白石尚久(電通)サッカーコーチの経歴や実力は?出身高校や結婚してるか調べてみた

Pocket

昔に比べてサッカー選手が海外で活躍するケースが圧倒的に増えました。


これは日本のサッカーの実力が向上していると考えていいでしょう。


ただ世界で活躍しているのは選手だけではありません。


コーチも同様です。


今回紹介する白石尚久さんは
スペインでコーチとして活躍しており、
その戦術や知識には定評があります。


この白石尚久さんとはどのような人物なのか?


経歴や実力、そして結婚などの情報を調べましたので紹介します。


Sponsored Links



白石尚久さんのプロフィール

ここで白石さんのプロフィールについて紹介します。

氏名:白石尚久(しらいし たかひさ)

生年月日:1975年10月28日

出身地:香川県

特技:英語、スペイン語、フランス語

現職:CEエウロパ(スペインリーグ4位)アシスタントコーチ

白石
参照元:http://artist.amuse.co.jp/artist/shiraishi_takahisa/


白石さんは1975生まれの現在41歳です。


サッカーのコーチとしてスペインで活躍されています。


特技は英語、スペイン語、フランス語であり、やはり監督や
選手としっかりコミュニケーションを取るために勉強したのでしょう。


自分のメッセージが確実に伝わらないと試合中にミスや失点する可能性があり、
選手のパフォーマンスを低下させてしまうからです。


言葉って大事ですよね



出身高校はどこ?

メディアで取り上げられる選手を含めサッカー関係者って、
昔から「怪童」と呼ばれる人がほとんどですよね。


でも白石さんの場合はなんと高校3年生からサッカーを本格的に開始します。


香川県出身なので香川県内の高校の可能性が高いですが
3年生から入部となると強豪校ではなさそうです。


多分、そんなにサッカーに力を入れていない高校にいたのでしょう。


高校卒業後は明治大学に入学しますが、一番下手だったと本人は述べています。


これより高校卒業時のサッカーの実力はそれほど高くはないと判断できます。

Sponsored Links


これまでの経歴は?

白石さんは明治大学でサッカー部に入部しようとしましたがテストに落ちてしまいます。


そこで自分の実力を高めるために、単身アルゼンチンにサッカー留学するんですね。


アルゼンチンは貧困層が多いため必死でサッカーをしている選手が多く、
そこでサッカーに対する気迫や日本との違いを肌で感じたようです。


そして大学を卒業後はフランスに渡り2部リーグ
などで選手として活動しますが、27歳で引退します。


選手を引退してもサッカーへの情熱は冷めることはなく、
帰国後は広告代理店で働きながらサッカーのコーチングを学び
2008年にFCバルセロナのスクールコーチに就任します。

その後は

2009年 FCバルセロナの育成機関で研修
2010年 スペイン女子一部 サン・ガブリエル コーチ就任
2012年 サン・ガブリエル 監督就任
2015年 スペインリーグ4部 CEエウロパ アシスタントコーチ就任


このような経歴に至っています。


そして現在は本田圭佑選手の専属分析官として対戦相手の研究や分析も行っています。


白石
参照元:http://www.tfm.co.jp/challenge/onair/detail.php?id=127

Sponsored Links


結婚はしているの?

白石さんの結婚の情報を調べましたが、特に見当たりませんでした。


スペインを拠点としているので、もしかしたら
スペイン人の女性と結婚しているかもしれません。


また渡り鳥のような生活をしているので、あえて結婚していない可能性もあります。


まとめ

白石さんを調べると「挑戦」というワードがピッタリの印象を受けます。


普通、高校3年生からサッカーをはじめたら、
自信がなくて海外留学なんて考えないと思います。


しかし、その殻を破ったので現在の地位があるわけでなんです。


やはり人生は挑戦することで道が拓かれるんだなと感じました

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です