島茂子の経歴や設定は?TOKIOの城嶋茂に似すぎなリサイタル動画が面白すぎ!

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

8月31日に歌手・島茂子さんが「女の坂道」でデビューしました。

どうやら人気ジャニーズグループのTOKIOと御縁があるらしく、
TOKIOのシングル「クモ」のカップリング曲になっています。

しかしこの島茂子さん・・・誰かに似ているような・・・。

今回はこの謎の歌手・島茂子さんにスポットを当ててみました。

本人の情報だけでなく、設定?そしてあの人に似ているリサイタル動画まで紹介します。

Sponsored Links

島茂子さんのプロフィール


まずは島茂子さんのプロフィールについて紹介します・・・
と言いたいところですが、まったく本人情報がありません。

どうせあの人と一緒だと・・・と思っているあなた!

もうちょっとだけ泳がせてくださいよ。

とりあえず設定・・・いや、性別は女性であることは間違いありません。

TOKIOとの関係は?

さて島茂子さんとTOKIOとの関係について調査しました。

島茂子さんのデビューリサイタルのインタビューでTOKIOの
メンバーとの関係について質問されたところ
「古くからの知人。メンバー全員の弱みを握っている」と答えています。

そしてデビュー曲の「女の坂道」を披露した後にゲストとして
TOKIOの松岡昌宏さんが登場し、デビューを祝福しました。

そこで松岡昌宏さんから「城島茂の弱みを教えろ!」という問いに
対して「腰が痛い」と絶妙な返答をしています。

まるで漫才師のようなかけあい流石です。

この城島・・・いや島茂子さんは新人とは思えないほど
長年芸能界にいる雰囲気がありますねぇ。

Sponsored Links

デビュー曲を聴いてみよう

さっそく島茂子さんのデビュー曲「女の坂道」を聴いてみましょう。

残念ながら本人が歌っている動画が見当たらないのでカバーで勘弁してください。

ほう昔懐かしの昭和歌謡じゃないですか。

その後インタビューで、島茂子さんは

・奈良県出身
・今年46歳
・デビューまではキャバレー回りしていた。

これらのことがわかりました。

ちなみにTOKIOのリーダー城島茂さんのプロフィールは

生年月日:1970年11月17日

出身地:奈良県

城島茂さんは1970年生まれの現在60歳です。

あら、年齢と出身地が一緒・・・。

これは偶然なのか?

Sponsored Links

ザ・ソイラテズとは

島茂子さんも気になりますが「女の坂道」で
バックバンドを務めているザ・ソイラテズも気になります。

見てみると、もろTOKIOのメンバーそっくりですね。

これも偶然なのか?なんちって。

島茂子さんは城島茂さんなのか?


歌手島茂子さんはTOKIO城島茂さん ではないかと
噂になっていますが、100%間違いないでしょう

すいません・・・ひっぱり過ぎましたね。

当然、ザ・ソイラテズもTOKIOのメンバーです。

わかりきっていたことですから、特に驚きませんよね。

なぜ島茂子が誕生したのか?

なぜ今回、城島茂さんは島茂子としてデビューすることになったのでしょうか?

メンバーの山口達也さんによると城島茂さんは
「女の坂道」を数年間からが作っていましたが、
特に世に出すことはなかったようです。

TOKIO53枚目のシングル「クモ」のカップリング曲で
眠っていた「女の坂道」に白羽の矢がたったわけです。

こちらのジャケットが目印ですね。

歌詞も「電子タバコ」、「SNS」と今風にアレンジしています。

そして「島茂子」というキャラは「ザ!鉄腕!DASH!!」の
「茂子の節約家族」という人気企画に出てくる女性キャラです。

城島茂さんが島茂子のキャラに思い入れがあったため採用されました。

まとめ

島茂子さんはTOKIOのリーダー城島茂さんと同一人物であることは間違いないでしょう。

「大人が本気でふざける」というスタンスで誕生した島茂子。

こういう遊び心を実現できるのは大人のTOKIOならではですよね。

っていうか紅白に出ることになったら、紅と白どっちに出るんだろう・・・。

【追記】デビュー曲発売!!


