グーグルマップの駐車場や渋滞情報の日本版はいつ?使い方や見方を調査!

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪


皆さんも一度は利用したことがあるであろうグーグルマップ




実は、様々な機能が追加され、
密かに進化し続けていることを
ご存じでしょうか?




普段何気なく利用している
グーグルマップですが
ふと、気づいた時に、



「あれ?こんなボタンあったっけ?」
「こんな表示されてたっけ?」





なんて、思うことありませんか?




そうなんです!!!!!




グーグルマップは日々進化しているんです!!!





ということで、
今回は、ますます便利なってきている
グーグルマップについて
調べてみたいと思います。


Sponsored Links





■グーグルマップの主な使い道って?




大半の方々が
グーグルマップを使う目的って
現在地から目的地までの
移動道のり検索のために利用しますよね?




●徒歩
●電車
●車
●飛行機





グーグルマップは
あらゆる移動手段に対応しているのは
おそらく皆さんもご存じだと思います。




では、2017年になって
新しくアップデートされた
新グーグルマップ機能から
おさらいしていきたいと思います♪





■2017版のグーグルマップって何が追加されたの?!





2017年2.3月にグーグルマップアプリで
大きなアップデートがありました。




その内容はコチラ!




●起動時からレイヤーアイコンが表示される
●スポット検索
●混雑情報をグラフ化して教えてくれる
●店内情報の詳細表示
●リストの共有化
●リアルタイム情報
●駐車した場所を保存




などなどですね。



気づいた方も結構いらっしゃるのでは
ないでしょうか?




順番に説明していきますね♪




●起動時からレイヤー表示機能





出典:http://www.kagua.biz/




こちらの表示になります。


アイコンをタップすると
リアルタイムに経路や周辺の情報
表示してくれます。



もちろん、これ以外のレイヤーも
自分でお好きなのを追加することも可能です。






出典:http://www.kagua.biz/



こういった具合に
自転車などサイクリングが趣味の方などにも
もっとグーグルマップを身近
使用できるようになっています。




●スポット検索



スポットアイコンをタップすると……









出典:http://www.kagua.biz/




周辺にある色々な公共機関
ガソリンスタンド、コンビニなど
すぐに表示してくれます。




お店の情報をもとにし、
ジャンル別に表示してくれるので、
お店探しを気分で行えるのも
特徴の一つではないかなと思います。







出典:http://www.kagua.biz/




もちろん、
この検索で気に入ったお店などを
見つけると、そこをいつも通りタップすると
徒歩ナビケーションなどが起動
そのままお店までの経路を
表示してくれるので、
煩わしい操作などが一切なく
簡単に利用できるようになっていますよ!!






●混雑情報のグラフ表示




コレに気づいた方が
もしかすると一番多いのではないでしょうか?




「あれ?なんか見れるようになってる?!」




って発見した方もいらっしゃると思います。






かく言う自分もその一人です。







出典:http://www.kagua.biz/



このように目的の施設の混雑状況などを
グラフにして教えてくれます。



時間ごとの平均グラフと
現在の混雑状況まで
教えてくれるのは嬉しいですよね♪




やはり、誰でもそうですが……
なるべく混雑している時間は避けたいものです。




なので、個人的には、結構嬉しい機能でした。






●店内情報の詳細表示





出典:http://rocketnews24.com/




このように店内の中を見ることも
出来るようになりました。




凄いのは、陳列棚の位置
一目で分かるのは
結構ありがたくないですか?




初めて訪れたお店だと
お目当ての商品を探すのに
同じような場所を行ったり来たりしながら
棚を探したりしてしまいますよね?




ですが、
コレがあれが、超便利!!!!!





な、ん、で、す、が!!!!




今のところコレが出来るのは
イトーヨーカドーさんだけということのようです。




これから徐々に見れる商業施設も
増えてくるとは思いますが
今現在は、どこでもコレが見れる!!!!




というわけはないので、
そこだけは注意されてくださいね。





●リストの共有化




出典:http://internet.watch.impress.co.jp/



こちらは特に説明しなくても
分かるとは思いますが……



「グーグルマップ」にお気に入りの場所
リスト作成共有機能追加されたということですね。




目的の場所をタップし、保存を押すと


「行きたい場所」
「お気に入りの場所」




など定形リストやオリジナルのリストに
まとめることが可能になりました。



作成したリストはというと
サイドメニューにある「マイプレイス」から
保存済みのタブを開いて
いつでも参照可能になり、
メールやSNSやアプリなどと
共有できるようになっており、
デスクトップ版のグーグルマップや
ダウンロードしたオフラインマップでも
表示が可能になったようですね。




●リアルタイムの情報化


目的地までの所要時間を調べるために
わざわざタップやスワイプを
繰り返すのってめんどくさいなって
思う方に必見の情報です!!!




昼食場所や公共交通機関情報なんかも
グーグルマップのホーム画面
離れることなく検索が可能になるようです。




グーグルマップには3つのタブが追加され表示されます。



「Places」
「Driving」
「Transit」




この「Places」には、
近隣のレストランやATM、ガソリンスタンド、喫茶店などが表示されます。




「Driving」には、
職場や自宅からの通勤時間が自動表示され、
事故や工事などといったリアルタイムな情報が
加味されています。
(職場と自宅が登録されている場合)




「Transit」には、
バスの停留場や駅の情報が表示されるようになっています。
もちろんこちらでもリアルタイム情報が加味されており、
現在の状況に応じた遅延などの交通情報を見ることが出来ますよ!





