柳田将洋のジャンプサーブのスピードが異常!全日本歴代メンバーと比較してみた

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

現在日本で開催されている「グラチャン」ことバレーボール・ワールドグランドチャンピオンシップ2017

注目は柳田将洋選手のジャンプサーブです。

日本人は欧米人やアフリカ人に比べて骨格が小さいため、パワーが不足していると言われています。

しかし

柳田将洋選手のジャンプサーブはそんな定説を
吹き飛ばすバズーカ砲のような威力を発揮しています。

今回は柳田将洋選手のジャンプサーブサーブにスポットを当ててみました。

どのくらい速いのか?

そして今までの全日本メンバーと比べてどうなのか?

これらについて調査しましたので紹介します。

関連記事:柳田将洋は慶応大学卒のイケメンだがハゲ疑惑が⁉弟・貴洋の画像もチェック!

関連記事:柳田将洋の現在の彼女やはるかって誰?裏垢に河合由貴との関係が!?

関連記事:全日本バレーボール男子2017の身長や最高到達点は?ベストメンバーを考えてみた

Sponsored Links

ジャンプサーブとは?

sa-bu

参照元:https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201511260007-spnavi

バレーボールがあまり詳しくない人のためにジャンピングサーブについて説明します。

ジャンプサーブとはアタックのようなフォームで打つサーブのことをいいます。

ジャンプすることで打点が高くなり、そこから全体重をのっけてボールを打ち下ろします。

それによりスピードと威力が高くなり、相手レシーブを乱すことができるんですね。

もの凄いジャンプサーブの時は触ることもできません。

しかし中途半端に打ってしまうとネットにひっかかったり、
遠くに飛んでアウトになってしまったりとミスが多いサーブでもあります。

このジャンプサーブを成功させるには

・正確なボールトス
・ジャンプのタイミング
・確実なミート

この3つが必要です。

Sponsored Links

柳田将洋選手のジャンプサーブの凄さについて

まずは柳田将洋選手のジャンプサーブを実際に見てみましょう。

自分より身体の大きい選手をジャンプサーブでふっ飛ばしてます。

これは痛快ですね。

見て分かるようにジャンプサーブがとても速いです。

調べてみたところ最高速度・時速120キロはいっているようです。

しかもしっかり体重が乗って、重たいサーブになっています。

鉛のように重たいボールが時速120キロで自分のところに
接近してくると考えると私は怖くて失神してしまいます。

ましてやそれを確実にディグするなんて・・・・絶対無理。

体がそんなに大きくない柳田将洋選手は
なぜジャンプでサーブの精度が高いのでしょうか?

それは綺麗なフォームが理由と考えられます。

まるでムチのように体がしなっていますよね。

フォームが綺麗なのでボールのミート力が高いんです。

こんなに綺麗なフォームをしている選手は日本ではそうはいません。

Sponsored Links

今までの代表選手と比較してみよう

これまで多くの全日本男子バレー選手がジャンプサーブを打ってきました。

これから歴代メンバーのジャンプサーブをいくつか見てみましょう。

まずは前主将・清水邦広選手のジャンプサーブです。

ボールのやや斜めから打っているので、回転が変わり高速カーブになっています。

これはこれでディグしづらそうですね。

次に越川優選手です。

打点が高いですね。

体も大きいので威力もあると思います。

次はゴッツこと石島雄介選手です。

トスを高く上げて、力いっぱい打っていますね。

ディグしたら腕がもげそうです。

そしてもう一度、柳田将弘選手のジャンプサーブを見てみましょう。

思いっきり腕を振っていますよね。

この思い切りが破壊力を生み出すのでしょう。

【追記】全日本男子の主将に就任!!


全日本男子バレーボール代表は2年後に東京オリンピックを控え、そして9月から世界選手権に出場します。

そして今年の代表のキャプテンに柳田将洋選手が就任しました。

柳田将洋選手は現在26歳なので、キャプテンを務めるには「ちょっと若いかなぁ」という印象を受けます。

しかし2年後の東京オリンピックでは28歳なので、キャプテンとしてはちょうどいい年齢です。

それを見越しての就任ですかね。

キャプテン就任について本人は

「全員がコミュニケーションを取れるような状況を作る」
「代表には自分より上手い人もいっぱいいて、そういう意味では勉強しながらやっていくという部分もありますね。主将だからすべてを引っ張らなくてはいけないわけではないと思いながらやっています。周りの人のおかげで、あまり気負いすぎずやれているなとは思います」

参照記事:http://number.bunshun.jp/articles/-/831475?page=2

このように、1人で頑張るのではなく、全員で協力しながら勝利を目指していく姿勢を述べています。

【追記 まとめ】

柳田将洋選手はキャプテンに就任しています。

東洋高校時代や慶応大学時代にもキャプテンの経験がありますが、全日本代表となるとプレッシャーと責任が違いますよね。

キャプテンの経験が豊富だからこそ、1人で抱え込んではいけないこともわかっているのでしょう。

世界選手権では柳田将洋選手のキャプテンシーに注目ですね。

関連記事:柳田将洋は慶応大学卒のイケメンだがハゲ疑惑が⁉弟・貴洋の画像もチェック!

関連記事:柳田将洋の現在の彼女やはるかって誰?裏垢に河合由貴との関係が!?

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です