謎の女性歌手・島茂子さんが待望のデビュー曲を販売します。

上記で紹介した「女の坂道」は今何かとお騒がせ中であるTOKIOの「クモ」のカップリングでしたが、今回はDVDシングルで発売されます。

□なんという曲なのか?

島茂子さんのデビューシングルのタイトルは「戯言」です。

戯言ってカッコいいタイトルですが、どういう意味なのでしょうか?

この「戯言」という2文字は「たわごと」、「ざれごと」と2つの読み方があります。

「たわごと」と読む場合は「ばかげた話」という意味です。

今回のタイトルである「ざれごと」と読む場合は「冗談」という意味になるようです。

うーむ勉強になりますね。

参照記事:https://imikaisetu.goldencelebration168.com/archives/6925

歌詞は島茂子作詞

今回の戯言ですが、島茂子さんが作詞と担当しました。

どうやら完成までに歌詞を5回も書き換えて、レコーディングギリギリまで歌詞修正しており、島茂子さんの強い思いが現れている歌となっているようです。

ちなみにテレビ朝日系のドラマ・家政婦のミタゾノの主題歌になっています。

□気になる歌詞は

島茂子さんの強い思いが反映された歌詞がこちらです。

重ねた月日を 数えてみたけど
幸せが眠る終着駅には 未練は無いの
誰かの為なら いとわず背負って
馬鹿ネと言われて それでも微笑み 一人帰る夜
いいね!を気にせず 咲くような花でいたい
貴方の居ない部屋で つぶやく戯言

グッドバイアゲイン 誰だって 人に言えない古傷抱えてる
頬濡らす愛に架けた泪橋 街に傘と言う名の花が咲く

グッドバイアゲイン 女って 人に言えない古傷抱えてる
哀しみの過去を拭う指先で そっと紅を差すの
嗚呼 そして今日も雨 乾いた道に恵みの雨が降る
さよならと別れ告げた泪橋 街に傘と言う名の花が咲く

どうやら男性と別れた女性の心を歌った詞のようですね。

恋人と別れたであろう女性が叶わぬ願いをつぶやきます。

叶わないので「戯言」ということなのでしょう。

なんか切ないですね。

販売情報


この「戯言」ですが、2018年の5月16日に販売予定です。

□初回限定版DVD

初回限定版のDVDの価格は2,300円です。

こちらはDVDだけでなく、曜日めくりカレンダーや着せ替えジャケットなどの特典がついているのでお得です。

なんとカレンダーは曜日ごとに、島茂子さんの言葉が載っているようです。

その言葉は奮起させてくれるものなのか?

それとも癒してくれるものなのか?

気になる人はぜひ購入してください。

〇内容
「戯言」ミュージックビデオ
「戯言」ミュージックビデオ撮影風景
「戯言」カラオケビデオ
「女の坂道」発売記念リサイダルダイジェスト

□通常版(DVD+CD)

通常版のCDにはカップリング曲の「菖(あやめ)ごころ」が収録されています。

また初回プレス分には「茂子の人生戯言すごろく」がセットでついています。

〇内容
DVD
「戯言」ミュージックビデオ
「戯言」写真撮影風景
CD
戯言
菖(あやめ)ごころ
戯言(カラオケ)
菖ごころ(カラオケ)

販売促進活動

島茂子さんは「戯言」の宣伝のために、いたるところに出演・出場していました。

□始球式登場

プロ野球5月6日のヤクルト‐広島戦の始球式に登場しました。

投げたボールはキャッチャーまで届いていませんでした。

衣装が投げづらかったのかな・・・。

□ミュージックステーション出演


5月11日のミュージックステーションで戯言を披露しています。

あれ!?後ろにミタゾノさんいません?

応援ですかね。

まとめ

島茂子さんのデビューDVDシングルのタイトルは「戯言」と言います。

そして5月16日から販売予定です。

島茂子さんは、TOKIOの城嶋茂さんと似ていますが別人・・・という設定らしいです。

リーダーはTOKIOが大変な時期に本当に頑張っていますよね・・・。

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です