お盆休み2019で短期留学のオススメはどこ?台湾やセブ島リゾートコースについて

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

令和元年。

ゴールデンウィーク10連休が終わり、燃え尽きてしまっていたり若干鬱っぽくなっているあなた。

まだ次はお盆休みがありますよ。

ボーナスも入って経済的に余裕が出来たら、お盆休みは思い切って海外留学などいかがでしょうか?

「そんな短期間で海外留学できるの?」と思っているあなた。

実はその名のとおりに短期留学なら可能なんです。

今回はこの「お盆期間中の短期留学」にスポットを当ててみました。

おすすめはどこなのか?

台湾とセブ島コースとは?

これらの疑問について調査しましたので紹介します。

□今年のお盆休みは
「お盆休みってどのくらい長いっけ?」と思っているあなたにまずはお盆休みについて説明します。

令和元年&2019年のお盆休みは8月10日~8月18日までとなっています。

なんと9連休!!

これに有給休暇をつけて10連休というのも許されればアリですよね。

一生懸命は会社で働いていて、長期休暇なんて滅多にありません。

このチャンスを海外旅行に活かすべきではないでしょうか?

お盆休み期間の宅急便の集荷と配達予定は?冷凍品や生鮮食品配送の注意点について

お盆休み2019の市役所が開庁してるのはいつ?銀行や郵便局もチェック!


Sponsored Links

□盆休み期間中の海外留学について


さて本題です。

お盆休み期間中の海外留学について紹介します。

「こんな短期間で留学先なんてあるの?」と疑っているあなた。

本当にあるんです。

これからいくつか紹介します。

台湾コース


中国の目まぐるしい経済発展により、中国語も話せると今後の仕事で飛躍する可能性があります。

英語は義務教育で習いますが、中国語は自分から意識しなければ勉強できません。

台湾の短期留学では長栄大学で中国語を学ぶことができます。

「ぷらっと台湾」というサイトでは

台南市内から電車で20分ほどにある「長栄大学」という大学で、キリスト教系の私立大学です。長栄大学には日本語学科もあるため、日本語を勉強したい台湾の大学生とも交流ができます。
今年、その長栄大学でお盆休みプランができました!8日間のプランですが、一日3コマの中国語レッスンに課外・交流活動が盛りだくさんで、内容がとても充実しています。希望すればホームステイの手配も可能となっています。

参照記事:plattaiwan.com

このように紹介しています。

授業だけでなく課外活動に参加できるのは嬉しいですね。

台湾留学コースの詳細について

実際にどのような授業が受けられるのか?

どんなところに泊まるのか?

これらが気になりますよね。

毎日留学ナビというサイトを調べたところ、詳細は下記の通りになります。

受講期間:2019年8月11日~8月18日(8日間)

スケジュール
11日 移動
12日 午前 オリエンテーション・レッスン  午後 文化講座
13日 午前 中国語レッスン3コマ      午後 台南文化体験ツアー
14日 午前 中国語レッスン3コマ      午後 交流活動
15日 午前 中国語レッスン3コマ      午後 交流活動
16日 午前 中国語レッスン3コマ      午後 送別会
17日 終日自由活動
18日 帰国