●駐車した場所を記録できる



これはそのまんまの意味なんですが、
実際駐車場を探して、
やっと駐車出来たとして、
そのまま遊びに行き、
帰宅しようと思うと



「あれ?どの駐車場に車止めたっけ?」



ってなったことありませんか?




駅周辺だと
いくつもの駐車場がズラリと
色んな場所にあったりして
あまり土地勘のない場所に
駐車したり、
無数のパーキングがある場所などは
実際悩む人も多いようです。



そういった方のために
グーグルマップに直接そのまま
駐車位置を保存することが出来るようになりました。




やり方も超簡単なんです!
車から降りるときに
グーグルマップを開いて
現在地を示す青いマークを
タップ
する。




ただ、これだけで保存してくれます。




いやぁー、迷子病の自分には
本当に便利な機能なんですが!!!!!




ここでも、なんですが!!!!!!
出ましたけど、




この機能ですね…



実は…






「Android」端末のみで利用できていたんです!





けども、
4月26日にはiOSの正式版にも
追加されたそうです!!!!!







また車のおおよその位置を示すカードを作成して、
その場所に関するメモや、目印の写真なども
お手軽に追加できるそうですよ!!



便利なのがメーター制の駐車場だと
駐車時間がどれくらい残っているか
記録したりすることもできます。




駐車した位置はグーグルマップの
検索候補フィールドにも表示されるようになっています。




iOS版では、グーグルマップに駐車位置の
自動検出機能が搭載されているようで、
BluetoothかUSBケーブル
車載オーディオとスマホに接続さえすれば
作動するようです。



要するに、
ドライバーさんが接続を切って
車から降りると
グーグルマップが駐車位置を記録するっていう
仕組みですね。



Android版のグーグルなうにも
似たような機能はありますが、
バスやタクシーを降りた際にも
たまに情報が表示されたりするなどの
欠陥が現在あるようです。




新しく追加された最近の機能だけでも
かなりの数ありますよねぇ…



では、これから先追加されるであろう機能は
どんなものがあるのでしょうか?


Sponsored Links

■新しい機能の追加




●駐車場情報対応
●詳細な混み具合の表示





などが挙げれています。



●駐車場情報の詳細



これは、
駐車場が見つけやすくなる!!!




機能というよりかは………




目的地周辺にある駐車場は
どの程度駐車されているか
調べる機能だと思っていいと思います。




Googleによれば、
「駐車場のヒストリカルデータ」を利用し、
駐車難易度に関するスコアを割り出してもらい
グーグルマップ上に、
目的地周辺の駐車場の状況を
3段階で分析し、表示してもらうものになっています。




「Limited(少ない)」
「Medium(普通)」
「Easy(多い」




という順番で表示されるようになっているようですね。




どの駐車場だと
駐車出来る可能性が高いか
予め知っておくという
意味合いのほうが強そうですね。





●混雑状況の把握



これも同じなのですが、
お店の混雑時間が確認できる機能が
ありますよね?



まぁ、それの進化版みたいなもののようです。




ちなみにですが、
グーグル検索や、グーグルマップに表示されている
「混雑する時間帯」の予想情報などは
現在既にリアルタイムでアップデートされています。




ですが、
駐車情報機能には、お店のような
混雑情報はまだリアルタイムでは
反映されていないようです。



おそらく、
こちらも対応してくると思います。




また、実際には
グーグルマップ上で
目的地までの順路を検索し、表示すると
画面下部に新しく駐車情報という項目が
表示される
ようになっているみたいですね。



今のところ、
アメリカ限定になっていて、
しかもAndroid版のグーグルマップ限定機能のようですね。



そのうちiOS版でも利用できるように
なるとのことでした。





いつ日本版が追加されるのでしょうか…
個人的には日本に来る頃には
iOS版も同時にお願いしたいところですが……。




■いつ日本にくるの?!





今のところ、ぜんっぜん未定みたいですねぇー





こちらの新機能なんですが、



思っている通り
人口密度がものをいう都市部でこそ
利用価値が高まる機能なので、



アメリカでも大きな都市である
25都市でこの機能をローンチしているようです。




ということはですよ?



日本なんかまだまだじゃないですか?



コレ。






どちらにせよ、まだアメリカの段階ですら
リアルタイム情報反映まで至ってないので、
まずはここがリアルタイムになり、
iOS版に対応し、それから各国へ……



ってことになるんじゃないかなと
予想してます。




結構グーグルマップって
早いペースで
ポンポンとアップデートを
行ってくるので、




あれよ、あれよ、という間に
実装されているんじゃないかなぁー
思ってます。

Sponsored Links




■まとめ




本当にどんどん便利になってきますよねぇ…




人間がどんどん堕落出来る生活へと
なっていってる気がします。




ま、省エネ人間の自分としては
嬉しい限りですね。



個人的に一番早くしてほしいのは
商業施設の内部地図ですかね…




一目で陳列棚を把握できるのは
本当に有難い。




もう、よく迷子になるんですよ……




あれ、卵どこ?
どこ?
どこおおおおおおおおおおおお






ってなっちゃうんで、
初めて訪れた場所だと
本当に役に立ちそうで
色んな場所で利用できるように
してほしいなって
切実に願っています。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です