辺真一の生い立ちや国籍は何人?家族構成や親日反日どちらか調査

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

https://www.garow.me/media/1436855944830281371_194810778
最近緊張を増している米朝の問題。

戦争が開始されてしまうのか?

その場合に日本はどうなってしまうのか?

そのような不安を抱えている視聴者のために、
各報道番組や情報番組で北朝鮮の状況について説明しているコメンテーターがいます。

それが辺真一氏です。

この辺真一氏はいったい何人なのでしょうか?

そして親日派なのか反日派なのかも調べました。

これから紹介します。

Sponsored Links

辺真一のWIKI風プロフィール

氏名:辺真一(ピョン ジンイル)

生年月日:1947年4月12日

出身地:東京都

職業:ジャーナリスト、コリアレポート編集長

出身大学:明治学院大学

辺真一氏の国籍は日本で在日韓国人です。

父親は韓国人で母親が日本人のハーフですが、
自分の母親が日本人であることを50代後半になってから知ったようです。

それって結構ビックリしますよね。

親子関係が崩れるわけではありませんが、
逆にもし日本人と思っていた自分の母親が韓国人だったら、
急に韓国に親近感がわきます。

俳優希望だったって本当?

辺真一氏は大学時代に演劇部に所属していました。

名優・奥田英二さんも同じ演劇部に所属していたんですね。

辺真一氏は英文科に在籍しており、朝鮮問題に関わっていない場合は
シェイクスピアの研究をしたかったと述べています。

辺真一氏は俳優というより演出家になりたかったようです。

独自の世界観がありそうなので、面白い作品を作りそうですよね。

Sponsored Links

経歴は?なんでフリーのジャーナリストになったの?

辺真一氏が大学4年生の時の韓国は軍事独裁政権でした。

辺真一氏はその体制を倒したいと考えジャーナリストになることを決断しました。

「ペンは剣よりも強し」という言葉を現実化しようとしたんですね。

ちょっとキッカケがカッコ良過ぎです。

そして大学卒業後に新聞記者になりますが、
その後退職してフリージャーナリストになります。

やはり会社のなかだと自分の思うような
記事を書けなかったからだと思います。

会社に属していると安定はしていますが一定の縛りがあるので、
辺真一氏は安定より中身の濃い記事を書くことを選び、
フリーの道を選んだんですね。

そして1982年に挑戦問題の専門誌「コリア・レポート」を発刊します。

これも新聞や雑誌だと発言に制限を受けてしまう可能性があるため、
有料のメールマガジンにすることで、より深い情報を提供できるのでしょう。

ちなみに月額540円です。

しかし、なぜ朝鮮の情報を入手することができるのか?

それは自身で朝鮮半島に渡り、取材を行っているだけでなく、
北朝鮮や韓国の財閥にコネクションがあるからです。

Sponsored Links

結婚はしているの?

辺真一氏の結婚について情報はありませんが、あるインタビューで
「子供の成長をみると比較的いい人生を送ってきたなということ」
と発言しています。

結婚しており、それなりに大きい子供がいるようです。

子供の成長に喜びを感じている発言から、いいお父さんのようですね。

辺真一氏は反日なのか親日なのか?

辺真一氏は
「韓国は日本外しをしていたくせに、日米韓の協調性が無いという韓国の言い分は、まったく理に合わない」
と発言しています。

また韓国のことを「危機ボケ」と皮肉を述べています。

そして海上保安庁政策アドバイザーも務めているので、
完全に親日と言ってもいいでしょう。

まとめ

http://www.excite.co.jp/News/column_g/20140717/Keizaikai_10027.html?_p=3

緊張感が増す北朝鮮問題。

実際に起こっていることを日本人に分かりやすく伝えるには
辺真一氏の存在が必要不可欠です。

これからも各番組や雑誌での辺真一氏の発言に注目しましょう。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です