コムアイ(水曜日のカンパネラ)の過去が鬱過ぎ!名前の由来や本名は?

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

アーティストの雰囲気やオーラは人を惹きつけます。

その独特の世界観が人を魅了させるんですね。

最近、独特な楽曲とオーラで多くのファンがいる人気アーティストがいます。

それが水曜日のカンパネラのコムアイです。

彼女には他の人にない一風変わった雰囲気があると噂になっています。

一体どのような女性なのでしょうか?

人間性や魅力を含めて紹介します。

Sponsored Links


コムアイ(水曜日のカンパネラ)のwiki風プロフィール

アーティスト名:コムアイ
本名:興美咲
生年月日:1992年7月22日
強み:鹿の解体

鹿の解体を強みとしています。

そもそも女子が動物の解体をするなんて信じられませんよね。

しかもコムアイさんはライブ中に解体ショーを行っています。

うーん、噂通りのぶっとび具合ですね!



名前の由来や本名は?

本名は「興美咲」と言います。

ではなぜコムアイなのでしょうか?


苗字と名前の漢字一文字をアルファベットで表すと「KO」と「MI」になります。

この2つをくっつけて、MとIの間に_(アンダーバー)を入れると「KOM_I」になります。

もともと「KOMI」にするつもりでしたが、すでに誰かにその名前は使われていたためアンダーバーを入れたようです。



出身大学は?

出身大学は「KSC」です。
これはケンタッキーフライドチキンではありません。

慶応大学藤沢キャンパス出身ということです。

中学から大学まで慶応一筋の秀才なんですね。

このKSCは政治家、アーティスト、プロ野球選手と多くの才能を輩出してきました。

コムアイさんも在学時は他の分野の天才達から刺激を受けてきたのではないでしょうか。

Sponsored Links

過去が欝過ぎる?

綺麗なコムアイさんですが、過去が欝すぎると言われています。

名門慶応の中等部に通っていましたが、友達が全くいなかったようです。

幼少期は大人の女性に憧れて、紙を胸に入れる「おっぱい作り」という遊びにハマっていました。

その独特な世界観が共感されなかったんですね。

まさしく「孤高」という印象を強く受けます。



弟や家族との関係は?

天才を生み出したコムアイさんの家族について気になります。

お父さんは富士通アメフト部の部長で名解説者として有名です。

弟も慶応大学に通っており、成績優秀な家庭のようです。

家族そろって写っている写真もあり、とても仲がよいことがわかります。

まさに絵に描いたような幸せな家族ですね。

しかしハワイに行って一度も海を見ないなど他の家族とは違うマニアックな一面もあるようです。

Sponsored Links

彼氏はいるの?

彼氏については週刊誌の取材であっさり認めています。

彼氏はクリエイターのようです。

ただ他の芸能人と違うのが隠すことはせず、その週刊誌の表紙でポーズを決めています。そして取材した記者と彼氏と3人で食事をしたようです。

週刊誌のレポーターって嫌われているイメージがあり、それを覚悟していると思いますが、ここまで手厚くサービスされるとビックリしますよね。



【コムアイ(水曜日のカンパネラ)】まとめ

コムアイさんが知人のホームパーティーに行った時に、声をかけられて水曜日のカンパネラが結成されました。

驚きなのは、そもそもコムアイさんはアーティスト希望ではなかったのです。

どこか人を惹きつける魅力があったのでしょう。

その予想は的中し、現在の成功につながっています。

常識というのは普通の人が決めたことであり、普通の人はそれを超える事に抵抗を感じてしまいます。

それゆえ常識を超えた世界観持ってる人に魅力を感じてしまうんですね。

水曜日のカンパネラが見せるライブの世界観は、常識に縛られた一般人を非常識かつ非現実な世界に連れてってくれます。

興味がある人は是非1度ライブで感じてみてください。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です