※ 授業は午前9:10~12:00 午後13:20~16:10

このような盛沢山のコースになっています。

宿泊は学内にあるシングルルームの寮に滞在します。

さて気になる料金ですが

旅行プラン(ベーシック)225,000円~
現地集合・解散プラン 128,000円
プログラムのみ(航空券・滞在先なし)78,000円

このようになっています。

これらのコースにオプションを追加すると金額が変わるので、詳しくはホームページを確認してください。

https://ryugaku.myedu.jp/taiwan/special/chouei.html

セブ島コースについて


続いてはセブ島コースについて紹介します。

セブ島でゆっくり・・・てなわけにはいきません。

短期間で語学力を見に付かなければいけないので、スピーキング特化型語学学校に通ってもらうことになります。

特徴としては日本にある語学学校だと「大勢対1人の先生」というイメージがありますよね。

それに対して、スピーキング特化型語学学校は違います。

留学比較Styleというサイトでは

スピーキング特化型の語学学校としては、マンツーマンレッスンの割合が多い語学学校となります。英語学習は、話す、聞く、読む、書くといった基本の4技能を学習し、英語能力を高めていきます。そのため、フィリピン留学時も同じように、スピーキングのレッスン、リスニングのレッスン、リーディングのレッスン、ライティングのレッスンを受講します。
グループレッスンの場合、リスニングや、リーディングのレッスンは、講師の方の一方的なレッスンになってしまいがちですが、マンツーマンレッスンになると必ず、講師に対して、話すというアプトプットの要素が入ります。このため、マンツーマンレッスンの割合が高い語学学校はスピーキングの要素を伸ばすには最適な語学学校となります。

参照記事:ryugaku-hikaku-style.com

このように紹介しています。

1人って逃げ道ないですよね・・・・でもその分、スキルアップすることは間違いありません。

セブ留学コースの詳細について

1日のスケジュールは学校によって異なりますが、ターゲットグローバルイングリッシュアカデミーの場合はスケジュールは下記の通りです。

7:00~7:45 朝食
8:00~8:50 1限目
9:00~9:50 2限目
10:00~10:50 3限目
11:00~11:50 4限目
12:00~12:50 昼食
13:00~13:50 5限目
14:00~14:50 6限目
15:00~15:50 7限目
16:00~16:50 8限目
17:00~17:50 自由時間
18:00~18:50 夕食時間
19:00~21:00 ナイトクラス(月~木)
21:00~ 自由時間、就寝

なんと本当に英語漬けですね。

授業内容は

・リーディング
・ライティング
・スピーキング
・リスニング
・その他(TOEIC対策等)

これらを各コマで集中的に行います。

気になる宿泊ですが、台湾コースと同様に学校内の寮を使用します。

シングルルームであるかは学校やコースによって異なるので、申請時に確認してください。

ハードスケジュールなので1人の時間が欲しい人はシングルルーム。

皆と仲良くワイワイ過ごしたい人は大部屋で過ごすのが良いでしょう。

料金ですが、これもコース等によって異なります。

阪急交通社の場合、8日間1人1部屋コースで189,000円となっています。

参照記事:hankyu-travel.com

□他におすすめのコースは?

台湾、セブ島にもまだおすすめのコースはあるのでしょうか?

調べてみたところ、いろいろあるようで全てが素晴らしいです。

その中でフィリピンをお勧めしようと思います。

フィリピン留学について

社会人は学生と違い、時間がありません。

お盆休みも9連休ですが、遠い国に行ってしまうと移動時間が多く取られてしまいます。

それに比べてフィリピンは日本から直行便があるので、移動時間が少ないのです。

つまりそれだけいろんな経験が出来るんですね。

またフィリピンはアジア圏ですが、英語を使用しているので語学力アップは間違いありません。

住まいは台湾とセブ島と同じで学校が保有している寮で生活します。

そして費用面ですが、学費と寮費の合計で72,000円と言われています。

しかしこれに教材費、航空券等が加算されるので、詳しくは申請時に窓口に確認してください。

□完全に語学をマスターできるのか?

お盆期間中に語学留学して外国語をマスターできるのか?

もし全く語学の経験が無い場合は完全にマスターするのは困難でしょう。

もともとその語学を勉強している人が、より知識やスキルに深みを増すためのものでしょう。

しかしあまり語学に自信がない人でも、異文化交流としては非常に有意義だと思います。

□まとめ

台湾、セブ島の語学留学が両方とも素晴らしく、行けば絶対に収穫はあると思います。

ただやはり海外に行くので費用はそれなりにかかることを覚悟してください。

もし短期間でも語学留学すれば、その思い出は一生残るでしょう。

いろいろアクティブに動き過ぎて「お盆休み明けの仕事が疲れて集中できない」ということにならないように注意してください。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です