アッサムエンダム(フランス)戦績や筋肉がヤバイ!身長や体重よりも嫁や子供が気になる!

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪


日本人がもう2度とベルトを巻くことが出来ない
と言われていた「ミドル級」の世界タイトルマッチが20日に行われます。


挑むのはロンドンオリンピック金メダリスト村田諒太選手です。


気になる対戦相手はフランスのアッサムエンダム選手です。



この選手はいったいどのような選手なのでしょうか?


同じ人の画像でハッサン・ヌダム・ヌジカム(Hassan N’Dam N’Jikam)選手がいますが?


タイトルマッチより先にアッサムエンダム選手を丸裸にしようと思います。


これを見ればタイトルマッチがより面白くなりますよ。

Sponsored Links




アッサムエンダム選手のプロフィール



氏名:アッサムエンダム

生年月日:1984年2月18日

階級:ミドル級

プロデビュー:2004年12月4日

出身:カメルーン



アッサムエンダム選手は1984年生まれの現在33歳です。


カメルーン代表としてアテネオリンピックとリオデジャネイロオリンピックに出場しています。


ただ生活しているのはフランスです。


これはどういうこと?


どうやら二重国籍が認められているんですね。


それでカメルーン代表としてオリンピックに出場しました。


このオリンピックですが出場することがとても難しいんですね。


現在世界チャンピオンとして活躍している日本人選手でも
オリンピックに出場できなかった選手はたくさんいます。


技術力が求められるアマチュアボクシングで2回もオリンピックに
出場しているアッサムエンダム選手は技巧派のボクサーと言えます。


身長は181cmで村田選手より約1cm低いです。


体重はミドル級が69.85~72.57Kgと決められているので、大差はありません。


同じ体格でも体つきはアッサムエンダム選手のほうが凄いです。


これが日本人と黒人の差なんでしょうね。



今までの戦績は?


アッサムエンダム選手のこれまでの戦績は37試合 35勝2敗です。


勝率0.945という恐ろしい数字を出しています。



村田選手の戦績は12試合12勝なので、キャリアは3倍にもなるんですね。


これだけ多くの試合を経験していると、
ラウンド間の呼吸や勝負所を熟知しているでしょう。


これは村田選手にとっては脅威です。



そしてこのアッサム選手の戦績は、
ハッサン・ヌダム・ヌジカム(Hassan N’Dam N’Jikam)
名義の時のものがほとんどです。


なんで名前が変わったのか情報がありませんが、
おさるとモンキッキーくらいの違いなんでしょうかね?

Sponsored Links

結婚はしているの?

アッサムエンダム選手ですが奥さんの詳しい情報がありません


ただ、結婚自体はしているようで
お子さんが二人います。

4歳の息子からは
「村田をKOしてきてね」
と言われているようです。

お父さん冥利に尽きますね。



お嫁さんの情報や子供の詳しい情報は
出てこなかったのですが、
カメルーン出身のアッサムさんは

なんと兄弟が18人いるそうです!

カメルーンは一夫多妻制なので、
こんな大家族になるんですねー。



アッサムさんはフランス人でもあるので
お子さんが二人ということを考えると
奥さんは1人でしょう。


この状態でカメルーン文化を持ち込んで
一夫多妻制をしたら奥さんからKOされそうですね。



村田選手が不利な点は?


20日にアッサムエンダム選手と村田選手が戦いますが、
村田選手が不利な点について説明します。


やはり上記のようにキャリアでしょう。


アッサムエンダム選手は過去に一度ミドル級世界チャンピオンになっています。


そして世界戦を多く経験しています。


それに対して村田選手は初めての世界戦なので、
独特な雰囲気に飲まれてしまう危険性があります。


そうならないためには序盤から相手にペースを掴ませないことです。

Sponsored Links

アッサムエンダム選手の弱点は?

アッサムエンダム選手の弱点はずばり「打たれ弱さ」です。


過去のタイトルマッチを見てみると複数回ダウンしています。


つまりKOのチャンスがあるということなんですね。


また33歳という年齢なので後半にスタミナが減少すると思われます。


疲れてきたところに一発かませば倒せるはずです!


まとめ

アッサムエンダム選手を調べた結果、年齢は上ですが
キャリアが豊富な選手ということがわかりました。


ボクシングは体重が重たくなるにつれて、日本人が勝つことが難しくなっていきます


今回村田選手がベルトに挑みますが、同階級での日本人での世界戦は
竹原慎二さん以来22年ぶりになります。


数字からわかるように滅多にないチャンスなんです。


だから20日のタイトルマッチは村田選手が勝てるように応援しましょう。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です