぱいに描かれた富士山の絵を見て、こんな大きくてダイナミックで自由な絵があるのかとすごく感動したんです。また、見ず知らずの、たまたまその銭湯に居合わせたさまざまな世代、年齢の人たちと一緒に湯船に浸かって、同じ絵を見て癒やされる。そんな空間って日本にしかない特殊な文化で、それを作り出している銭湯絵にすごく魅力を感じたんです。それで、絵は小さい頃から好きでよく描いていたのですが、私も大きくなったら銭湯絵を描いてみたいと思った。それが最初のきっかけです。



参照記事:https://next.rikunabi.com/journal/20181130_p01/

このように述べています。

よほどインパクトがあったのでしょうか?

その時から「自分はこの道に進む」と決意したようです。

このエピソードからちょっと感情で物事を判断する印象がありますよね。

しかし師匠である丸山清人さんに弟子入りする前に、自分が絵に対して素人であることから一旦、武蔵野美術大学で絵画の勉強をします。

そして絵画について知識と実力がついてから、丸山清人さんに弟子入りをお願いするんですね。

どうやら感情的な部分も持ちつつ、自分を冷静に客観視できる性格のようですね。

□盗作騒動について

さて本題です。

勝海麻衣さんに盗作騒動が出ています。

芸術家として他人の盗作は絶対あってはならないですよね。

これは本当なのでしょうか?

この騒動について詳しく調べてみました。

騒動の経緯

最初は騒動の経緯についてです。

事の発端は大正製薬から発売される新炭酸飲料「RAIZIN」の、イベントに使用される虎の絵を勝海麻衣さんが描きました。

しかし、その虎の絵がイラストレーター・猫将軍さんが過去に描いた作品と似ていたんですね。

それにより今回の騒動が起きました。

本当に盗作なのか比べてみよう

絵に限らず、音楽や芝居など人の作り出すものですから、偶然的に似てしまうことがあります。

ただ、今回はここまでの騒動になっているので、相当似ているのでしょう。

どのくらい似ているのか気になりますね。

実際に2つの絵を比べてみましょう。


左が勝海麻衣さんの虎の絵。

そして右の絵が猫将軍さんの虎の絵です。

こ・これは確かに似ていますね・・・。

これ事情を全く知らない人が見たら、「同じ絵でカラーか白黒の違いでしょ」と言いそうですよね。

確かに猫将軍さんからすれば「ちょっと待って」となりますよね。


猫将軍さんのプロフィール

「猫将軍って誰?」と思っている人のために、猫将軍さんの基本的プロフィールについて紹介します。

活動名:猫将軍(ねこしょうぐん)
生年月日:1982年10月3日
出身地:和歌山県



猫将軍さんは1982年生まれの現在36歳です。

猫将軍さんは幼少期から絵を描いており、2004年に若手アーティスト発掘プロジェクトのオーディションを合格しています。

その後は2006年に個展を開き、氷室京介さんのアルバムCDのジャケットを手掛けるなど、第一線で活躍しているイラストレーター&デザイナーです。

無名のデザイナーが売名のために騒ぎを起こすことがありますが、今回は実績のある猫将軍さんからの疑問なので、注目が集まっているのでしょう。

ちなみに猫将軍さんは勝海麻衣さんの絵に対して



「私の絵は構図を優先させるため全体的に大まかな流れを作りながらそれに沿う形で影や模様や骨格等をリアルでは不自然なレベルにむりやり捻じ曲げて描いているのでデッサンの狂った部分がある意味私の絵の個性になっています。その部分が偶然一致する事はまあなかなか無いと思うんですが」



https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000005-tospoweb-ent

このよういコメントしています。

また勝海麻衣さんから謝罪メールを頂いたようですが、



「謝罪のメールは頂いたのですが試行錯誤した結果似てしまったとのことでしたが納得できるわけないでしょう」



参照記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000005-tospoweb-ent

このように怒りのコメントを発しています。

盗作は認めていない

この騒動で勝海麻衣さんは謝罪コメントを発表しています。

内容は下記の通りです。



「先日、私が参加させて頂いた渋谷でのイベントにて描いた絵が他の作品に酷似しているというご指摘を頂戴いたしました。まずはお騒がせをし、ご迷惑をおかけしたこと心よりお詫び申し上げます」
「頂いたご指摘を真摯に受け止めまして、今後はそういったご指摘を再度頂戴することの無いように、自分自身を常に律しながら精進していきたいと考えております」



参照記事:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190329-00000005-tospoweb-ent

どうやら騒動に関しては申し訳ないと思っているようですが、盗作は認めてないみたいですね。


□まとめ

勝海麻衣さんの絵は確かに猫将軍さんの絵に似ていました。

しかし本人は否定しているので、今後この問題がどのようになっていくのか気になります。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です