金賢姫(大韓航空機爆破事件)元死刑囚はなぜ恩赦された?事件の真相や背景・目的を調査

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

金賢姫(大韓航空機爆破事件)元死刑囚はなぜ恩赦された?
事件の真相や背景・目的を調査

世界各国では頻繁にテロ事件が起きています。

実は数十年前に日本人が
関わったのではないかと
疑いがかけられたテロ事件が
あったのを知っていますか?

それが大韓航空機爆破事件です。

その主犯の一人が「金賢姫」という女性です。

普通テロリストの主犯は死刑になりますが、
金賢姫は恩赦で裁かれることを免れました

なぜ赦されたのでしょうか?

大韓航空機爆破事件の真相や目的などと一緒に紹介します。

Sponsored Links

大韓航空機爆破事件とは?

まず、問題となった

大韓航空機爆破事件について説明します。

出典:Wikipedia

1987年イラクからソウルに行く
大韓航空858便がミャンマー近辺で
消息を絶ちました。

この858便はタイのバンコクに
給油で着陸する予定でした。

連絡が途絶えたため捜索したところ、
機体の残骸を発見。

残骸の損傷状況から、飛行中の爆発により
機体が空中分解していたことが判明したのです!

858便には当時

乗員11名、乗客104名

という大人数が乗っていましたが、、、

残念ながら全員が死亡しました。

100人以上の被害者が出ることって
滅多にありません。

当時は相当ショックな事件だったことを覚えています。

事故直後は、機体の空中分解の原因は
機体の欠陥とも考えられましたが、
調査によりテロであることが判明しました。

どうやって犯人(金賢姫)は逮捕されたのか

上記で乗客全員が死亡したと述べているため、
犯人も死亡したと思った人もいるでしょう。

実は858便はイラク発タイ行でしたが、
UAEのアブダビを経由しています。

アブダビ空港で降りた乗客のなかに犯人がいるのではないか?

と調査が進められたのです。

その降りた乗客の中の一人が、金賢姫でした。

事件発生後、怪しい日本の旅券を持っている
男女2人組がおり、この2人が海外へ
移動しようとしたところを拘束しました。

なんと、

拘束時に男女ともに自殺を図ったんですね。

男性のほうは間に合わず死亡しましたが
女性(金賢姫)のほうだけ、
警察官に取り押さえられて一命をとりとめました。

タバコに毒物を仕込んでいたらしく、
最悪の場合は死ぬ覚悟であったようですね。

iŽ‘—¿ŽÊ^‚P‚X‚W‚V”N‚P‚QŒŽ‚P‚T“úŽB‰ej‚P‚X‚W‚V”N‚P‚PŒŽ‚Q‚X“ú‚Ƀ~ƒƒƒ“ƒ}[‰«‚̃Cƒ“ƒh—m—mã‚Å‹N‚«‚½‘åŠØq‹ó‹@”š”jŽ–Œ‚ÅŽÀs”Æ‚Æ‚µ‚Đg•¿‚ðS‘©‚³‚êAŠØ‘EƒƒEƒ‹‚Ɍ쑗‚³‚ꂽ‹àŒ«•PiƒLƒ€Eƒqƒ…ƒ“ƒqjŒ³–k’©‘NHìˆõi’†‰›jBƒCƒ‰ƒNEƒoƒOƒ_ƒbƒh”­ƒƒEƒ‹s‚«‚Ì“¯‹@‚ÌŒo—R’nƒAƒuƒ_ƒr‚Å“¯‹@‚©‚ç~‚èAƒo[ƒŒ[ƒ“‚©‚烍[ƒ}‚ɏo‘‚·‚鐡‘O‚ɍS‘©‚³‚ꂽBŠØ‘“–‹Ç‚ÌŽæ‚è’²‚ׂŁA–k’©‘NHìˆõ‚Å‚ ‚邱‚Æ‚ð”F‚߁A‘åŠØ‹@”š”j‚Í“¯s‚Ì’jig•¿S‘©Žž‚É•ž“ÅŽ©ŽEj‚Ƃ̔ƍs‚Å‚ ‚邱‚Æ‚à”F‚ß‚½BˆêA“ñR‚ÅŽ€ŒY”»Œˆ‚ðŽó‚¯A‚P‚X‚X‚O”N‚RŒŽ‚ÉŽ€ŒY‚ªŠm’肵‚½‚ªA“¯”N‚SŒŽ“ÁŽÍ‚³‚êAŽß•ú‚³‚ꂽBHìˆõ‚ÌŒP—ûŠúŠÔ’†‚Ɂu—›‰¶ŒbviƒŠEƒEƒlj‚ƌĂ΂ê‚鏗«i–k’©‘N‚É‚æ‚Á‚ĝf’v‚³‚ꂽ‚Æ‚³‚ê‚é“cŒû”ªdŽq‚³‚ñ‚Æ‚Ý‚ç‚ê‚Ä‚¢‚éj‚É“ú–{Œê‚ðŠw‚ñ‚¾‚ȂǂƏq‚ׂĂ¢‚éiŠØ‘EƒƒEƒ‹j

