藤井直伸(バレー)彼女や兄弟もイケメン?出身高校や中学時代の経歴をまとめてみた

Pocket

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

バレーボールの攻撃はセッターから始まります。

そのセッターの性格や技術によってチームの攻撃のカラーが出てくるんですね。

今回紹介する全日本男子代表の藤井直伸選手も
非常に特徴のある攻撃の組み方をします。

そしてバレー以外にもイケメンと評判になっています。

今回は藤井直伸選手のキャラクターや経歴、恋愛情報を調べたので紹介します。

関連記事:全日本バレーボール男子2017の身長や最高到達点は?ベストメンバーを考えてみた

Sponsored Links

藤井直伸選手のプロフィール

名前:藤井直伸(ふじい なおのぶ)

生年月日:1992年1月5日

出身地:宮城県

身長:183センチ

所属:東レアローズ

休日の過ごし方:ロードバイク、ドライブ

藤井直伸選手は1992年生まれの現在25歳です。

ゲーム中は190センチ以上の選手に囲まれているので、小さく見えますが実は身長183センチもあるんですね。

兄弟もイケメンなのか?彼女はいるの?

藤井直伸選手は見ての通りにイケメンです。

これで身長183センチですから、モテるのもわかります。

同じ遺伝子を持った兄弟もイケメンではないかと調べてみましたが、兄弟の情報が見当たりません。

ただ大成するスポーツ選手のほとんどが末っ子であることが多く、藤井直伸選手も上にお兄さんやお姉さんがいるかもしれません。

さてイケメン藤井直伸選手に彼女はいるのでしょうか?

これも調べてみたところ、特に情報がありませんでした。

なんか藤井直伸選手ってミステリアスですね。

それも魅力の一つですかね。

個人的には彼女がいてもおかしくないと思いますけどね~。

いないならばバレーにストイック過ぎるしか理由が見当たりません。

Sponsored Links

これまでの経歴は?

藤井直伸選手は石巻市立大須中学校の時にバレーボールを始めます。

始めたキッカケですが、バレー部しか部活がなかったからです。

普通、野球部やサッカー部があって、
バレー部がないことは多いですが、逆のパターンは珍しいですね。

なんか運命的なものを感じます。

中学卒業後は古川工業高校でバレーを続けますが、特にチームとして全国大会に出場経験はありません。

その後はバレーボールの強豪・順天堂大学に進学します。

大学時代に震災で実家が被害を受けたことでバレーを辞めようとしました。

しかし支援者が見つかったことでバレーを継続します。

この時に多分バレーを続けることの有難みを感じたのでしょう。

それからも大学リーグで活躍して大学卒業後は東レアローズに入団し2017年には全日本男子に初選出されます。

代表レベルのバレー選手って親族の影響でバレーを始めて、中学と高校で全国大会を経験しているイメージがあります。

それに対して藤井直伸選手の場合はゆっくり階段を上るように、力をつけているのがわかりますね。

Sponsored Links

藤井直伸選手のトスワークの特徴は

藤井直伸選手のトスワークの特徴として「どこからでもクイックを使ってくる」ということが挙げられます。

オープンなどの攻撃はアタッカーがトスにタイミングを合わせます。

しかしクイックの場合はすでにジャンプしている
アタッカーにセッターがトスを合わせるんですね。

成功させるには正確なトスワークが必要であるため、
その前のディグが乱れるとクイックを使うことができません。

しかし藤井直伸選手の場合は多少ディグが乱れても、クイックをバンバン使います。

これにより相手のブロッカーは攻撃が読みづらくなり、
他のアタッカーのマークが緩くなるんですね。

それにより得点力がアップします。

苦しい体制からしっかりトスを上げられるということは
相当体幹を鍛えていると思います。

まとめ

藤井直伸選手はイケメンですが兄弟について情報はありませんでしたが、
兄や姉がいる可能性があります。

また恋人についてはいないかもしれません。

藤井直伸選手の持ち味はクイックをどんなところからでも使う積極性です。

もしこの姿勢に精密度が加われば、全日本男子の攻撃力は大幅にアップします。

今後の藤井選手の成長に期待です!

Sponsored Links


♪こちらの記事もどうぞ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です