桜井周斗(日大三)新座シニアでの成績やスライダーがやばい!ドラフト先や中学も調査

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

今年も高校野球のシーズンがやってきました。

3年生は負けたら引退なので、悔いなくプレイしてほしいですよね。

やはり各地方予選にプロ注目のピッチャーがたくさんいます。

今回紹介する桜井周斗投手もその一人です。

この桜井投手の武器とは何なのか?

将来はプロに行くのか?

これらの疑問を調べましたので、本人のプロフィールと合わせて紹介します。

Sponsored Links

桜井周斗選手のプロフィール

氏名:桜井周斗(さくらい しゅうと)

生年月日:1999年6月25日

身長:177㎝

体重:78㎏

出身中学:所沢東中学

桜井

参照元:http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/613648/

桜井投手は現在、日大三高の3年生です。
この高校は過去に全国制覇を2回経験している名門校です。

この高校で桜井投手は野手ですが、1年の秋からレギュラーなんですね。

いつから野球を始めたの?新座シニアでの成績は?

桜井投手は小学校1年生から軟式野球をはじめ、所沢東中学時代は
中学の野球部に所属せず、新座シニアに入団して硬式野球をはじめます。

桜井投手は今や東京トップクラスのピッチャーなので、
シニア時代の成績も凄いと思いますよね。

でも調べてみたところ、新座シニアでのピッチャー成績が見当たりません。

どうやら日大三高に入ってから、ピッチャーを始めたようです

わずか数年のキャリアで全国レベルって、才能の高さにビックリします。

Sponsored Links

伝家の宝刀スライダーがやばいって本当?

桜井投手は名門日大三高のエースナンバーを
つけるほどなので、実力が高いことはわかります。

本人の武器としてまずMAX145㎞/hのストレートがあります。

この速さはすでにプロレベルに達しており、
ストレートが来るとわかっていても打てないでしょう。

そして最大の武器は「消える」と言われているスライダーです。

スライダーとは横にスライドしていく変化球でストレートと
速さが変わらないため、バッターとしては打ちづらいんですね。

実際に動画を見てみましょう。

ややわかりにくいかもしれませんが、バッターから
逃げるようにスライドしていくのがわかります。

この距離でもわかるということはバッター視点では相当曲がっています。

ストレートなのか?

スライダーなのか?

バッターからすれば絞りづらいですよね。

日大三高は甲子園に行けるのか?

桜井投手がいる日大三高は甲子園に行くために、
一人の強打者を倒さなければいけません。

それが早稲田実業の清宮幸太郎選手です。

清宮選手は現在までに通算100本以上ホームラン
を打っている超高校級バッターです。

秋と春、2回とも都大会の決勝で早稲田実業と戦いましたが、
日大三高はいずれも敗れています。

この早稲田実業を倒さない限りは甲子園に行けないでしょう

早稲田実業は打力が高いですが投手力に課題があるので、桜井投手が
相手打線をしっかり抑えれば勝てる可能性は十分にあります。

Sponsored Links

プロに行けるのか?

桜井投手はプロのスカウトから注目を受けています。

ただバッターとしての能力も高いのでピッチャーが
打席に立てるセリーグの球団に行ったほうがいいと思います。

またそのなかでも育成に力を入れている広島カープがいいですね。

ただ小学校時代にジュニアチームに所属していた
ヤクルトスワローズが指名する可能性もあります。

まとめ

桜井投手はストレートとスライダーが強力なピッチャーであることがわかりました。

清宮選手という強力なライバルの存在が彼を成長させたかもしれません

この清宮選手を打ち破り、甲子園に出場してほしいです。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です