出典:時事ドットコム

金賢姫という女性とは?

出典:http://entertainment-stile.com/archives/1447

最初、日本の旅券を持っていたため
日本人が犯人と疑われましたが、
後に北朝鮮国籍の金賢姫であることが判明しました。

金賢姫は1962年にキューバで生まれています。

これは父がキューバの大使館で働いていたためです。

その後、4歳の時に北朝鮮に帰国しました。

北朝鮮に戻ってからは大学を卒業し、
朝鮮労働党に工作員として召喚されました。

工作員になると情報収集や他国の人間に
なりすます教育を受けました。

当然日本人化教育を受けているので、
日本語を話せるだけでなく
日本の文化も理解しているんですね。

普通、

人物を幼少期から調べていると、
その人の個性が分かります。
(こうやってブログ書いてたりすると
 なおのこと分かります)

しかし、

金賢姫の場合は全てが命令で動いているせいか、
個性が全く感じられません。

例えるなら、

「血の通ったロボット」

という印象を受けます。

これはやはり国の特徴として
個人より国の命令や政策が優先されている
ことがわかりますよね。

事件後に金賢姫がソウル市街で
一般市民が不平不満を普通に話している
ことに衝撃を受けるというエピソードがあります。

これから、いかに北朝鮮が
厳しいコントロール下にあったか予想できます。

Sponsored Links

なぜ事件が起きたのか?背景や目的は?

金賢姫はプラスチック爆弾と液体爆弾
入れたカバンを機内に放置しました。

それにより機体が爆破しますが、

ここで一つの疑問が起こります。

それは、飛行機のスタッフが忘れ物に気づかないのか?

ということです。

この疑問については、

金賢姫が降りたバクダッドが経由地であり
休憩で機外へ出る乗客もいたため、
そこまでチェックが厳しくなかった

という説が有効です。

ちゃんとそこまで調べていたんですね。

そして気になるのは事件を起こした理由です。

これについてはいくつかがあります。

最も有力なのは、

当時、韓国はソウルオリンピックという
世界的イベントを控えていました。

北朝鮮は韓国の世界的信用を失墜させるために、
テロを行ったという説が有効です。

しかし、

ほとんどの国がオリンピックに参加したので、
思惑は完全に外れたと言えるでしょう。

Sponsored Links

金賢姫はなぜ赦された?

さて、引っ張ってまいりました今回の

本題メインディッシュです。

裁判で死刑判決を受け
死刑囚となった金賢姫。

普通ならここで終わり、
段々と事件も忘れられていくのですが、、、

なぜか金賢姫は赦されました。

この理由として、

当時の韓国政府が事件の生き証人として
生かしておくべきと判断したからです。

この判断については当然ながら
被害者の親族からクレームを受けました。

当然ですよね。

自分が親族ならば、怒りの矛先を
どこに向けていいかわかりません。

しかしこれには理由があります

北朝鮮はテロの関与を否定しており、
金賢姫を死刑にしてしまえば
真実は闇の中に消えてしまいます。

金賢姫を存命させることで
北朝鮮の悪行を世界へアピールできるわけです。

まとめ(金賢姫の現在は?)

金賢姫は死刑を免れましたが、
一生国の監視下で生活しています。

しかし現在は結婚をして、
夫と子供のいる主婦として生活しています。

また著書も3つ販売しており、
その売上は爆破事件の遺族に支払っています。

金賢姫からの手紙

爆破事件の主犯が結婚して出産して、
国の監視下に置かれているとはいえ
人並みの生活を送っていることに、

正直釈然としない気持ちもあります。

しかし、金賢姫を調べていると、

北朝鮮という国家に生まれたために
このような人生を歩んでしまった

という印象を受けます。

そう考えると、

自由な会話や行動ができる日本

そして日本人であることが、

とても有難く貴重なことがわかります。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です