石田正子(スキー)の出身高校や大学は?現在の所属やかわいいけど結婚してる?

Pocket

クロスカントリースキー 石田正子選手を徹底調査!!



日本人選手で初めてワールドカップ長距離種目3位入賞!!

美幌町「栄誉賞」を受賞するなど、活躍が著しい石田正子(いしだまさこ)選手。

国内よりも海外遠征が多いと言われているだけあって、海外の人の方が知られている説も

でているようです。

30歳過ぎても美人アスリートとして大活躍されている石田選手とはどんな選手なのか?

調べてみました!!

Sponsored Links


【プロフュール】

‹LŽÒ‰ïŒ©‚·‚éƒXƒL[‹——£—Žq‘㕂̐Γc³Žqi‚i‚q–kŠC“¹jiƒJƒiƒ_EƒEƒBƒXƒ‰[j


名前  :石田正子(いしだまさこ)
生年月日: 1980年11月5日
身長  : 161cm
体重  : 56kg
出生地 : 北海道
出身地 : 北海道綱走郡美幌町
出身校 : 旭川大学高校
日本大学 文学部体育学科

現在はJR北海道 北海道札幌市在住!!

社会人になっても現役選手として活躍しています!!



【スキーとの出会いや生い立ち】




小さな学校で複式授業の一環として、全校生徒が夏はマラソン、冬はクロスカントリーをしていました。

その為、小学校1年生の時からスキーを始めていました。

冬の体力作りで始めたのがきっかけだそうです。

北海道出身者に多い傾向ですね。

その頃からもっとスキーの知名度、認知度が上がって欲しいと願っていました。

スキーをやっていくにつれてオリンピックでメダルを取ってもっと注目されたいと思っていたそうです。

意識の高さが違いますね。


その強い気持ちを持って練習や大会に取り組んだ結果が今に生かされていることでしょう。

高校生の時は顧問の先生や同級生から「元気だね」「悩みがなさそう」という印象を持たれていました。

石田選手自身はそんなこと思っていなかったようです。

普段から冷静な性格で笑顔で受け答えをしていたのが周りにそういう印象を持たせていたようですね。



年頃の女の子にはとらえ方によってはイラっときてしまう場面でしょうね。

そんな状況でも結果を出せるのはメンタルの強さなのか!?

芯の強いたくましい女の子だったのでしょうね。



そんな高校時代は国内では無敵の有望選手でした。

シニアになっても国内では表彰台に上がったが国際大会では歯が立たなかった。

それが悔しくてもっと世界で活躍できる選手になりたいと思ったようです。



【成績 経歴】

高校時代は高校総体、高校選抜、ジュニアオリンピック、国体で優勝

2001年3月にクロスカントリースキー・ワールドカップに初出場。

インカレでも3連覇を達成。

Sponsored Links


2006年W杯デボス大会10kmクラシカル 自己最高14位

2006年トリノオリンピック初出場

2008~2009年W杯ヴァルディデントロ大会10kmクラシカル 自己最高11位

世界選手権で団体スプリント4位入賞、10kmクラシカル8位入賞

W杯トロンハイム大会30kmクラシカル3位 初の表彰台

2010年バンクーバーオリンピック 30kmクラシカル5位入賞

2011年冬季アジア大会で2種目金メダル!!

2014年ソチオリンピックにも選出される!

2015年ファルン世界選手権10kmフリー 7位入賞

2017年平昌で開催のW杯距離複合3位



【強さの秘密は?】

まだ優勝経験はない石田選手。

しかし着実に結果として順位は上がってきています。

そんな石田選手の強さの秘密は

「常に自分で考えて行動すること」

速くなりたいならその環境を手に入れる。
現実に甘んじることなく常に努力を惜しまない石田選手の積極的な行動に
海外のコーチも絶賛するほど。

時々わがままを突き通しているようにも見えますが、
そのくらい勝ちたい欲求や強い信念がある証拠ですね。

見た目は女性ですが、気持ちは男性にも引けを取らないくらいの頑固なのか?

今後の石田選手の斬新な考えと行動が気になりますね。



【世界との差を埋めるのは?】

しかしまだそれだけではトップレベルと渡り合えない。

トップ3の選手達との圧倒的な違いは筋力、パワー、ハイレベルなスキーの技術。

・体幹

特にトップスピードの時、スピードを減速させずに維持できるか

・力を推進力に変える技術

下りでスピードが減速する前にスピードを殺さずに平地、のぼりに繋げるか。
スタートから一気にトップスピードに持っていく、スキーを滑らせる能力

・絶対的スピード力

広背筋、大胸筋が弱い。

体格の差もありますが、トレーニング次第ではそれを上回れる力はあると信じています。


また、日本では環境が不十分な所が多いのが課題。

練習環境の良い場所でいかに質の高い練習ができるか!?

今後はより質の高い精度を上げた練習をこなしていけるかが鍵を握ることでしょう。

逆光に打ち勝ってきた石田選手ですからまだまだ進化していきそうですね。

年齢に負けない石田選手の優勝も間近!?

是非今後の活躍に期待したいですね。

Sponsored Links


【彼氏は? 結婚は?】

石田選手の彼氏は!?
ご結婚は!?

気になる所だと思いますが、今の所、情報がありませんでした。

容姿が美人な石田選手の事ですから、すぐにできてもおかしくないですね。

海外遠征も多い石田選手なので、もしかしたら海外の選手との交流も多いから国際結婚もあるかも!?

そんな石田選手をサポートしてくれる包容力のある男性が似合いそうですね。

愛のパワーが加わったらさらに競技力が上がるかも!?

そんなプライベートなステキなご一報も聞けるのも楽しみですね。


出典:http://www.ryokudo.com

【石田正子】まとめ

まだまだマイナーと言われているクロスカントリースキー。

「冬季マラソン」とも呼ばれるくらい過酷なこの競技は見所満載な競技です。

クロスカントリースキーは長距離から短距離のスプリントまで幅白い種目が展開されます。

その競技ごとで違った面白さがあるので是非テレビで観戦して応援しましょう!!

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です